2/2 Sat yule × Ribet towns “Movement”

 

 

open15:30 / start16:00

 

ADV ¥2,000(ドリンク代別途)

DOOR ¥2,500(ドリンク代別途)

 

 

 

Live :

Ribet towns

yule

the sankhwa

ゆnovation

 

 

北欧の音楽に影響を受け、グロッケンやマンドリン、アコースティックギターなど、ケルト音楽に多用される楽器を積極的に取り入れながら日本のポップ・ミュージックとして芯の強い歌を据え、バンド・サウンドをはみ出す大胆な音作りで観客を引き込んでいく京都拠点の12人組「Ribet towns」と東京拠点の6人組「yule」がコラボ企画『Movement』開催!共演には大阪の3人組「the sankhwa」、そして鍵盤ハーモニカのサウンドをダンス・ミュージックの中で昇華させていく大阪在住のプロデューサー「ゆnovation」が!

 

ARTIST INFO

 

 

Ribet towns

 

京都にゆかりのある男女12人によって結成された”渋谷と北ヨーロッパに憧れるバンド”、Ribet towns(リベットタウンズ)。アコースティックギター、マンドリン、ピアニカ、グロッケンといった楽器で鳴らす、トイポップ・北欧トラディショナル・渋谷系などに影響を受けたサウンドが特徴。2018年7月、初の全国流通アルバム「ショーケース」をリリース。

 

 

yule

 

東京の男女混声6人編成バンド。 アコースティックギター、マンドリン、グロッケンシュピール、シンセサイザーなど多彩な楽器を加えたサウンドとフォークやケルト民謡を思わせる楽曲が特徴。2017年2月、初の全国流通盤となるアルバム「Symbol」をリリース。

 

 

the sankhwa

 

知らない村の、知らない山への礼賛。雨を織り込んだ風に踊り、息吹のしじまを歌う。2016年結成2017.11.19 自主企画「BON FIRE」にて1st single「Torch/goodnight」をリリース。

 

 

ゆnovation

 

埼玉県出身、大阪府在住のトラックメイカー/メロディカプレーヤー。 2016年より楽曲制作を始め、同年9月オーディションにより抜擢され、ロックバンド“神聖かまってちゃん”のワンマンライブのオープニングアクトを務める。自身が制作したトラックに合わせボーカル、ラップ、メロディカの演奏を行う唯一無二のスタイルでライブも精力的に行っている。楽曲提供や共作、フィーチャリング、編曲などトラックメイカーとしても精力的に活動中。

HOW TO BUY TICKEt

 

<一般PG前売 >

ローソン Lコード:53430

ぴあ Pコード : 140-709

e+ https://bit.ly/2GYAzh0

---------------------

※前売りメール予約:

<ticket@metro.ne.jp>で、前売料金にてのご予約を受付けています。件名を「2/2 Movement 前売り予約」とし、 前日までに、日付、お名前と枚数を明記してメールして下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

SPECIAL EVENT
Please reload

SHARE IT WITH YOUR FRIENDS💛
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square