2/3 Sat 京音-KYOTO-2018 夜の部

 

 

22:00-

 

前売¥2,500 (ドリンク代別途)

 

■TICKET 12/16(土)より

下記にて一般販売開始。

ローソンチケット(Lコード: 53681)

e+(http://eplus.jp/kot-ep/)

楽天チケット(http://r-t.jp/ky-o-to)

チケットぴあ(Pコード: 101-490)

 

 

 

出演:

砂原良徳

Licaxxx

ZOMBIE-CHANG

HALFBY

Colteco

Masao Kigaki

The Skateboard Kids

 

 

主催・企画制作 : 京音 -KYOTO- PROJECT

協力 : YUMEBANCHI

 

Info : YUMEBANCHI

TEL:06-6341-3525

www.yumebanchi.jp

 

 

 

詳細: 京音-KYOTO- OFFICIAL HP www.ky-o-to.com

 

過去2回もソールドアウトした「京音-KYOTO-」主催の豪華ラインナップでお送りするフェスティバル「京音-KYOTO-2018」が、2月3日(土)、4日(日)の二日間昼夜に渡り、「磔磔」、「KYOTO MUSE」、「METRO」の京都市内3会場のライブハウスで開催決定!京都のレーベル、ライブハウス、ラジオ局らがタッグを組み、京都から新たな音楽を発信するプロジェクト「京音(きょうと)-KYOTO-」プロジェクトによる、年に一度のお祭りとしてしっかり定着したライブ・サーキット・フェス、今年も音楽ファンには見逃せないラインアップが続々アナウンスされています。2月3日(土)「夜の部@京都メトロ」には砂原良徳、Licaxxx、ZOMBIE-CHANG、HALFBY等が登場します!過去2年連続でチケットが完売しているだけに早めにチェックして下さい!

 

 

 

 

ARTIST INFO

 

砂原良徳 / Yoshinori Sunahara
 

1969年9月13日生まれ。北海道出身。電気グルーヴに91年に加入し、99年に脱退。電気グルーヴの活動と平行して行っていたソロ活動では、95年にアルバム『Crossover』、98年にはアルバム『TAKE OFF AND LANDING』、『THE SOUND OF‘70s』を2作連続リリース。01年に電気グルーヴ脱退後初となるアルバム『LOVEBEAT』をリリース。02年には幕張メッセで行われたフェスティバル“ELECTRAGRIDE”でキャリア初となるソロライブを披露。その他にもACOのシングル「悦びに咲く花」、映画「ピンポン」の主題歌となったスーパーカーのシングル「YUMEGIWA LAST BOY」などのプロデュースや数多くのCM音楽などを手掛ける。09年には映画「ノーボーイズ、ノークライ」(主演:妻夫木聡/ハ・ジョンウ)のサウンドトラック『No Boys, No Cry Original Sound Track』をリリース。2010年には元スーパーカーのいしわたり淳治とのユニット<いしわたり淳治&砂原良徳>を結成し、相対性理論のやくしまるえつこをボーカリストに迎えてシングル「神様のいうとおり」をリリース。2011年には10年振りのオリジナルアルバム『liminal』をリリース。2015年には高橋幸宏、TOWA TEI、小山田圭吾、ゴンドウトモヒコ、LEO今井とともにMETAFIVEを結成し、2016年1月にアルバム『META』をリリース。11月にはミニアルバム『METAHALF』をリリースした。

Official Web Site: http://ysst.info/

Licaxxx

 

1991年生まれ、慶応義塾大学総合政策学部卒。 DJを軸に、ビートメーカー・エディター・ライター・ラジオパーソナリティーなど音楽にまつわる様々な活動を行う新世代のマルチアーティスト。

自身が愛するアンダーグラウンドな音への敬意を貫きながら、ジャンルや先入観に捉われずにLiquidroomを始めとする国内のあらゆるパーティーにDJとして出演。フェティッシュな選曲を貫きながらも、パーティーやオーディエンスのカラーにアプローチするDJが人気を博し、数々のメゾンのミュージックセレクター、ファッションブランドのショップサウンドにおける音のプロデュース、イベントの主宰やキュレーターを務める。

さらに、そのマルチな視点と独特なスタイルが注目を浴び、Microsoft「Surface Pro 4」の全世界タイアップCMへの出演、P&G PANTENE×ELLE「GO FOR BEAUTIFUL」への出演・楽曲提供や、SPURでの音楽コラム連載、GINZA、i-D MAGAZINE、Vouge Girlなどハイエンドなファッションメディアから度々取り上げられる他、新興WEBメディア「シグマファト」を立ち上げるなどその活動の幅は多岐に渡る。 近年では、RADIO J-WAVE 81.3 「SONAR MUSIC」のミュージックレシーバーとしてレギュラー出演、TV BSスカパー!「BAZOOKA!!!」にてレギュラー出演をするなど、ミュージック・ファッション・カルチャー・ビューティーをあらゆる表現方法でクロスオーバーさせ00代シーンを代表する存在になりつつある。

http://licaxxx.asobisystem.com/

 

 

ZOMBIE-CHANG

 

モデルとしても活動するメイリンのソロプロジェクト、ZOMBIE-CHANG(ゾンビーチャング)作詞作曲、トラック、リリック全てを彼女が手掛け、2016年に配信「恋のバカンス E.P.」でデビュー。その後、1stアルバム『ZOMBIE-CHANGE』をリリース。2017年3月には2ndアルバム『GANG!』をリリースし、リリースパーティーを青山のPIZZA SLICEで開催。 また、SUMMER SONIC 2017、WORLD HAPPINESS、コヤブソニックなどのフェス出演や、TAICOCLUB主催のサンリオ43周年パーティー、sakaiとUndercoverによるPartyへのライブ出演など、活動範囲は多岐に渡り、ジャンルに捉われないオリジナルティ溢れる音楽性と、独自の世界観を放つライブ・パフォーマンスは中毒性が高く、今最も注目される女性アーティストのひとり。

http://www.zombie-chang.com/

 

HALFBY

 

高橋孝博 ( たかはしたかひろ ) のソロプロジェクト。05年1st『GREEN HOURS』、07年メジャーからの2nd 『SIDE FARMERS』、10年3rd『The Island of Curiosity』、11年4th『Leaders Of The New School』と、これまでにアルバムを4枚リリース。全てのアルバムの楽曲は、日々お茶の間のBGMとしてテレビやラジオで延べ10年間使用され続け、平日は企業CMやその他諸々(ANA、GAP、SONY、コカ・コーラ、コナミ、ディズニー、ホンダ、ユニクロなど)の音楽を制作、併走してリミキサー/アレンジャーなども行う。週末はDJとして京都から全国各地へ。15年11月に通算5枚目となるフルアルバム『innn HAWAII』をリリースした。

 

Colteco

 

トラックメイク、プロデューサーとして確かな支持を集めるSato Beats(pro&g)を中心にYohei(kei)、Bancho(dr)で結成されたExperment Band Trio。エモーショナルな世界観とjazz feeling。クラブミュージックとバンドサウンドの見事な融合。どのジャンルにも収める事のできない自由な音楽を展開する。そのほとんどの楽曲がインストゥルメンタルであり、即興(ドラム以外が練習嫌いの為)で演奏されるメロディはJam Bandの形である。結成して1週間後のライブで各地のフェスに出演の声が上がるなど、その存在感を早くもアピールし、音楽関係者より注目を集めている次世代バンドである。

http://colteco.flavors.me/

 

Masao Kigaki

 

1993年兵庫県神戸市生まれ。バンド「Hitotonari」メンバー。

現在は都市の音に関心を持ち、二週間半の香港滞在で集めた音素材だけを用いて、 作品「Hong Kong (25/08–10/09/2017)」を制作中。

http://mkigaki.weebly.com/

 

The Skateboard Kids

 

2015年2月にデモ音源集「Chanpaul」を発表し、活動をスタートさせる。

Bandcampを通じて配信リリースされた同年8月発表のデモ音源集「Spiritus」はアメリカのラジオ局でオンエアされるなど海外でも反響を集める。2016年11月にはテイチクエンタテインメント内の新レーベル・I BLUEよりメジャーデビュー作となるミニアルバム「NEWTOPIA」をリリース。2017年1月に愛知・K.D ハポンにてワンマンライブを行う。 4月より地元愛知県のラジオ局ZIP-FMでレギュラー番組”IndieGrab”をスタート。毎週木曜25:00~25:30

http://theskateboardkids.tumblr.com

 

 

 

 

 

HOW TO BUY TICKET

 

 

 

TICKET 12/16(土)より下記にて一般販売開始。

 

全会場通し券 9,000yen

3日(土) 昼の部 磔磔/KYOTO MUSE前売り 5,000yen

3日(土) 夜の部 METRO前売り 2,500yen

4日(日) 昼の部 磔磔/KYOTO MUSE前売り 5,000yen

※最初のご入場の際、別途ドリンク代が必要となります。

 

ローソンチケット(0570-084-005/Lコード: 53681)

e+(http://eplus.jp/kot-ep/)

楽天チケット(http://r-t.jp/ky-o-to)

チケットぴあ(0570-02-9999/Pコード: 101-490)

 

--------------------------------------------------------------

■チケットオフィシャル先行

受付URL : http://eplus.jp/kot2018/ (PC&モバイル)

受付期間 : 12/8(金)12:00~12/15(金)21:00

※受付期間内に、受付URLへアクセスし、お申込みください。

※お申込みにはe+(イープラス)の会員登録(無料)が必要です。

※お申込みは先着順です。予定枚数に達し次第、受付を終了いたします。

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

SPECIAL EVENT
Please reload

SHARE IT WITH YOUR FRIENDS💛
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square