12/13 Wed ウッタギッタ(Salyu × 内橋和久) LIVE 2017 WINTER in Kyoto

 

 

19:30 open/20:00 start

前売¥4,500 ドリンク代別途 

 

 

LIVE:
ウッタギッタ(Salyu × 内橋和久)

 

opening DJ:

竹腰康広(oops! here I go again)

 

 

後援:α-SATTION FM KYOTO

 

 

 

ヴォーカリストSalyu とギタリスト内橋和久、日本の音楽シーンを代表する2人によるプレミアムなユニット『ウッタギッタ(ギターを羽根に、うたが飛ぶ)』、今春の京都初お披露目公演は瞬く間にソールドアウト、、Salyu自身の名曲やsalyu x salyuの楽曲からスタンダード、スクリーン ミュージックからカヴァー曲、そして、このユニットのオリジナル曲まで、盛り沢山の内容を、シンプルな編成ながら無限な拡がりをもつ2人の声と音の響き合いで表現し、満席のフロアが酔いしれたことは記憶に新しい。 そして、この冬、多くのアンコールの声に応え、今回は京都、神戸の関西ツアーが実現、至近距離で二人の演奏をお楽しみ頂けるレアな一日となります!完売必至のこの公演、お見逃しなく!!

ARTIST INFO

 

 

Salyu

http://www.salyu.jp/

 

 

内橋和久

大阪府生まれ、ベルリン在住。
ギタリスト、ダクソフォン奏者、コンポーザー、アレンジャー、プロデューサー。レーベル「イノセントレコード(旧 前兵衛レコード)」主宰。 インプロヴィゼーショントリオ/アルタードステイツ主宰。 83年頃から即興を中心とした音楽に取り組み始め、国内外の様々な音楽家と共演。活動の領域は音楽だけにとどまらず、映像作品や演劇などの音楽も手掛け、中でも、劇団・維新派の舞台音楽監督を20年以上にわたり務めている。音楽家同士の交流、切磋琢磨を促す「場」を積極的に作り出し、95年から即興ワークショップ「ニュー・ミュージック・アクション」を神戸で開始する。その発展形の音楽祭、フェスティヴァル・ビヨンド・イノセンスを96年より毎年開催(2001年のみ休止)。近年はこれらの活動と併行してUAやくるりの プロデュース、ツアーメンバーとしても活動。即興音楽家とポップミュージシャンの交流の必要性を説く。また、2002年から2007年までNPOビヨン ド・イノセンスを立ち上げ、大阪フェスティバル・ゲート内でオルタナティヴ・スペース、BRIDGEを運営したことでも知られる。現在はベルリン、東京を 拠点に活躍。  ソロプロジェクト“FLECT”ではエレクトロハーモニクスの16セカンドディレイマシンとサステナーを内蔵したゴダンのギターを駆使して、もはやギ ターを超越したサウンドスケープを作り上げる。一方自己のバンド、アルタードステイツや超即興では、パワーと独創性に満ちたギター的アプローチで、インプロヴィゼーション(即興)とコンポジション(楽曲)の境界を消し去っていく。
 近年では親友でもあるギタリスト/ハンス・ライヒェルの発明による新楽器ダクソフォンの日本唯一の演奏者としても知られている。

 

http://innocentrecord.com/kazuhisa_uchihashi/HOME.html
 

TICKET INFO

 

前売¥4,500 ドリンク代別途

 

<一般PG前売り>

チケットぴあ(Pコード:347-929)

ローソンチケット(Lコード:52070)

e+ (http://bit.ly/2z3gJZV )にて発売中

 

※『メール予約申し込み方法』 → 公演名、お名前と枚数を明記して

<ticket@metro.ne.jp> までメールして下さい。

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

SPECIAL EVENT
Please reload

SHARE IT WITH YOUR FRIENDS💛
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square