1/27 Sat TAKKYU ISHINO IN KYOTO METRO supported by nebula

 

 

22:30-

 

前売¥3,000 (ドリンク代別途)

当日¥3,500 (ドリンク代別途)

早割¥2,500 (ドリンク代別途)

 

 

 

Special GUEST :

TAKKYU ISHINO

 

GUEST:

BUSHMIND

 

DJ:

Kazuma

PODD

 

PA:

Naoya Tokunou

 

VJ:

Akashic

 

 

 

前作『LUNATIQUE』より約1年4ヶ月振りとなるオリジナルソロアルバム『ACID TEKNO DISKO BEATz』、さらにこれまでのソロワークを8枚組にまとめた『Takkyu Ishino Works 1983~2017』を12/27に同時リリースという特大ニュースが発表されました!!!ピエール瀧との「電気グルーヴ」の活動と並行しながら、日本のテクノシーン黎明期よりDJ/アーティストとしても先駆者として牽引し続け、今なお絶大な人気を誇る不動のカリスマであり日本が世界に誇るテクノ・マエストロ「石野卓球」が京都METROに降臨!!!WIREやLove Paradeのような巨大レイブパーティーから地下深くのアンダーグラウンドまで、あらゆる場所をまるごと鷲掴みにするその無尽蔵のエネルギーと唯一無二のプレイを体感せよ!!!ゲストには、ヒップホップとテクノをクロスオーバーさせ様々な要素が反応し組み上がる独自性高きトラックでクラブシーンのみならずバンドシーンからも支持を集める「BUSHMIND」が登場!さらに今回は、2016年の石野氏の8年ぶりとなるメトロでのプレイをサポートし、その確かなDJとハイクオリティなサウンドメイキング&映像演出でメトロを爆発的熱狂空間へ導いたハウス/テクノパーティ「nebula」が全面サポートという盤席の布陣!

 

ARTIST INFO

 

石野卓球
 

1989年にピエール瀧らと"電気グルーヴ"を結成。1995年には初のソロアルバム『DOVE LOVES DUB』をリリース、この頃から本格的にDJとしての活動もスタートする。1997年からはヨーロッパを中心とした海外での活動も積極的に行い始め、1998年にはベルリンで行われる世界最大のテクノ・フェスティバル"Love Parade”のFinal Gatheringで150万人の前でプレイした。1999年から2013年までは1万人以上を集める日本最大の大型屋内レイヴ"WIRE"を主宰し、精力的に海外のDJ/アーティストを日本に紹介している。2012年7月には1999年より2011年までにWIRE COMPILATIONに提供した楽曲を集めたDisc1と未発表音源などをコンパイルしたDisc2との2枚組『WIRE TRAX 1999-2012』をリリース。2015年12月には、New Orderのニュー・アルバム『Music Complete』からのシングルカット曲『Tutti Frutti』のリミックスを日本人で唯一担当した。そして2016年8月、前作から6年振りとなるソロアルバム『LUNATIQUE』、12月にはリミックスアルバム『EUQITANUL』をリリース。 2017年12月27日に1年4カ月ぶりの最新ソロアルバム『ACID TEKNO DISKO BEATz』をリリースし、2018年1月24日にはこれまでのソロワークを8枚組にまとめた『Takkyu Ishino Works 1983~2017』リリース。現在、DJ/プロデューサー、リミキサーとして多彩な活動をおこなっている。

 

www.takkyuishino.com

Bushmind (Seminishukei / Rockasen / 2x4 )

 

DJ & Producer。1995年ヒップホップDJとして活動を始める。2000年頃、KRBT、Starrburstらと共にインディペンデントレーベルSeminishukeiを始動。西麻布bullet’sを拠点にして、数々のライブやDJを行い、ヒップホップ、テクノなどスタイルの違うDJプレイを並行して行うようになる。2009年、Soe ( i Toxico ! / So Gut Tokyo ) 、Ryosuke ( lobust / so gut ) と共に渋谷Amate-RaxiにてRush、2010年、Shigeru Ooshimaと大阪compufunk records backroomにて2x4をスタートする。2013年にはquality dance musicをテーマに活動するクルー、himcastに加入、自身のミックスやミシガン在住の実兄Kakuのデトロイトで行ったライブ音源などをリリース。過去にはデトロイトからLuke Hess (DeepLabs / FXHE / Planet-e / Echocord) 、Kevin Reynolds(Todhchai / Transmat / NSYDE )シカゴからTevo Howard (Beautiful Granville Records / Permanent Vacation / Hour House Is Your Rush) などをブッキング、パーティーを行う。過去にAvex Trax、P-Vine、Spaceshower Musicから3枚のアルバムをリリース。2017年には全トラックをプロデュースしたROCKASENのアルバム「Two Sides of」をフリーで配信する。

 

 

Kazuma

 

90年中頃、hiphopに出会い音楽にのめり込む。更にその先を探求し続け、experimental,jazz,ambient,abstract,house,tech house,techno,etc常に純粋な音が生み出す、イマジネーションを掻き立てる空間を創造していことを追求し続ける。音楽を通し、全ての人に心地よさと陶酔感に満ちた旅の共有を提示する。京都を中心に様々な場所を独自のネットワークでボーダレスに行き来する音好人。

 

PODD

 

京都在住。DJ。各地のクラブや野外パーティー、場末のBARからメシ屋まで、一夜 一夜、day by day。『TOP SEACRET』,『Theo Parrish"SKETCHES"Release Tour』,『菊地成孔&ペペ・トルメント・アスカラール 5th anniversary tour "1000 年後の南米のエリザベス・テイラー" 』,『SUNLIFE』,『arth camp』...など、出没現場は数知れず。 京都のレコードショップ 「JAPONICA」Official Mix CD, プロスノーボーダー"Yu Nishiyama(green)"率いる 『outflow』の音楽レーベル「SOULTIME」へのMixの提供, プロスケーター"Konno Tetsuya a.k.a. Jahi" 主催「P.M.A.」からのMix CDリリースなど、3枚のmix CDをリリース。...「DANCEHALL PLANET」w/SOFT,sinkichi,kazuma、「NEBULA」w/KAZUMA,TOK,AKASHIC、 「mellowburning」w/PWU,peenuts、「PARANOIA」w/DAICHI,LIVING DEAD...など、超現場主義にしてレギュラー多数

 

 

 

Naoya Tokunou

 

得能直也

1979年北海道網走市生まれ。

日本工学院八王子専門学校卒。 1999年に世田谷ハートビートレコーディングスタジオでエンジニアとしてのキャリアをスタート。アナログ・サウンドをこよなく愛するヴァイナル・リスナーでもあり、ダンスミュージックの作品や現場の日々進化する低音の現代的な音響に精通。バンドサウンドにおいても、一音一音、そこに込められた意図や意味を含め、最良の状態でキャッチする技術とセンスを日々探求している。

2009年にフリーランスとなり、現在は京都を拠点に、作品、現場を横断しながら、レコーディングミキシングエンジニア、ライブPA、マスタリングと、柔軟かつ多角的にアーティストと関わることが多い。 (Written by Yu Onoda)

手がけたアーティスト Alfred Beach Sandal / beipana / Blast Head / cero / CALM / Japanese Synchro System / KEITA SANO / LUCKY TAPES / LUVRAW&BTB / MOCKY / MONKEY TIMERS / Pepe California / THA BLUE HERB / The Backwoods / The Bedroom Tape / Traks Boys / TUCKER&エマーソン北村 / VIDEOTAPEMUSIC / YOUR SONG IS GOOD / XTAL / 石野卓球 / 禁断の多数決 / (((さらうんど))) / 電気グルーヴ / ザ・なつやすみバンド / 七尾旅人 etc…

http://naoyatokunou.com

 

Akashic

 

VJ・映像クリエイター。クラブやレイブでのアンダーグラウンドパーティーを中心としたアートシーンで視覚を刺激するカオティックなビジュアルパフォーマンスを行っている。ハードコア・パンクなどのバンドのMVなども制作。謎のAkashicステッカー増殖中。

 

 

 

 

HOW TO BUY TICKET

 

前売¥3,000ドリンク代別途 当日¥3,500 ドリンク代別途 早割¥2,500 ドリンク代別途-

 

---------------------------------------------------------------

 

 

<一般PG前売>

チケットぴあ (http://t.pia.jp/、Pコード:101-724) 、

ローソンチケット (ローソンLoppi、Lコード:51839)

e+ (http://eplus.jp/) にて12/4より発売開始!

 

※前売りメール予約: ticket@metro.ne.jpで、前売料金にてのご予約を受け付けています。

前日までに公演名、お名前と枚数を明記してメールして下さい。 前売料金でご入場頂けます。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

SPECIAL EVENT
Please reload

SHARE IT WITH YOUR FRIENDS💛
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square