8/24 Fri. 「BIG ROMANTIC LIVE」シャムキャッツ×雀斑freckles

  

18:00open / 18:30start

 

前売¥3,000 ドリンク代別途

当日¥3,500 ドリンク代別途

 

 

LIVE:

シャムキャッツ

雀斑freckles

 

 

今年の夏休みは「シャムキャッツ」と台湾最高のシティポップバンド「雀斑freckles」のツーマンがやってくる!! 昨年発売されたアルバム「不完全な恋人」が日本のシティポップファンから絶大な支持を得ており、再来日を望む声が多数寄せられていた、skipskipbenbenがボーカルを務める台湾最重要インディポップバンド「雀斑freckles」。アジアのポップスの現在進行形の音を鳴らす彼らがアツいリクエストにお答えして「シャムキャッツ」とのツーマンで真夏の京都へやってきます!

 

 

 

ARTIST INFO

 

 

シャムキャッツ

 

<http://siamesecats.jp/>

 

メンバー全員が高校三年生時に浦安にて結成。2009年のデビュー以降、常に挑戦的に音楽性を変えながらも、あくまで日本語によるオルタナティブロックの探求とインディペンデントなバンド運営を主軸において活動してきたギターポップバンド。サウンドはリアルでグルーヴィー。ブルーなメロディと日常を切り取った詞世界が特徴。2016年からは3年在籍したP-VINEを離れて自主レーベルTETRA RECORDSを設立。より積極的なリリースとアジア圏に及ぶツアーを敢行、活動の場を広げる。代表作にアルバム「AFTER HOURS」「Friends Again」、EP「TAKE CARE」「君の町にも雨は降るのかい?」など。最新作はシングル「カリフラワー」。2018年、FUJI ROCK FESTIVAL ’18に出演。

 

雀斑freckles

 

<http://www.bigromanticrecords.com/>

 

雀斑 Frecklesは、ボーカル、ギター、キーボード担当の林以樂(benben)と、実の兄弟であるベース担当の偉博(ウェイボー)と、ボーカル、ギター担当の偉安(ウェイアン)、そしてドラム担当の菜圃(ツァイプー)にて2003年に結成された。作詞作曲は主に林以樂が担当している。 2005年に台湾の大きな音楽祭にて審査員賞を受賞したのち1stアルバム[我不懂搖滾樂]を発表。ラジオでのプロモーションのみで噂が噂を呼び、当時のインディーズバンドとしては異例の6000枚以上のセールスを記録する。 そして2008年にEP[外星人的真相]を発表した後、バンドは突如解散を宣言することになる。 その後、ボーカルの林以樂は個人の「skipskipbenben」という名義で創作を続け、数枚のアルバムを制作し、数度の日本ツアーも敢行、国内外に高い評価を得ている。 そして2014年ついに雀斑の再結成を発表し、2017年には10年ぶりとなるセカンドアルバム「Imperfect lover 不完全な恋人」が完成。台湾シティポップの名盤として国内外で大きな話題となっている。

 

HOW TO BUY TICKET

 

前売¥3,000 ドリンク代別途

当日¥3,500 ドリンク代別途

 

----------------------------------------------------------------

 

※前売りメール予約:

前売予約として、ticket@metro.ne.jpで、前売料金にてのご予約を受け付けています。

前日までに、公演日、お名前と枚数を明記してメールして下さい。

 

----------------------------------------------------------------

 

<一般PG前売 6/25から発売>

チケットぴあ (Pコード:122-276)

ローソンチケット (Lコード:55393)

e+

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

SPECIAL EVENT
Please reload

SHARE IT WITH YOUR FRIENDS💛
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square