6/17 Sat. bed presents"turn it off〜『詰めろ』の果て〜"

 

Open/15:30 Start/16:00

前売/2300円(ドリンク代別途)

当日/2800円(ドリンク代別途)

 


Indie Rock, Punk, Alternative

 

LIVE:

NOT WONK

Discharming man

odd eyes

bed

 

2017年7月にドラマー長生が脱退することを発表したbed。京都のインディーバンドシーンの雄として若いバンドマンたちにも多大なる影響を与え続け、今も第一線で音を鳴らし続けている彼らが、結成以来数々の所縁あるライブを行ってきたMETROにて、現体制最後となる自主企画「bed presents"turn it off~『詰めろ』の果て~"」を開催します。そして憧憬の地北海道で今尚新しい音を生み出し続ける「Discharming man」、同じく北海道の苫小牧を拠点に活動しながら、メロディック・パンクからハードコア・パンク/オルタナティヴ・ロックをクロスオーバーさせる新世代の3人組パンクバンドとして世代を飛び越えて心を揺さぶる「NOT WONK」、パンク/ハードコアにおさまりきらない情報量と自由なアイデアが混在する唯一無二な音楽、ローカルの若者も最前線のアーティストも巻き込みながら暴れるアンダーグラウンド・ヒーロー「odd eyes」、そして主催の「bed」という魂震えるラインナップ。決して忘れられない、消えることのない1日を。必見です!!

ARTIST INFO

 

 

 

 

 
NOT WONK

1994~95年生まれ、北海道苫小牧在住。2015年5月、平均年齢20歳のトリオがリリースしたデビュー・アルバム『Laughing Nerds And A Wallflower』は無名の新人として驚異的なセールスを記録、多くの媒体から2015年のベスト・ディスクに選出された。2015年の夏以降、福岡から札幌まで全国各地をツアー、様々なステージでオーディエンスを獲得。2016年夏には2ndアルバム『This Ordinary』をリリースし、ほぼ全ての週末でライブを敢行した。2017年夏には次のステップとなるシングルをリリースする予定。

 

 
Discharming man

2004年12月に解散したキウイロールのVo.蛯名 啓太が、札幌へ帰郷した後に2005年春頃「しっかりと歌を届けられる曲を」という目的で活動開始。当初はソロ編成での活動であったが次第にバンド編成へ移行。蛯名が運営する自主レーベル5Bやtrafficなどから数々の作品をリリース。故吉村 秀樹(bloodthirsty butchers)がギターとして在籍した時期を経て、2016年10月には中尾 憲太郎(cryptcity)監修による7"ep「ダメージド/マイウォー」をリリース。2017年現在、Gu.橋詰 俊博、Ba.俵谷 恭子、Dr.野川 顕史の4人で完全なるバンドとして存在中。

 

 
odd eyes

結2010-2011年に京都で結成。 ギター、岡村基紀、ベース、森岡誠也、ドラム、小田昌和、 ボーカル、カベヤシュウトの4人。2012/10/10 Less Than TVよりファースト・アルバムをリリース。 2015/02/07 Summer Of Fanより7インチ・ミニ・アルバムをリリース。 ポーズがリアリティ、誰にでもあって、どこにでもある。

 

 
bed

結成以来コンスタントで着実なライブ活動を通して国内外問わず様々なバンドと共演、地元である京都へ多くのバンドを招聘するなど、精力的な活動を止まることなく続けている。 特にバンドマンを中心に熱い支持を得ており、轟音と繊細さが共存するそのサウンドは年齢性別を問わず高く評価されている。群雄割拠のインディーバンドシーンにおいても、その存在感は確固たるものを築き、日々更新し続けている。

 

HOW TO BUY TICKET

 

前売/2300円(ドリンク代別途)

当日/2800円(ドリンク代別途)

→ タイトルを「6/17 turn it off」として頂いて、

お名前と枚数を明記して <ticket@metro.ne.jp> 宛でメールして下さい。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

SPECIAL EVENT
Please reload

SHARE IT WITH YOUR FRIENDS💛
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square