9/15 Sun. Barrio Lindo Japan Tour 2019  supported by 奇奇怪怪

 

Open 22:30/Start 23:00

 

 

前売&FB charge ¥2,000 ドリンク代別途

当日¥2,500 ドリンク代別途

 

 

LIVE:
Barrio Lindo

(Shika Shika Collective / from Buenos Aires, Argentina)

DJ:
Red Sun Blues a.k.a.MAMEZUKA (kikikaikai 奇奇怪怪)
Chari (kikikaikai 奇奇怪怪)
TAMAI-I
Bomb Birds ya!

VJ:
hashim

FOOD:ねぼけ堂
SHOP:Yonna Yonna (ñanduti)

 

 

「クンビア以上ハウス未満の微熱な横の揺らぎ」、「ラテン・アメリカのトラディショナルなフォルクローレ要素」。このふたつの異世界に血肉を通わせた独自のクロスオーバー・スタイルを武器に躍進を続ける、アルゼンチンの新進プロデューサー「Barrio Lindo(バリオ・リンド)」が、MAMEZUKAとChariによるパーティー『奇奇怪怪』のサポートのもと再び来京!デジタルクンビア以降「CHANCHA VIA CIRCUITO」から、今年のフジロックに出演する「NICOLA CRUZ」らスローハウス・シーン、Voodoohop一派とも共振しながら、南米産クラブミュージックをアップデートし、ボーダーレスなダンス・シーンともコネクトする次世代の逸材によるスロウなグルーヴの魔力、遅めのBPMで展開される越境的なサイケデリアが、極上の陶酔感へと導いてくれること必至!

ARTIST INFO

 

Barrio Lindo /バリオ・リンド
(Buenos Aires / SHIKA SHIKA)

 

バリオ・リンドはアルゼンチン、ブエノスアイレス出身のアグスティン・リバルドのソロプロジェクト、またShika Shika Collectiveの設立者のひとり。 「クンビア以上ハウス未満の微熱な横の揺らぎ」、「ラテン・アメリカのトラディショナルなフォルクローレ」。このふたつの異世界に血肉を通わせた独自のクロスオーバー・スタイルを武器に躍進を続けてきた、アルゼンチンの新進プロデューサー。アンデスの伝統弦楽器チャランゴや、アンデスフルートをも操るカラフルなサウンドスケープで、中南米音楽の「いま」をアップデートしながらボーダーレスなダンス・シーンともコネクト。デジタル・クンビアの名門ZZK Recordsからエル・ブオとの共作で楽曲を発表したり、シーンのパイオニア、チャンチャ・ビア・シルクイートの作品に客演。2ndアルバム”アルボラ”はVoodoohop一派のキャロット・グリーンやルラクルーサもゲスト参加し、日本盤も発売され、Los Apson?の年間チャートで上位に入るなど国内でも話題を集めた。そのremixアルバムには、ニコラ・クルスやM.RUX、日本からはGroundなど同シーンの重要人物も参加している。そして、2019初夏、新アルバム”フルゴール”を発表。ベルリン、リスボンでの滞在を元に、エレクトロ、ダーク・アンビエントといったシンセサイザーの要素も増し、そこにウルグアイのムルガ、エクアドルのサンフアニート、ブラジルのショーカリョや中米のレゲトンといった、ラテンアメリカの音楽のスパイスを散りばめた、ダークでエレガントなクンビア/スローテクノ作。ニコラ・クルスの新作”SIKU”とともに、エレクトリック・フォルクローレの本年度における最新のレポート作となっている。昨年、R Vinsenzo(Voodoohop)と10箇所以上を回り話題を集めた日本ツアーからの待望の再来日。

 

DJ MAMEZUKA

 

小学時代に忌野清志郎、中学時代にJohn Lennonから音楽と詞の持つ圧倒的なパワーを受けとる。10代はROCK浸けのLIVE HOUSE通い。20代前半DJをスタート。2nd Summer of Loveを体現したPrimal ScreamやStone Rosesの、ステージとフロアの垣根を取り払い、送り手・受け手の関係を越えたライヴに衝撃を受け、DANCE MUSICに未来を感じる。'90年代、京都で今や伝説のCLUB『mushroom』をプロデュースし、関西のテクノ・ハウスシーンを牽引する。『mushroom』クローズ後、「RAINBOW2000 クラブサーキット」、関西発のジャンルクロスオーバーレイヴ「メガ道楽」、大阪CLUB DAWN(現NOON)での「喜怒哀楽」等数々のパーティーをDJ/オーガナイズ。「FLOWER OF LIFE」、味園『鶴の間』、京都『活力屋』でのコアなパーティーでのDJから、京都老舗クラブMETROでのレギュラーパーティー「FANTASIA」のDJや、Chemical Brothers、Fatboy Slim、Daft Punk、Basement Jaxx等とも共演し「FUJI ROCK FESTIVAL」や「朝霧Jam」にも出演。ROCKの持つパワーとDANCE MUSICが繋ぐ一体感を胸に、「FUJI ROCK FESTIVAL」では前夜祭の顔として20年間DJを任されている。現在、辺境民族音楽やTribal、Leftfield、Obscure、Slowmotionをキーワードにしたパーティー「奇奇怪怪」、 沖縄 石垣島でのDJを軸に、心を揺さ振り動かすことが出来る音楽の可能性を信じて、DJブースからメッセージを送り続けている。

​HOW TO BUY TICKET

 

 

前売&※FB charge ¥2,000 ドリンク代別途

当日¥2,500 ドリンク代別途

 

<一般PG前売チケット>

e+ ( https://bit.ly/2XIPDaH )

 

---------------------------------------------------------------
★※FB charge:

Facebookのイベントページで前日の深夜23:59までに参加にクリックされた方は上のfb chargeになります。 (Click our fb event page ''Going'' till the day before.)


---------------------------------------------------------------

※前売りメール予約:
<ticket@metro.ne.jp>で、前売料金にてのご予約を受け付けています。 前日までに、公演日、お名前と枚数を明記してメールして下さい。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

SPECIAL EVENT
Please reload

SHARE IT WITH YOUR FRIENDS💛
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square