4/12 Fri. Oskar Offermann (Panorama Bar, Robert Johnson) in Kyoto

 

 

21:00-

 

Entrance/ 2000yen+1drink fee

Bring the Flyer 1800yen+1drink fee

 

Techno, Deep Tech, Deep House...

 

Dj:

Oskar Offermann (Panorama Bar, Robert Johnson / Offenbach, Germany)
Daniel M. (Separate Skills / Frankfurt am Main, Germany)
Ryoma Sasaki (Transit Records Kyoto)
Ouchi-S
Koichi
Wataru Horiuchi

Live:
Barium -Modular Synth. Live-
Kawano Yasunori -All Hardware Live-

Vj:
akira-o

 

Berghain/Panorama Bar, Robert Johnson, Tresor.等のTopクラブをはじめとして、世界40ヵ国以上でプレイし、常に最先鋭のエレクトロニック・ミュージックを追求するOskar Offermannがドイツ・オッフェンバッハより来京!ドイツ・フランクフルトを中心に人気Dub TechnoレーベルSeparate Skillsのクルーとして活躍するDaniel M.もプレイ!

ARTIST INFO

 

Oskar Offermann (Panorama Bar, Robert Johnson / Offenbach, Germany)


Oskar Offermannは、ここ10年以上にわたってドイツのアンダーグラウンド・テクノ・ハウス・シーンにおいて重要な役割を担う人物である。常に白い服を身に纏い、自身のメインレーベル"WHITE"と"Rimini"を運営し、数多くの伝説的クラブ、Berghain/Panorama Bar, Robert Johnson, Bar 25, Tresor. 等々で定期的にプレイしてきた。彼は、2012年にリリースしたデビューアルバムで国際的な成功をおさめ、それ以来ワールドツアーを行っている。現在は、ベルリンをはじめ、香港、ニューヨーク、アムステルダム、東京、キエフ、オッフェンバッハ等の都市でレジデントとしてプレイしている。2016年には、活動の拠点をベルリンからオッフェンバッハに移し、オッフェンバッハの地元のシーンと強い信頼関係を築き上げてきている。また、Oskarは、熱心なヴァイナル・ディガーであり、それは彼のDjセットに深く反映されている。Crazy old school、melodic、obscure、acid、bleep、様々に分解された要素が独自のスタイルに混ざり合うこと、そのことが、DjブースへのOskarのカリスマ的な登場で、常に湧き上がる大きな感動の瞬間が確立されることを可能としている。これまでに、WHITEは勿論として、Live At Robert Johnson, Hardworksoftdrink, Mule, Aim 等のレーベルから作品をリリースしている。

Oskar Offermann has been a key figure in the German underground Techno and House scene for more than 10 years. Always dressed in white, running his labels WHITE & Rimini (both defunct) and djing in many legendary German Clubs on a regular basis: Berghain/Panorama Bar, Robert Johnson, Bar 25, Tresor and many others. He claimed international success with his debut album in 2012 and is touring the world ever since. Currently he is holding residencies in Hong Kong, New York, Amsterdam, Tokyo, Kiew, Offenbach and obviously Berlin. In 2016 he relocated to Offenbach and is strongly connected to the scene there. Oskar is a dedicated vinyl digger which reflects strongly in his DJ Sets: Crazy old school stripped down melodic obscure acid bleep stuff, is mixed into a unique style, which can built up to big emotional moments always presented with Oskar’s charismatic appearance. He has released music on labels such as, Live At Robert Johnson, Hardworksoftdrink, Mule, Aim and WHITE of course.

 

Daniel M. (Separate Skills / Frantic Fork) from Frankfurt am Main, Germany


“予期出来ないものを予期せよ!”というあたかも矛盾したかのようなフレーズを座右の銘とするドイツ・フランクフルト出身のDJがDaniel M.である。
彼は地元フランクフルトをベースに1998年から活躍している。活躍の場は、Tanzhaus West / Dora Brilliant, Yachtklub, Hafen 2,Rotari, Silbergold, Club Kiew, Ostklub, Radio X, Exzess, Siks, Neglected Grassland等々、枚挙にいとまがない。彼のDJスタイルは、多方面に渡るテクノ・ハウス・エレクトロを横断するまさにフランクフルトのタフなクラウドを相手にしてきた現場感のあるプレイスタイルである。2013年よりフランクフルトのラジオRadio Xにて、新しいエレクトロニックミュージックの紹介やアーティストのインタヴューを軸とした音楽番組“Frantic Fork”を地元のクルーと共に月1回のペースで手がけている。

Daniel M ,geborener Frankfurter, versteht es verschiedene musikalische Stilrichtungen zu vermischen. Vielseitige Techno und House Musik ist sein Steckenpferd.
Kein Wunder, denn Daniel M. schlägt sich seit 1996 durch die Plattenläden und seit 1998 durch die Clubs. Tanzhaus West / Dora Brilliant, Yachtklub, Hafen2, Silbergold, Club Kiew, Ostklub, Radio X, Exzess, Compufunk Records, Club Metro u.a. kamen bereits in den Genuss.

Wir dürfen gespannt sein, ganz nach dem Motto: Expect the unexpected!

 

 

Ouchi-S

 

Ouchi-S is a DJ who performs mainly in Kyoto and Osaka.

He started his career as Funk DJ in 2010, playing mainly funk,soul and jazz music of the 60's 70's. He participated in a Kyoto’s prominent deep funk party『FUNK78』at that time.

As he advanced in DJ’ing, he made a commitment to build his career by playing detroit house, deep house and tech house. 

He also loves the vinyl and most of the time pilots turntables, delivering a sound which boldly expresses his funkness. 

Currently he is playing in an underground techno/house party『Connected Underground』,『Deep Underground』,『yelltail』, all held in Kyoto Metro that is legendary night club in this historical city.

In 2018, he released his own mix tape"inspired by there".

https://www.mixcloud.com/shunsukeouchi/

Ryoma Sasaki (Transit Rec. Kyoto)

 

Ryoma is a track maker and DJ who is well known in the Japanese underground. He started his career as a musician in the early 90’s. He has had a lot of experience in a variety of underground bands as a guitarist and vocalist. He then started to participate in the club music scene playing live and DJing, and was nominated as a finalist of the Roland Groove Competition in 2000. He currently plays an active part in the Kansai scene, playing live and DJing in Kyoto and Osaka, and organizing the locally famous event Undermine at Kyoto’s legendary Club Metro. His strong livesets have an excellent reputation and he has played with prolific domestic and international artists including Juan Atkins aka Model 500, Underground Resistance, Jeff Mills, Carl Craig, Terrence Parker, Laurent Garnier, Stefan Goldmann, Andy Vaz, Gunne&Zuckermann, DJ3000, Rennie Foster, Hiroshi Watanabe aka Kaito(Kompakt/Transmat), , Bee Lincoln and many more. In 2009 he started to run his own record shop “Transit Records Kyoto” and as of next year started to run his own label, Transit Records. The first release was Detroit legend Terrence Parker’s “Beautiful Life” 12” with remixes by myself (Ryoma Sasaki) and another Kyoto artist, DJ Itoi. And second release was the own title "Transit EP" including a remix of his track by Tagträumer² (Black Fox Music/Rauschzeit). After it, He released Stefan Goldmann's brilliant track "Empty Suit" as the 3rd release. The 4th release was the coupling EP with Hiroshi Watanabe(Kompakt/Transmat) and 5th release was the coupling EP with Bee Lincoln. Now the label is preparing for 6th vinyl release including Gunne, Zuckermann's remixes, it will be out in spring.Until now, he did the Germany tour 9 times and Austria tour in this year, played at many clubs, Tresor. Berlin, Wilde Renate, Golden Gate, Chalet, Cassiopeia, ipse.Berlin, Molox, Club, Mikz, Crack Bellmer, Silvergold, Café Koz, Konfuzius Franz, Kraniche Bei Den Elbbruecken, Kurzbar, Villa Nachttanz, Rhiz (Vienna) etc...

 

90年代初頭より本格的に音楽活動を開始。現在、主に、Live PA/Djとして活動中。 2007年、 カナダのレーベル・Dirty Worksより、チャートで上位を獲得し、長期にわたってチャート・イン するロングラン・ヒットを記録したアルバム"Calling of Amon"をリリース。そして、その後も コンスタントに楽曲をリリースし、2011年よりVinyl レーベル・Transit Records Kyotoをス タート。ファースト・リリースとして、デトロイトのレジェンドDJの一人、Terrrence Parkerの 作品を、2013年にはレーベルの第2弾として、自身の作品"Transit EP" (Tagtrumer Remix収 録)(TR-001)をリリースした。2015年には、Hiroshi Watanabe氏とのカップリングEP "The Bridge of Sounds EP"(TR-003)、2016年には、ベルリンのアーティストBee Lincolnとともに"Transition EP"(TR-004)、2017年6月、ベルリンの名門レーベルLebensfreudeのGunneとZuckermannのリミックスを収録した"Without End Hour EP(TR-005)"をリリースした。2011年から現在に至るまで、計9回のドイツでのDJツアーを行い、テクノ・ミニマル系最高峰ク ラブのTresor. Berlinをはじめ、Wilde Renate、GoldenGate、Cookies、Ipse Berlin, Chalet等々、ベ ルリンの主要クラブに出演の他、フランクフルト、ハンブルグ、マンハイム等のクラブ、ハイデルベルク郊外の千人規模の山頂でのフェス等、幅広く出演している。さらに、昨年は、オーストリアのウィーンとグラーツでも公演した。こういった日本とドイツでの活動を通じ、ドイツのラジオ局に注目され、2014 年、南西ドイツ放送(Sdwestfunk)の番組で、自身とTransit Records Kyotoが取り上げられ 約30分の番組として放送された。2018年1月、名門レーベルTrenton Records主宰ReynoldのRemixを収録した"The Phase at Midnight EP"(TR-006)をリリース。2000 and Oneをはじめとした著名アーティストから高い評価を得ている。 現在、自身の作品のRemix EP (TR-007/Vinyl)をはじめ数作品のリリースを予定している。

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

SPECIAL EVENT
Please reload

SHARE IT WITH YOUR FRIENDS💛
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square