1/19 Sat. D.J.Fulltono Open to Last

  

23:00-

 

¥2,300 inc.1drink

 

 

DJ : DJ Fulltono

 

 

シカゴ・ハウスにおけるゲットー・ミュージックの進化を追い続け、その支流であるジューク/フットワークという強烈なリズムの創造性に溢れた音楽を操る「D.J.Fulltono」によるOpen to Lastがメトロで再び!あらゆるクラブ、イベンター、DJ達から絶対的な信頼を集め、メトロで開催されるパーティの「ここぞ」という場面で登場するのがD.J.Fulltono。古典を知り最新を生み出す先鋭性と包容力、深く刺激的な世界観を合わせ持ったD.J.Fulltonoがメトロで始まりから終わりまで、「想像しただけでヤバくないですか?」って言ってた昨年公演が本当に凄過ぎたので今年も見逃し厳禁!

ARTIST INFO

 

 

 

DJ Fulltono (from Osaka)


DJ/トラックメイカー。1996年京都にてDJ開始。その当時はミニマルテクノを主体としていたが、その中でもシカゴハウス・ゲットーハウスに惹かれ、2000年を境にシカゴ・ジューク、デトロイトのゲットーテック・エレクトロを主としたスタイルにシフトする。2008年にレーベル〈Booty Tune〉を開始。国内初のジューク/フットワークのレーベルとして、国内外のアーティストをリリース。ベースミュージックの祭典〈Outlook Festival Japan Launch Party〉にBooty Tune Crewとしてサウンドクラッシュに参戦しレーベルを全国へアピール。DJ活動と並行し、タワーレコードの音楽情報サイト〈Mikiki〉への連載や、CDライナーノーツへの執筆。Planet MuやHyperdubの日本版オフィシャル・プロモ・ミックスCDを手がけるなど、日本ではマイナージャンルであったジューク・フットワークを普及するための活動を行う。2014年に自身のレーベルから発表したミニマルを前面に押し出したジュークEP 『My Mind Beats Vol.01』がUSの〈Orange Milk〉にライセンスされ、USの音楽メディア『Rolling Stone』誌の “20 Best EDM and Electronic Albums of 2015” に選出された。2016年ポーランドで開催されたUnsound Festivalに出演。同年のUSツアーでは、ロサンゼルスの老舗パーティー〈Low End Theory〉に出演他、長年の目標であったシカゴでのDJを果たす。現在のプレイスタイルは、ジューク・フットワークを、自身のルーツであるミニマルテクノ的な感性でミックスする独自のスタイルを追求している。

 

http://www.residentadvisor.net/dj/djfulltono

http://www.facebook.com/djfulltono/

http://soundcloud.com/dj-fulltono

 

 

DJ/ track maker DJ Fulltono comes from the Kansai region, Japan. He runs a record label "Booty Tune". While rooted in Juke and Footwork, his repertoire spans over Ghettotech, Electro, Chicago house and beyond. He pursues his own way of weaving them all together with techno sensibilities. He provided official promotional Japan-only label mix CDs for Planet Mu and Hyperdub in the past. His 2014 release on his own imprint ”My mind beats vol.1” EP was licensed to American label Orange Milk, and was later selected in “20 Best EDM and Electronic Albums of 2015” by Rolling Stone magazine. In 2016 he was invited to play at Poland’s Unsound festival and also to the United States for an extended tour.He played the party with a long history on L.A beat scene"Low End Theory" and so on..And his aim in his life playing in Chicago was achieved. His current style pursue to mix Juke and Footwork with feeling of his roots of minimal techno style.

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

SPECIAL EVENT
Please reload

SHARE IT WITH YOUR FRIENDS💛
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square