12/14 Thu Deep Underground

 

21:00-

 

¥1,500 inc.1drink

 

Deeptech, Tech House, Deep House...

Vinyl Grooves!

 

 

 

Live:

Bodil (Node)

 

Djs:

Ryoma Sasaki (Transit Rec. Kyoto)

Naohiro Tomisawa (MYTH / IIVII)

Ouchi-S

Koichi

Wataru

Horiuchi

 

 

ARTIST INFO

 

BODIL (Node/Contakt)
 

様々なユニットを経て、2003年より関西を中心に活動を開始。テクノ、ハードミニマルのサウンドにアナログシンセ、ヴォーカル、メタルパーカッション等のライブパフォーマンスをおこない話題を集めてきたが、2014年よりシンセ・ニューウェイヴをコンセプトにキーボディストのサポートメンバーを加え、完全ヴォーカルスタイルの新生BODILとして活動を行っている。今年一月、石野卓球氏主宰の「STERNE@渋谷Womb」に出演を果たし話題を呼ぶ。

 

 

Ryoma Sasaki (Transit Rec. Kyoto)
 

90年代初頭より本格的に音楽活動を開始。現在、主に、Live PA/Djとして活動中。 2007年、 カナダのレーベル・Dirty Worksより、チャートで上位を獲得し、長期にわたってチャート・イン するロングラン・ヒットを記録したアルバム"Calling of Amon"をリリース。そして、その後も コンスタントに楽曲をリリースし、2011年よりVinyl レーベル・Transit Records Kyotoをス タート。ファースト・リリースとして、デトロイトのレジェンドDJの一人、Terrrence Parkerの 作品を、2013年にはレーベルの第2弾として、自身の作品"Transit EP" (Tagtrumer Remix収 録)をリリースした。2015年には、Hiroshi Watanabe氏とのカップリングEP "The Bridge of Sounds EP"、昨年は、ベルリンのアーティストBee Lincolnとともに"Transition EP"を リリースした。2011年から現在に至るまで、計8回のドイツでのDJツアーを行い、テクノ・ミニマル系最高峰ク ラブのTresor. Berlinをはじめ、Wilde Renate、GoldenGate、Cookies、Chalet等々、ベ ルリンの主要クラブに出演している。また、フランクフルト、ハンブルグ等のアンダーグラウンドな クラブやハイデルベルク郊外の千人規模の山頂でのフェス等、幅広く出演している。また、2014 年、南西ドイツ放送(Sdwestfunk)の番組で、自身とTransit Records Kyotoが取り上げられ 約30分の番組として放送された。2017年6月、ベルリンの名門レーベルLebensfreudeのGunneとZuckermannのリミックスを収録した Vinylリリース作品(TR-005)をリリース。

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

SPECIAL EVENT
Please reload

SHARE IT WITH YOUR FRIENDS💛
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square