9/6 Fri. Connected Underground with Joix

 

22:00-

Entrance/ 1,600yen+1drink fee

 

 

Techno, Deep Tech, Live Set, Modular

 

 

Guest Live:

Joix (Sounds of Jericho / Mannheim, Germany)

 

Djs:

Ryoma Sasaki (Transit Records Kyoto)

Ouchi-S

Koichi

Wataru Horiuchi

 

Live:

BODIL (Node/Contakt)

B from Outatbero

Barium

 

Vj:

akira-o

 

モジュラーシンセやディジュリドゥを駆使してサイケデリックかつディープなテクノを繰り出し、大規模なフェス等にも数多く出演するドイツ・マンハイムのライブアクトJOIXが出演!

ARTIST INFO

 

JOIX (Sounds of Jericho / Mannheim, Germany)

http://www.joix.de

 

JOIXは、20年にわたりエレクトロニック・ミュージックの楽曲制作をドイツ、マンハイムを中心に行い、多才なスキルをベースに、テクノ・プロデューサー / パフォーマーとして精力的に活動を続けている。そのサウンドの主眼は、Deepな感覚を重視したオリジナリティあふれるグルーヴィーな楽曲である。彼は、今までの長いキャリアのなかで、ヨーロッパやアジアの様々なクラブ (例えば移転前のTresor. Berlinや日本ではWomb等)や数多くのフェスティバルでプレイしてきた。彼のサウンドは、デトロイト、ベルリン、フランクフルトのエレクトロニック・ミュージックに深く影響を受けており、太いベースラインにダーティなビート、一風変わったサウンドスケイプによるディープ・テクノ、サイケデリック・テクノと言うことが出来る。楽曲製作には、アナログ・モジュラー・システム(Doepfer A-100)、アナログシンセサイザーやドラムマシン、ディジュリドゥに自身の声などを好んで用いている。これまでにアルバム3作、シングル9作をデジタル/アナログでリリースしている。ライブ・パフォーマンスにおいては、ミニ・アナログ・モジュラー・システム、エフェクト、ミキサー、ディジュリドゥに2台のPC (Ableton Live)等を用いている。

 

JOIX is a passionate and versatile Techno Producer & Liveact Performer with focus on unusual sounds, groovy vibes and a mainly deep atmosphere. He is making electronic music for over 20 years now and can look back to many gigs at clubs (like Tresor Berlin or Womb Tokyo) and festivals *in all parts of Germany, but also at countries in Europe and Asia* His sound is deeply influenced by electronic music from Detroit, Berlin and Frankfurt and can mostly be descriped as Deep and Psychedelic Techno with phat basslines, strange soundscapes and drifty beats. He prefers to make music with an analog modular system (Doepfer A-100), analog synthesizers, drum machines, didgeridoo and his voice. His tracks were released in form of *3* Albums and 9 EP's digitally and as Vinyl until now. He actually makes live performances with an mini analog modular system, effects, mixers, *a didgeridoo *and Ableton Live. You can find his actual releases, records, videos and more information about him on his website: http://www.joix.de JOIX ist ein leidenschaftlicher und vielseitiger Produzent, Klangforscher und Liveact aus Mannheim, dessen Tracks sich in den Bereichen Deep Techno, Experimental, Tribal und Minimal Techno bewegen und die bereits in Form von neun EP’s und zwei Alben digital und auch auf Vinyl veröffentlicht wurden. Im Spannungsfeld von Mensch und Maschine kreiert er dabei bevorzugt mit analogen Modularsynthesizern und Drummachines seine Sounds. Seine musikalischen Einflüsse stammen von ausgewählten elektronischen Musik-Produzenten aus Detroit, Berlin und Frankfurt und reichen zurück in die Techno-Szene zu Beginn der 90er Jahre, die er als Jugendlicher noch miterleben durfte. Seit über 20 Jahren schon als Reisender in der elektronischen Musikwelt unterwegs kann er auf zahlreiche Gigs in Deutschland und Asien zurückblicken. Seine Live Performances zeichnen sich durch generelle Spielfreude, Tiefgang und Tanzbarkeit aus! In JOIX' Musik verweben sich treibende Rhythmen mit dem Klang des Maschinenzeitalters und nehmen Hörer und Tänzer mit auf eine hypnotische, zeitlose Reise.

 

 

BODIL (Node/Contakt)


様々なユニットを経て、2003年より関西を中心に活動を開始。テクノ、ハードミニマルのサウンドにアナログシンセ、ヴォーカル、メタルパーカッション等のライブパフォーマンスをおこない話題を集めてきたが、2014年よりシンセ・ニューウェイヴをコンセプトにキーボディストのサポートメンバーを加え、完全ヴォーカルスタイルの新生BODILとして活動を行っている。2017年7月、LIQUIDROOM13周年で電気グルーヴのオープニングアクトを務め話題を呼ぶ。

 

 

Ryoma Sasaki (Transit Rec. Kyoto)

 

Ryoma is a track maker and DJ who is well known in the Japanese underground. He started his career as a musician in the early 90’s. He has had a lot of experience in a variety of underground bands as a guitarist and vocalist. He then started to participate in the club music scene playing live and DJing, and was nominated as a finalist of the Roland Groove Competition in 2000. He currently plays an active part in the Kansai scene, playing live and DJing in Kyoto and Osaka, and organizing the locally famous event Undermine at Kyoto’s legendary Club Metro. His strong livesets have an excellent reputation and he has played with prolific domestic and international artists including Juan Atkins aka Model 500, Underground Resistance, Jeff Mills, Carl Craig, Terrence Parker, Laurent Garnier, Stefan Goldmann, Andy Vaz, Gunne&Zuckermann, DJ3000, Rennie Foster, Hiroshi Watanabe aka Kaito(Kompakt/Transmat), , Bee Lincoln and many more. In 2009 he started to run his own record shop “Transit Records Kyoto” and as of next year started to run his own label, Transit Records. The first release was Detroit legend Terrence Parker’s “Beautiful Life” 12” with remixes by myself (Ryoma Sasaki) and another Kyoto artist, DJ Itoi. And second release was the own title "Transit EP" including a remix of his track by Tagträumer² (Black Fox Music/Rauschzeit). After it, He released Stefan Goldmann's brilliant track "Empty Suit" as the 3rd release. The 4th release was the coupling EP with Hiroshi Watanabe(Kompakt/Transmat) and 5th release was the coupling EP with Bee Lincoln. Now the label is preparing for 6th vinyl release including Gunne, Zuckermann's remixes, it will be out in spring.Until now, he did the Germany tour 9 times and Austria tour in this year, played at many clubs, Tresor. Berlin, Wilde Renate, Golden Gate, Chalet, Cassiopeia, ipse.Berlin, Molox, Club, Mikz, Crack Bellmer, Silvergold, Café Koz, Konfuzius Franz, Kraniche Bei Den Elbbruecken, Kurzbar, Villa Nachttanz, Rhiz (Vienna) etc...

 

90年代初頭より本格的に音楽活動を開始。現在、主に、Live PA/Djとして活動中。 2007年、 カナダのレーベル・Dirty Worksより、チャートで上位を獲得し、長期にわたってチャート・イン するロングラン・ヒットを記録したアルバム"Calling of Amon"をリリース。そして、その後も コンスタントに楽曲をリリースし、2011年よりVinyl レーベル・Transit Records Kyotoをス タート。ファースト・リリースとして、デトロイトのレジェンドDJの一人、Terrrence Parkerの 作品を、2013年にはレーベルの第2弾として、自身の作品"Transit EP" (Tagtrumer Remix収 録)(TR-001)をリリースした。2015年には、Hiroshi Watanabe氏とのカップリングEP "The Bridge of Sounds EP"(TR-003)、2016年には、ベルリンのアーティストBee Lincolnとともに"Transition EP"(TR-004)、2017年6月、ベルリンの名門レーベルLebensfreudeのGunneとZuckermannのリミックスを収録した"Without End Hour EP(TR-005)"をリリースした。2011年から現在に至るまで、計9回のドイツでのDJツアーを行い、テクノ・ミニマル系最高峰ク ラブのTresor. Berlinをはじめ、Wilde Renate、GoldenGate、Cookies、Ipse Berlin, Chalet等々、ベ ルリンの主要クラブに出演の他、フランクフルト、ハンブルグ、マンハイム等のクラブ、ハイデルベルク郊外の千人規模の山頂でのフェス等、幅広く出演している。さらに、昨年は、オーストリアのウィーンとグラーツでも公演した。こういった日本とドイツでの活動を通じ、ドイツのラジオ局に注目され、2014 年、南西ドイツ放送(Sdwestfunk)の番組で、自身とTransit Records Kyotoが取り上げられ 約30分の番組として放送された。2018年1月、名門レーベルTrenton Records主宰ReynoldのRemixを収録した"The Phase at Midnight EP"(TR-006)をリリース。2000 and Oneをはじめとした著名アーティストから高い評価を得ている。 現在、自身の作品のRemix EP (TR-007/Vinyl)をはじめ数作品のリリースを予定している。

 

Ouchi-S

 

Ouchi-S is a DJ who performs mainly in Kyoto and Osaka.

He started his career as Funk DJ in 2010, playing mainly funk,soul and jazz music of the 60's 70's. He participated in a Kyoto’s prominent deep funk party『FUNK78』at that time.

As he advanced in DJ’ing, he made a commitment to build his career by playing detroit house, deep house and tech house. 

He also loves the vinyl and most of the time pilots turntables, delivering a sound which boldly expresses his funkness. 

Currently he is playing in an underground techno/house party『Connected Underground』,『Deep Underground』,『yelltail』, all held in Kyoto Metro that is legendary night club in this historical city.

In 2018, he released his own mix tape"inspired by there".

https://www.mixcloud.com/shunsukeouchi/

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

SPECIAL EVENT
Please reload

SHARE IT WITH YOUR FRIENDS💛
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square