5/8 Fri. seQuence.

 

21:30 open/start

Door 2,000 yen +1D Fee

 

Guset:

Kenmochi Hidefumi

Ramza

 

LIVE:

CeeeSTee ▷yelltail

Hisashi Aochi

 

DJ:

外出 ▷空間現代

れいれい ▷Free Wheel taku.f×BISHWABIKRAMGURUNG

sintaro fujita

 

VJ: akira-o

 

FOOD:

べた焼き 寅 Talbot

 

ハイブリッドなダンスミュージックから実験的なサウンドまでを一夜に織りなす現代的な感性で支持を集めるパーティー『seQuence.』!今回ゲストには、ベースミュージックを経由した中毒性の高いトラックでもって水曜日のカンパネラやxiangyuをプロデュースし新境地を開拓、ソロ活動でも各所にひっぱりだこの「Kenmochi Hidefumi 」が登場!さらに、様々な音楽を吸収し拡張したビートを繰り出す対比不能のビートメーカー「RAMZA」が!

ARTIST INFO

 

Kenmochi Hidefumi

 

ケンモチヒデフミ。サウンドプロデューサー/トラックメイカー/作詞家/作曲家。 2000年代より『Kenmochi Hidefumi』名義でインストゥルメンタルの音楽を作り、クラブジャズ系のシーンで活動。Nujabes主催のHydeout Productionsよりアルバムをリリースした。 2012年よりポップユニット<水曜日のカンパネラ>を始動。それまでのクールなイメージとは一線を画した路線で、作詞作曲を含めサンドプロデュース兼メンバーとして所属。ベースミュージックを経由した中毒性の高いトラックと独創的なリリックを組み合わせ、新境地を開拓する。現在は新人アーティストxiangyuの全面プロデュースも手掛けながら、昨年5月に自身の9年ぶりのニューアルバム『沸騰 沸く ~FOOTWORK~』をリリースし勢力的に活動を再開。

 

Ramza

 

名古屋を拠点とする作曲家。 HIPHOPのMethodをを出発点とした他とない音像は正に現在的。 ニューエイジビートを鳴らす数少ないアーティスト。 2019年 mini Album「sabo」をリリース。 2017年、AUN muteよりFull Album「pessim」をリリース。 2018年、東京, 六本木の”21_21 DESIGN SIGHT”で開催された 「都市写真-ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち」では Takcomのインスタレーションにてサウンドデザインを担当。 過去2度に渡るBoiler Roomの出演、折坂悠太の2nd Album「平成」のトラックアレンジメントから Campanella、C.O.S.A. × Kid Fresino等、数々 のラッパーへのビート提供。 BUSHMIND、tofubeats、レミ街、仙人掌、等のRemix work。類稀なるその音像で話題を攫った。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

SPECIAL EVENT
Please reload

SHARE IT WITH YOUR FRIENDS💛
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square