10/5 Sat Nuit Blanche KYOTO 2019 After Party

 

22:00-

charge free(1ドリンク代別途)

 

act:

Bruce Mennel

Torn

Ken'ichi Itoi

Masayuki Kubo

kafuka

Hideo Nakasako

Masahiko Takeda

+Special Guest

 

Visual:
Sagar Patel

 

Organised by Butte Osaka and shrine.jp / MYTH

 

 

パリ市が毎秋行う一夜限りの現代アートの祭典「ニュイ・ブランシュ(白夜祭)」!姉妹都市であるパリ市との友好関係を深めるため,パリ市で毎年10月の夜に開催されているニュイ・ブランシュの開催に合わせて京都市では今年も日仏の現代アートを京都市内各所で楽しめる「ニュイ・ブランシュ KYOTO」が開催されます。そして全てのイベント終了後は終着地点クラブメトロにて、毎年恐ろしい盛り上がりをみせるアフターパーティーです!今年も気鋭のDJ/プロデューサーが集結!勿論チャージは無料(ドリンク代のみ)!

http://www.nuitblanche.jp/

 

ARTIST INFO

 

Bruce Mennel

www.operio-rec.com

 

東京在住、ベテランDJ兼プロデューサーのBruce Mennel (ブルース・メネル)。 15年以 上のキャリアで培った経験と3つのターンテーブルを駆使したユニークなDJスタイルで活 躍。 自身主宰の新レーベルOPERIOでエレクトロニック音楽界に新たなアイデンティ ティをもたらし、自らの革新性を証明した。
OPERIOの特徴はファンクフルなリズム、あたたかみのあるタイトでダークなベースライ ン、ワブル、グルーブ感、そして緻密かつダイナミックなサウンド。
北東フランス出身のブルースは、90年代後半に世界を席巻したユーロ・サウンド、特にイ ギリスとドイツのアンダーグラウンド・ミュージックの影響を受けた。Axis, Drumcode, Tresor, CLR, Bush, Zenit, Primate等々...ブルースのインスピレーションの源泉となった レーベルやアーティストは多岐にわたる。
2005年以降、WOMBやAIR等の東京有名クラブでJapanectionイベントの主催者としても 活躍。フランス音楽輸出振興事務局(French bureau export)の支援を得て、Ken Ishii、Joey Beltram、The Advent、Fabrice Lig、Oscar Mulero、Samuel.l.Sessionと いった世界トップレベルDJとコラボレーションを重ねる。

2008年からKonspiracy イベントでレジデントDJとしてプレイする一方、長年にわたり ヨーロッパ各国、主にフランス、ドイツ、デンマーク、スイスにおいてパフォーマンスを 行ってきた。
 ブルース・メネルはプロデューサーとしての活動を積極的に展開していく。すでに数々の ニューリリースが予定されており、ブルースのスタジオワークやミックスに新境地を見出 すことができるだろう。

Torn

www.djmisstorn.wixsite.com/torn

 

フランス出身。2000年からDJを始める。すぐに頭角を現し、ワールドワイドに活 躍。B.B.C. Radio Wales (UK) にも出演。カタールでプレイした初のDJ。また、 KaZantip (UA) でプレイした唯一のフランス人でもある。その活躍は雑誌ELLEでも フィーチャーされる。また自身のレコードレーベルCRIMINAL BEAT CARTELを6 年運営。2007年に初のEPをリリースして以来、世界中の有名アーティストたちと のコラボを実現している。2016年、メキシコのレーベルDropLow Recordsから "Make it"をリリース。

 

糸魚健一 | Ken’ichi Itoi 

www.shrine.jp

 

PsysEx(サイセクス)名義でポリリズムをテーマにアルバム6作品、12インチ3作品、カセット1作品を発表してきた。リミックスワーク、コンピレーション参加、別名義での活動等、多数リリースに関わってる。細野晴臣氏のレーベルからのアルバムリリースやAtom™、Alva Noto、Ovalとのコラボレーション作品がトピックといえる。1997年 京都発アドバンスドレーベルshrine.jp(シュラインドットジェイピー)を発足。2016年 ダンスミュージックに特化するサブレーベルMYTH(ミス)を発足。2017年 本人名義によるshrine.jp20周年記念作品「EXN(縁)」をリリース。 

https://www.youtube.com/watch?v=hyp352W8VEY

 

Masayuki Kubo

https://soundcloud.com/avva

 

大阪出身のハウスプロデューサー。国内外の様々なレーベルからのリリース、リミックス、またMasayuki Kubo名義では多数のプロデュースワークを手掛けている。​

 

kafuka | Eshima Kazuomi 

http://kafuka-music.com

 

関西を拠点に活動するプロデューサー。

ギターサウンドや自然の音、サンプリング、音響プログラミングなども取りいれ

様々な音をコラージュしオリジナリティあるサウンドを表現。

エレクトロニック・ミュージックを軸に新たな表現や世界観を探究している。

2016年に京都の電子音響実験音楽レーベル shrine.jp より 多面的な表情が詰まった音響作品、アルバム「Polyhedron」をリリース。 

2017年にはドイツ・ベルリンのレーベル Project: Mooncircle 15周年 コンピレー ションに参加。 5月に同レーベルよりEP「Laws of Nature」をリリース。 世界各地各メディアより多大な反響を得る。 

2018年、No.9アルバム『Switch of LIFE』に共同作曲参加や国内外のアーティストへのRemixの提供を行う。 

また、映画の劇判、楽曲提供なども多く手がけアートプロジェクトへの参加や、 NTT[ICC]でのサウンドインスタレーション作品の展示、iPhoneアプリなどメディアを用いた作品を展開する。 クリエイティブレーベル「Laatry」を立ち上げ、サンプリングベースによるコンピレーションのリリースなど活動は多岐に渡る。 

https://soundcloud.com/kafuka 

https://projectmooncircle.com/artist/kafuka 

Hideo Nakasako

https://m.soundcloud.com/sako0219

 

大阪を拠点に活動する電子音楽家/トラックメーカー。

ダブ、アンビエント、テクノに影響された音像に太い低音とビート、環境音やノイズまでを使い緻密に組み立てられた異形のビートミュージックを鳴らす。 

2016年末、京都の老舗電子音楽レーベルshrine.jpよりアルバム「Portrait of Something」をリリース。

2019年6月には奈良のカセットテープレーベルMuzan editionsより「Texture of Days」をリリース。 

また、大阪にて電子音楽パーティー「TYPE」やアンビエントミュージックパーティー「Don't Dance」を主催する。

武田 真彦 | Masahiko Takeda

www.masahikotakeda.com

 

1987年京都出身。京都・大阪を拠点に活動する電子音楽家。 

同志社大学商学部卒業、Central Saint Martins Couture Tailoring 修了。 

バンド Velveljin、電子音楽ユニット Rexikom としての活動を経て、ソロでの作品制作とパフォーマンスを行う。 

音楽レーベル[Récit][MYTH][pluie/noir]よりEP、Remix、Podcastなどを発表。

2019年夏、[shrine.jp]よりフルアルバム「Mitate」をリリースする。

また、インスタレーション作品をはじめコンテンポラリーダンスやパフォーマンス、映像、日本の伝統文化のための音楽制作を行う。 

現在、京都西陣織「大樋の黒共」を用いたインスタレーション作品を制作している。

これまでNuit Blanche Kyoto、Kyoto Experiment、KYOTOGRAPHIE、graf、Magnum Photography Workshop、京都市芸術大学ギャラリー@kcua、京都芸術センター、十和田市現代美術館、安楽寺、ロームシアター京都等とアートプロジェクトを行い、国際芸術祭やイベントに参加している。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

SPECIAL EVENT
Please reload

SHARE IT WITH YOUR FRIENDS💛
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square