(延期)4/4 Sat. Hakobune & Rosie Ball present Isohel vol.3

 

 

【開催延期のお知らせ】

 

コロナウイルスの昨今の国内における感染拡大と、現時点において、終息の見通しがたっていない事を鑑み、お客様、出演アーティスト、関係スタッフへの安全面を第一に考慮し本公演は延期とさせていただきます。楽しみにしてくださった方々には、心よりお詫び申し上げますとともに、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

 

現在感染されている方々の一日も早い回復と、皆様の安全、そして新型コロナウイルスの感染拡大が終息することを願っております。

 

 

extreme OBSN

 

ドラムやエレクトロニクスを使用して演奏活動を行うタナカのIDM/Flashcoreソロ名義。2015年頃より活動を開始。Dommuneへの出演、オランダのAnti NarcoseやドイツのSpeedcore Worldwideなどのレーベルのコンピレーションへ参加、VMOへのリミックス提供など、マイペースに活動中。その他、ドラマーとしてsuthpire、ZENANDS GOTS、whalesなどのバンドにも参加。戸川純 with Vampilliaのサポートも務める。

http://soundcloud.com/tnkobsn

食品まつり a.k.a foodman

 

名古屋出身の電子音楽家。2012年にNYの〈OrangeMilk〉よりリリースしたデビュー作『Shokuhin』を皮切りに、Diplo率いる〈Maddecent〉を含む、国内外の様々なレーベルからリリースを重ね、2016年の『EzMinzoku』は、海外はPitchforkのエクスペリメンタル部門、FACTMagazine, Tiny Mix Tapesなどの年間ベスト、国内ではMusicMagazineのダンス部門の年間ベストにも選出され、その年に行われたワールド・ツアーではUnsound、Boiler Room、LowEnd Theoryに出演。自身のルーツの一つでもある沖縄を背景に、シカゴ・フットワークからのインスパイアとポスト・インターネット以降のハイブリッドな感覚から浮かび上がる特異のサウンドはニューエイジやアンビエントとひも付きながら、新世代の電子音楽やアヴァンギャルドとしての活動を行っている。2018年9月に<Sun Ark / Drag City>からLP『ARU OTOKO NODENSETSU』、同年11月にはNYの<Palto Flats>からEP『Moriyama』を立て続けにリリース。2019年3月には<Mad Decent>からEP/Cassette『ODOODO』をリリースした。

KATSUNORI SAWA (10 LABEL)

 

日本京都から世界発信するインディペンデント・レーベル 10 LABEL の創設者。STEVEN PORTER の元メンバーであり、2020年に Yuji Kondo と新たに NUTS STAR として活動を開始する。彼はこれまでに、Leyla Records ファウンダー Chafik Chennouf とのコラボレートや、Yuji Kondoとのユニット STEVEN PORTER、Future Terror ボス Dj NobuとのユニットNOBUSAWA、WeevilNeighbourhood トップランナー Anthone とのユニット BOKEH でも注目される日本人アーティストである。Token、Opal Tapes、Snts、WeevilNeighbourhood、Bitta、Leyla、Semantica、Voidance、MiraeArts、Prowler、Diffuse Reality、Kynant、Ai、Sludge Tapes、Bit-Phalanx、StoneTapes、その他、数々のリリースを国内外から発表している。

 

糸魚健一 | Ken’ichi Itoi

 

PsysEx(サイセクス)名義でポリリズムをテーマにアルバム6作品、12インチ3作品、カセット1作品を発表してきた。リミックスワーク、コンピレーション参加、別名義での活動等、多数リリースに関わってる。細野晴臣氏のレーベルからのアルバムリリースやAtom™、Alva Noto、Oval、AOKI takamasaとのコラボレーション作品がトピックといえる。1997年 京都発アドバンスドレーベルshrine.jp(シュラインドットジェイピー)を発足。2016年 ダンスミュージックに特化するサブレーベルMYTH(ミス)を発足。2017年 本人名義によるshrine.jp20周年記念作品「EXN(縁)」をリリース。

 

kyosuketerada

 

ノイズインプロデュオ HUH のリーダーKyosuke Teradaによるエクスペリメンタルミュージックソロユニット。2008年よりbumという名義で活動を始める。DJ MEMAIとのTHE OBEY UNITや、 過去にはVELTZやscumとのコラボレーション、Yuuki TanabeとのユニットFirst Foods、Hobo CubesとのLeather Soupとしても音源をリリース。2017年以降、これまでのコラージュノイズから脱し、シンセサイザーを用いたドローン系のアプローチに移行し活動を行い、2018年に個人名義へ変更する。自身のbandcampでは既に17枚の作品をリリースしている。

 

Naoki Nomoto

 

東京をベースに活動している電子音楽家ならびにプログラマ。モジュラーシンセサイザー奏者であるが TidalCycles やSuperCollider を使ったライブコーディングによる演奏も行う。プログラミングによる音楽のイベント Algorave Tokyoを主催する一員でもある。また fuelphonic,algo ruidoso, paralyzed, TCS, unconscious disharmonic malfunction, no sleeves などといったユニットでの活動も行っている。

 

 

sofheso

 

飯岡 徹 によるソロ名義。ハードの機材をメインに、ローファイな音色を軸にして、実験的なグルーヴと直線的なリズムが交差する楽曲を作っている。札幌で結成されたバンド、qodibopではベースとサンプラーを担当。これまでに自主レーベル yuritonaより数枚の作品を発表し、最新作はFirst Terrace Recordsより[Archive]

https://soundcloud.com/iioka

http://iiokatohru.com

whales

 

Takahiro Yorifuji率いる京都発Power Violence Hardcore Band。京都での活動休止から6年後に東京で復活。DrumsにYuki Tanaka、BassにKyosuke Teradaを迎え活動を再開する。

https://www.youtube.com/watch?v=uVs5ISVFpEk

 

Akey

 

bass-sound/electro/technoと様々なダンスミュージックをレフトフィールドに縦横無尽に縦断。昨年よりMarisakurai,BrunaによるTechno,Bassmusicを軸にしたパーティ「Champ Road」を不定期に開催。

https://jp.residentadvisor.net/dj/akey

Koba (form.)

 

周波数特性のレンジが広い持続音と固執した残響の設定。過渡的に厚みを増していく状況と抱き合わせる切迫感を狙うDJ/Producer。2010年より自主レーベル「form.」を展開し、現在は「Viorhythm」の企画、「rural」でのレジデントを努める。www.soundcloud.com/koba-form

www.facebook.com/koba.home

smn.(manosu)

 

1979年生まれ、東京祖師谷大蔵出身。2000年頃からtechno music及び電子音楽全般に気持ちを奪われ、渋谷moduleにてabsolute pitchに参加。2012年からmanosuというローカルパーティー開催。現在、函南町丹那の古民家にて食堂とレコードショップを企画中。

 

 

 

 

ADV ¥2,500(+1D)

DOOR ¥3,000(+1D)

 

-------------------------

前売りメール予約:

<ticket@metro.ne.jp>で前売り予約を受付いたします。

件名を「4/4 Isohel 前売予約」とし、お名前、枚数を記載の上送信して下さい。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

SPECIAL EVENT
Please reload

SHARE IT WITH YOUR FRIENDS💛
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square