8/15 Tue nebula

 

 

 

21:00〜
 

DOOR ¥2,000 ドリンク代別途

 

HOUSE , DOWNTEMPO

 


Special Guest DJ :

CHIDA(Ene/Mascaras)

 

Guest DJ :

DNT(POWWOW)

KAITO(MOLDIVE)

 

Resindent DJ :

Kazuma

 

PODD VJ :

Akashic

 

PA :

Naoya Tokunou

 

Food :

sanbun-no-neet

 

 

ARTIST INFO

 

CHIDA

 

アナログ・レーベル"ene"主宰/DJ。1993年よりレコード・レーベル に身を置き、国内と海外のアンダーグラウンド・ダンスミュー ジック・シーンを繋ぐ活動を続けるキーマンの一人。1992年頃から全国各地でDJ活動を続けてきたが、近年は年に数回の海外ツアーを行っており、これまでに50都市以上のクラブやフェスでプレイ。聖地PANORAMA BAR/BERGHAINでは2016春、2017春 2度のギグを行い、今秋3度目のギグが決定する等、世界一耳の肥えたダンスミュージックフリークス達からの支持を増やしつつある。また、2011年にLovefingers主宰ESP InstituteからCOS/MESとのスプリットヴァイナルとしてリリースされた処女作"DANCA"がAndrew Weatherallにヘビープレイされ、彼のミックスCD「MASTERPIECE」(Ministry of Sounds)に収録された事をきっかけに本格的に音楽制作を開始。オリジナル作はESP Institute、Nitelist Music、Jennifer Cardini主宰Correspondant等からリリース。リミキサーとしてはCoyote, Ess O Ess, This Soft Machine, Bezier等の楽曲のリミックスを手掛け、また、COS/MESの5iveとプロデュース/DJユニットMASCARASでは、Discodromo主宰CockTail d’Amoreからリリースされた3枚組LPコンピレーションにオリジナル曲が収録された他、Jonathan KusumaやObalski、DisruteのRemixを手がけている。現在も多くのプロジェクトが進行中。

 

DNT(POWWOW)

 

DJ。京都生まれ、大阪在住。

もの心ついた頃からノイズ、ジャンク、アバンギャルド等の音楽に没頭し、前衛のターンテーブリストなどの影響でターンテーブルやレコードに触れはじめた。 やがて様々なダンスミュージックを経験し、その背景にある日本のレイブカルチャーや、 そこから広がっていく色々な分野のコミュニティの新しく先進的な活動に影響される。 以後、Solipse,OzoraやBurningMan,BRCをはじめ、様々なパーティを回り廻り、2002年、BetaLandや仲間と、 人や時間や場所や音楽?過去や未来etc.は問わない地下パーティ、∴Flower of life∴を始動させ、 その名はコアなパーティピープル達の間で瞬く間に拡がっていった。 2007年1月、伝説のクラブ"MACAO"に於いて実況録音された DJ mix CD【Celebration Vibration】を CosmicLabよりリリース。 同年より音と光の集合体《POWWOW》を立ち上げ、全国津々浦々にて そのヴィジョンにフィットした形を崩すことなく、現在までにのべ50を超えるパーティを開催し、 厚く支持され続けている。 またダウンテンポmix-"BetterDaze"、 ハウスmix-"CrazySun77"、 サイレントmix-"GreatEscapes"のプロモCD-Rを僅かに自主制作でのリリースを経て、'12年1月、 ニューミックス"EOH"をCosmicLabから発表し、いずれも好評を得た。 そして2月にはデコレーションチーム R type Lのオーストラリアツアーに参加したのち、バイロン近郊のアウトサイドパーティ<Vitamin-Q>にて DJを果たす。 現在、Newtone Records大阪にてバイヤー兼スタッフとして。

 

KAITO (MOLDIVE)

 

2009年に大阪の老舗クラブNOONで、DJとしての活動を開始。 2011年に世界各国のパーティを回り廻って、様々な音楽とパーティカルチャーに影響を受ける。 現在はg'n'bと共にNOONにてレギュラーパーティ"MOLDIVE"を主催。

 

 

 

 

Kazuma

 

90年中頃、hiphopに出会い音楽にのめり込む。更にその先を探求し続け、experimental,jazz,ambient,abstract,house,tech house,techno,etc常に純粋な音が生み出す、イマジネーションを掻き立てる空間を創造していことを追求し続ける。音楽を通し、全ての人に心地よさと陶酔感に満ちた旅の共有を提示する。京都を中心に様々な場所を独自のネットワークでボーダレスに行き来する音好人。https://mainmenu.rms.rakuten.co.jp/auth/index.phtml?params=service/gold/04.html&s=&param2=0

 

 

PODD

 

京都在住。DJ。各地のクラブや野外パーティー、場末のBARからメシ屋まで、一夜 一夜、day by day。『TOP SEACRET』,『Theo Parrish"SKETCHES"Release Tour』,『菊地成孔&ペペ・トルメント・アスカラール 5th anniversary tour "1000 年後の南米のエリザベス・テイラー" 』,『SUNLIFE』,『arth camp』...など、出没現場は数知れず。 京都のレコードショップ 「JAPONICA」Official Mix CD, プロスノーボーダー"Yu Nishiyama(green)"率いる 『outflow』の音楽レーベル「SOULTIME」へのMixの提供, プロスケーター"Konno Tetsuya a.k.a. Jahi" 主催「P.M.A.」からのMix CDリリースなど、3枚のmix CDをリリース。...「DANCEHALL PLANET」w/SOFT,sinkichi,kazuma、「NEBULA」w/KAZUMA,TOK,AKASHIC、 「mellowburning」w/PWU,peenuts、「PARANOIA」w/DAICHI,LIVING DEAD...など、超現場主義にしてレギュラー多数

 

 

 

 

Tok
 

得能直也
1979年北海道網走市生まれ。 日本工学院八王子専門学校卒。
1999年に世田谷ハートビートレコーディングスタジオでエンジニアとしてのキャリアをスタート。アナログ・サウンドをこよなく愛するヴァイナル・リスナーでもあり、ダンスミュージックの作品や現場の日々進化する低音の現代的な音響に精通。バンドサウンドにおいても、一音一音、そこに込められた意図や意味を含め、最良の状態でキャッチする技術とセンスを日々探求している。
2009年にフリーランスとなり、現在は京都を拠点に、作品、現場を横断しながら、レコーディングミキシングエンジニア、ライブPA、マスタリングと、柔軟かつ多角的にアーティストと関わることが多い。
(Written by Yu Onoda)

手がけたアーティスト
Alfred Beach Sandal / beipana / Blast Head / cero / CALM / Japanese Synchro System / KEITA SANO / LUCKY TAPES / LUVRAW&BTB / MOCKY / MONKEY TIMERS / Pepe California / THA BLUE HERB / The Backwoods / The Bedroom Tape / Traks Boys / TUCKER&エマーソン北村 / VIDEOTAPEMUSIC / YOUR SONG IS GOOD / XTAL / 石野卓球 / 禁断の多数決 / (((さらうんど))) / 電気グルーヴ / ザ・なつやすみバンド / 七尾旅人 etc…


http://naoyatokunou.com

 

Akashic

 

VJ・映像クリエイター。クラブやレイブでのアンダーグラウンドパーティーを中心としたアートシーンで視覚を刺激するカオティックなビジュアルパフォーマンスを行っている。ハードコア・パンクなどのバンドのMVなども制作。謎のAkashicステッカー増殖中。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

SPECIAL EVENT
Please reload

SHARE IT WITH YOUR FRIENDS💛
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square