6/30 Sat HOMESICK 36 -odd eyes『SELF PORTRAIT』 release party in Kyoto-

 

22:00-

 

前売¥3,300 ドリンク代別途

当日¥3,800 ドリンク代別途

 

 

 

LIVE:

odd eyes

YOUR SONG IS GOOD

 

DJ:

クボタタケシ

CE$

Aspara

speedy lee genesis

dj colaboy

 

 

HOMESICK blog:

<https://homesickkyoto.blogspot.jp/2018/03/homesick-36.html>

 

 

パンク/ハードコアにおさまりきらない情報量と自由なアイデアが混在する唯一無二なバンド「odd eyes」の待望の2ndアルバム『SELF PORTRAIT』リリースを記念して、全国から支持を受けるパーティ『HOMESICK』開催!あらゆるシーンにシンパを持つ、アンダーグラウンド・ヒーローodd eyesのリリパと言う事で、YOUR SONG IS GOOD、クボタタケシ、CE$、Asparaら豪華アクトが大集結!

 

 

 

ARTIST INFO

 

 

odd eyes

 

2010-2011年に京都で結成。 ギター、岡村基紀、ベース、森岡誠也、ドラム、小田昌和、ボーカル、カベヤシュウトの4人。 2012/10/10 Less Than TVよりファースト・アルバムをリリース、 2015/2/4 Summer Of Fanより 7インチ・ミニ・アルバムをリリース。 2018/3/7 Kilikilivillaよりセカンド・アルバムをリリース。 見つめる、他を見る、距離がうまれる。

 

http://yesoddeyes.blogspot.jp/ 

YOUR SONG IS GOOD

 

1998年東京で結成。カクバリズム所属。通称YSIG。サイトウ”JxJx”ジュン、ヨシザワ”MAURICE”マサトモ、シライシ”JICHO”コウジ、ハットリ”SHORTY”ヤスヒコ、タカダ”DAATAKA”ヒロユキ、タナカ”ZEERAY”レイジに、現在、サポートパーカッショニストの松井泉を加えた7人体制。はじまりはパンクロック、今はあえて言うならダンス音楽を演奏するインストゥルメンタルバンド。DIYなスタジオライブから、ライブハウス、クラブ、FUJIROCKグリーンステージ等の巨大野外ロックフェスまで、ジャンル、場所、雰囲気、メジャー/インディ、時間帯、問わず、定評のあるライブを展開中。またオリジナルアルバム、7インチシングル、コンピ等、これまでに数多くの作品を、様々なスタイルと対峙しながら生み出す。も、2013年、これまでのイメージを大幅に更新した異常なるFRESH感搭載のニューアルバム、その名も『OUT』をドロップ。トロピカルなルーツミュージックを大胆に解体、ハウス/ディスコ/テクノ/ベース、また時にポストロック的、もしくはプリミティヴな感覚でもって再構築、オリジナルな生演奏ダンスミュージックへの昇華に成功。Being Borings, LORD ECHO(From NZ)、Force Of Natureと最高のリミキサー陣を迎えた『OUT』からのアナログ12inchシングルリカットシリーズ3タイトルをリリース。2016年9月には新曲とGonnoリミックスを搭載した最新12インチ『Waves』をリリース。2017年、約3年半ぶり6枚目となるニューアルバム「Extended」を5/10にリリースした。感度良好な音楽愛好家達からの賞賛を浴びつつ、只今、キャリア史上もっとも目が離せないGOD ONLY KNOWS状態で諸々進行中である。WAH!WAH!WAH!WAH!WAH!WAH!WAH!

 

http://yoursongisgood.com/

 

クボタタケシ

 

クボタタケシ Kubota, Takeshi(1970年1月19日-)は、東京生まれのフリーランスDJ、サウンド・クリエイター。

90年代から現在まで一定のスタンスで活動を続けている。クボタの登場以降、一般的となった『オールジャンル・ミックス』と形容される選曲スタイルはジャンルレス、タイムレス、かつボーダーレス、もっと言えばホームレスな何にも属さない音楽の選択であり、さながらリズムの見本市のようだ(時にドラムレスだったり)。無類のヴァイナル好きだが、レア盤と称されるレコード・コレクター間の価値基準にも一切とらわれない、『クボタタケシ』という名前そのものがワード、ジャンル、カテゴリーの1つとして認識されるほどオリジナルな存在である。

特定のジャンルに特化したスペシャリストではないが、多種多様さは群を抜いており、そのプレイリストは専門誌を始め、同業者、フォロワー、全国のレコードストア等によって分析・研究・検索され、今日では多方面に知れ渡っている。しかし、まるでその行為自体が無意味であるかのように自身の選盤感覚のみによって集められたレコードを日々プレイし続けている。クボタは公式、非公式にその印象的な選曲と個性的なミックスを収録した作品を幾つかのタイトルに分けて発表している。

まず、オフィシャルにリリースされたミックスCD[NEO CLASSICS](avex)シリーズと、『ミックス・シーディー』(同)、そして長らく入手困難であった名作ミックス・テープ[CLASSICS]シリーズ全4タイトルもCD化されて話題を集めた。これらはクボタの選曲のある一部分を切り取ったものに過ぎないが、選曲の現場を未体験の者にも十分なインパクトを与える魅力的な内容だ。

現在、渋谷OTO、渋谷オルガン・バー、青山蜂などレギュラー・イベントと並行して、週末は全国各地のクラブからのオファーに応える形でプレイ。クラブのパーティーに限らず、ライヴハウスや野外フェス、来日アーティスト等、様々な会場でのライヴ、イベントでも機能するユーティリティ・プレイヤー。連投可能なタフさを持ち、2014年4月現在、日本のクラブシーンにおける年間最多登板記録保持者である。(要出典)

1993年にファイル・レコードよりリリースしたファースト・アルバム『キミドリ』は、まだそれほど成熟していなかった日本のヒップホップ・シーンの中で、一線を画す異色なグループとして捉えられ、20年余の年月を経た現在も語り継がれる名盤と評価されている。特筆すべきは音楽専門誌より現在シーンで個性的な作品を世に出しているアーティストやDJによってこの作品の影響と重要性が説かれている点だろう。

また、GRAND MASTER FLASH & THE FURIOUS 5, JACKSON 5, EGO-WRAPPIN', スチャダラパー etc.数々のリミックス・ワークスと、数多くはないがソロや、S.O.N.Y.などのユニットも含めて必聴。ある意味、選曲以上にクボタの音楽性を理解する上で大きな役割を果たすであろう。

(text by 鎌田洋)

 

http://www.kubotatakeshi.com/

 

 

CE$

 

ハードコア/パンクカルチャーに囲まれながら、10代前半に音楽活動を開始させ、 レコード店勤務を始めた2005年よりDJ活動を開始。

DUBSTEP/GRIME/REGGAE/DUBに大きな影響を受けつつ、 HIPHOP/TECHNO/HOUSE etc... その場にFITさせ、70-140BPMを自由にFIX。 気まぐれにネット上へUPLOADされるMIX、様々なSTYLE/名義でリリースされるMIXCD。

数々のイベントへの参加を経て、出会った仲間と大切なモノを交換し合い、日々を更新中。

「she luv it」Bass担当。

 

https://soundcloud.com/cesmixes 

 

Aspara

 

石川県出身大阪府在住のDJ。関西をはじめ、日本各地で精力的に活動中。 Licaxxx,Madeggと共にTimeOut Cafeにて不定期で開催されるハウスパーティー 『MAL』を主催。音楽が好き。

 

https://soundcloud.com/aspara

https://twitter.com/asparaaspara

 

speedy lee genesis [Neoplasia]

 

speedy lee genesis(ex.S-LEE)はビートMIXスタイルのACIDバイブDJです。

「Space/Migration/Intelligence/Life/Extention」へのシリアスな論理的実践と過度な想像により、S-LEEのプレイはメランコリーを伴う興奮状態をフロアーに創造します。

My play has dripped with an American bluesman.

 

 

dj colaboy

 

CITY派パーティ HOMESICK主催

 

http://homesickkyoto.blogspot.jp/

 

HOW TO BUY TICKET

 

前売¥3,300 ドリンク代別途

当日¥3,800 ドリンク代別途

 

----------------------------------------------------------------

チケットぴあ(Pコード:109-959)

ローソンチケット(Lコード:54606)

e+ ( http://bit.ly/2HGEvOP )にて3/31より発売

----------------------------------------------------------------

※前売りメール予約: ticket@metro.ne.jpでも前売料金にてのご予約を受け付けています。

前日までに、公演日、お名前と枚数を明記してメールして下さい。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

SPECIAL EVENT
Please reload

SHARE IT WITH YOUR FRIENDS💛
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square