3/16 Fri Do it "生"JAZZ! - Kyoto Experience -

 

22:00-

 

Door (当日) : 1500 yen + 1 drink fee

22:00 - 23:00 (早割) : 1000yen + 1 drink fee

Student(学生) : 1000yen + 1 drink fee

 

 

 

DJ :

Takanori Hirano (Bootsy’s Records)

Takeshi Yamaguchi (Craftbeer& Sake/Vinyl Shop ハ)

NEON YAMADA (NEON) & Yo!shit (NEON)

Ouchi-S (Connected Underground)

 

LIVE :

Kyoto FLAVA Unit

( Vo. KEI / Gt. Yuuki Katayama / Key. Takayuki Umeda and FLAVA crew )

 

&

Do it JAZZ!

 

Food :

明 ヶ 粋 ヶ

 

 

 

2006 年 に始動以降COLLAGEそしてMETROへと場所を 変え、クラブ以外でも屋上のルーフトップやカフェ・バー、ラウンジ、ショップレセプション、 国際写真展とのコラボレーション等活動を広げ、日本、世界の著名DJを招待し、JAZZ/CROSSOVERミュージックを発信し続けてきた、"DoitJAZZ!"。去年の3月に行われて好評だったDo it"生"JAZZ企画が今年も開催決定、経験に裏打ちされた知識を持つ 京都にて活躍するDJsが集合する。" Bootsy's Records"主宰、ブラックミュージック・マスターとして玄人をも唸らせ続ける京都が誇るリビング・レジェンド" Takanori Hirano"、CLUB COLLAGEをプロデュースしシーンを支え続け、現在は" Craftbeer& Sake/Vinyl Shop ハ"店主として音楽を伝え続ける" Takeshi Yamaguchi"、SOUL,AORを主としたロングラン・パーティ"NEON"から"NEON YAMADA"と" Yo!shit"、DEEP TECHNOシーンでも活躍し" Connected Underground"に出演する" Ouchi-S"らが、、生音JAZZ/FUNK/SOULセットで盛り上げる。LIVEには和とブラックミュージックを独自の解釈で披露する" Kyoto FLAVA Unit"がMETRO初登場だ。 ジャンルを超えてクロスオーヴァーするミュージックをお見逃しなく!

 

Following its launch in 2006, moving from COLLAGE to METRO, "DoitJAZZ" has expanded its artistic activities to rooftops, cafe bars, lounges, store receptions, and collaborations with international photo exhibitions in addition to clubs, inviting famous DJ performers from Japan and all over the world, in distributing JAZZ/CROSSOVER music from Kyoto. The theme of this time is "namaoto - Jazz". To put on a selection of the live old score JAZZ/SOUL/FUNK -only music, which is the origin of the current progressive JAZZ/CROSSOVER.

http://www.doitjazz.jp/

ARTIST INFO

 

 

Takanori Hirano (Bootsy's Records)

 

60年代後半からブルース、ソウル、ジャズ、ロックに心酔、レコード収集の道へ。78年から4年間アメリカに滞在、昼は黒人街のレコード屋の倉庫で7インチを掘り起こし、夜は黒人クラブで生のブラック・ミュージックの洗礼を受ける。ジャズでは、Sun Ra、Art Ensemble Of Chicago、Cecil Taylor、Sonny Rollins等のステージを目の前で体感し、独自のジャズ観を得る。帰国後、84年に京都にBootsy's Recordsをオープン、同時期から“Black Music Review誌”、“Record Collectors誌”等で音楽ライターを務め、P-Funk、JB、Curtis Mayfield、Donny Hatheway、Zapp、Gil Scott-Heron、Last Poets、Pharoah Sanders、Cliford Jordanを始めとする数多くの黒人アーティストのライナーやインタヴューを手掛ける。DJとしてのスタイルは、ノーザン・ソウル、スピリチュアル・ジャズ、デトロイト・ハウス、ディープ・ファンクに機能する地下世界の黒人音楽感覚を基盤に、音に宿る美意識と批評性、光と影、時代最先端の志向と伝統への敬愛をもってグルーヴとストーリーを紡ぐ。ジャズDJでの活動は、かつてClub Collageにて10年間に渡って、ブラック・ジャズを一人で6時間プレイする“Jazz Impulse”を主宰、現在はWeller's Clubでの、ジャズを中心にハウス、エクスぺリメンタル、プログレ等をミックスする5時間セット“Subterranean Modern Works”、山口武司氏との生音ジャズ・パーティ“Underground Jazz Unit”でプレイ。

山口武司(CRAFTBEER & SAKE / VINYL SHOP 八)

 

80年代後半よりDJをスタート、主にHIP HOPをプレイしていたが、間もなくロンドンで起きたアシッド・ジャズ・ムーブメントに影響を受けJAZZへと傾倒していく。沖野修也に師事し初期KYOTO JAZZ MASSIVEに参加、コンポーザーとしては94年リリースのコンピレーション・アルバム『KYOTO JAZZ MASSIVE』にオリジナル楽曲『MELTING POT』を提供。今はなき『CLUB COLLAGE』を約20年に渡りプロデュース、その後『music bar COLORS』,『5th Street Music Store』を経て現在は五条河原町にてレコード・ショップを併設するcraftbeer&sake bar 八 を運営中。DJ歴約30年、ブレる事なくリアルなJAZZに拘り、その中でも常に先鋭的なセンスで選曲するスタイルは唯一無二の存在である。

 

NEON YAMADA (NEON)

 

 

 

NEON KIMURA (NEON)

 

Ouchi-S (Connected Underground)

 

2009年よりDJ活動を開始。『Conneceted Undergorund』@metro、『FREEWHEEL』@weller's clubを中心に活動。様々の音楽を吸収し続け、自身のFUNKを追求し続ける。

 

Kyoto FLAVA Unit

 

「京都から世界へ。」をコンセプトにしたイベント、「Kyoto FLAVA Session 」のメンバーによるユニット。2016年から始動した「Kyoto FLAVA Session 」は東京やNYで活躍中のミュージシャンをゲストに迎え毎回満員御礼、盛況を博す。過去の参加ミュージシャンは50名を超える。ユニットでは様々なセッションで洗練されたソウルフルな歌声に、和と現代的な響きをミックスしたコンテンポラリーなサウンドを奏でる。またオリジナルやカバーでの楽曲制作なども行い、ブラックミュージックと和のクロスオーバーなサウンドで様々なシーンから賞賛を得る。セッションからスタートしたエネルギー溢れるステージは演者を3人から30人まで流動的に規模を変化させ、独自の音と共にフロアを盛り上げる。多くのアーティストと演奏する中で磨かれたサウンドを是非一度体感して下さい。

 

Kyoto FLAVA Session

NYからHiro Homma氏、origami PRODUCTIONSからSWING-O氏、韻シストのTAROW-ONE氏、久次米真吾氏、Speak No Evil等、トップクラスの豪華なアーティストを迎え開催。京都のクラブWest Harlemにて毎回満員御礼にて大盛況を博す。vol.4からはexSOIL&"PIMP"SESSIONSのsax深田元晴氏とのコラボレーションイベント「Kyoto FLAVA Session × music lab. 」等様々なコラボイベントも開催。

 

Kyoto FLAVA Unit

Vo. KEIGt. Yuuki KatayamaKey. Takayuki Umeda〜and FLAVA crew

 

DoitJAZZ!

 

2006 年 COLLAGE にて始動、2014 年から京都の老舗 Club Metro にて開催。" レア・グルー ヴ" といわれる過去の良質な楽曲や最新のクロスオーヴァー・ミュージックを中心とした楽曲を同 軸線上にとらえ選曲、良質な音楽・空間を発信し続けている。全国の著名 DJ,LIVE や BEBOP Dancer らを招待し、また国際写真展とのコラボレーション等その活動の幅を広げ続けている。

 

In 2006, he starts his activities at Collage. Since 2014, he has been holding his concerts at Club Metro, a long-standing club in Kyoto. Selecting his tunes while regarding previous high-quality tunes called "rare groove" and pieces centering on the latest crossover music all on the same coaxial lines, he has been disseminating refined music and atmosphere. Inviting prominent disc jockeys and live and bebop dancers from throughout the country and collaborating with international photo exhibitions, he has kept expanding his range of activities.

 

http://www.doitjazz.jp/

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

SPECIAL EVENT
Please reload

SHARE IT WITH YOUR FRIENDS💛
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square