9/19 Sat. KYOTOGRAPHIE 2020 Kick Off Online Party!

配信時間:Start 20:00 JST〜 23:00 JST

配信URL(無料):

https://twitch.tv/metro_kyoto

DJ: LOFTSOUL aka UCHIKAWA Masaki Tamura (Do it JAZZ!) Aiconga (Our Latin Way) TALK SESSION: 沖野修也×仲西祐介(KYOTOGRAPHIE) VJ:CRACKWORKS --------------------- <展覧会情報> 「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2020」

会期:9月19日(土)~10月18日(日) 会場:京都市内各所(京都府庁旧本館 旧議場、出町桝形商店街、DELTA、京都府庁旧本館 正庁、誉田屋源兵衛 竹院の間、嶋臺ギャラリー、伊藤佑 町家、HOSOO GALLERY、建仁寺両足院、アトリエみつしま Sawa-Tadori、河合橋東詰歩道、タネ源、青龍妙音弁財天) Web:<http://www.kyotographie.jp/>

---------------------

新型コロナウイルスの影響で今年春の開催を延期していた、日本有数の国際写真フェスティバル『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2020』が、会期を新たに9月19日から10月18日まで、10のメインプログラムを京都市内14会場で開催。今年で8回目を迎え、京都ならではのロケーションを舞台に世界各国から選び抜かれた写真で街全体が満たされる日本有数の国際写真フェスティバルとして全国にファンを持つKYOTOGRAPHIE、その記念すべき開幕当日の9月19日(土) 夜20時から、今年は無観客配信にて「KYOTOGRAPHIE 2020 Kick Off オンライン・パーティー」をCLUB METROから配信します。2020 年のテーマ「VISION」にちなみ、DJやVISUAL、沖野修也氏を迎えてのTALK SESSIONなどを交え、KYOTOGRAPHIE 2020の待望の開幕を祝います!

ARTIST INFO

沖野修也(KYOTO JAZZ MASSIVE/KYOTO JAZZ SEXTET)

音楽プロデューサー/選曲家/作曲家/執筆家/ラジオDJ。開店以来26年で100万人の動員を誇るThe Room(渋谷)のプロデューサーでもある。KYOTO JAZZ MASSIVE名義でリリースし た「ECLIPSE」は、英国国営放送BBCラジオZUBBチャートで3週連続No.1の座を日本人として初めて射止めた。著書に、『DJ 選曲術』や『クラブ・ジャズ入門』、自伝『職業、DJ、25年』等 がある。2013年11月にはバーニーズ ニューヨーク新宿店で初のイラストレーション展を開催。2017年6月、ジャズ・プロジェクト、Kyoto Jazz Sextetのセカンド・アルバム『UNITY』をブルーノートよ り発表。同年フジ・ロック・フェスティバル~Field Of Hevenステージにも出演を果たす。2018年10月にスウェーデンのレーベルLocal Talkより「RISING (RON TRENT Remix)/KYOTO JAZZ SEXTET」、11 月に「MISSION (JAXX MADICINE REMIX)/KYOTO JAZZ SEXTET」を、更には11月3日には、HMV recordより『You've Got To Have Freedom/Mission (Unreleased Version)/KYOTO JAZZ SEXTET』をリリースする。現在、有線放送内I-12チャンネルにて"沖野修也 presents Music in The Room"を監修。GQ Japanオフィシャル・ブロガー。

DJ LOFTSOUL aka UCHIKAWA (LOFTSOUL/Rhythm Of Elements)

DJ /Producer/Remixer。

国内DEEP HOUSEシーンを代表するDJ/Producer。 80年代のクラブシーン創世紀から現在まで活躍しており国内の主要クラブでレギュラーDJを務めてきた他、日本各地や海外(アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、アジア)の数えきれない程のクラブにゲスト出演してきた。現在も自身のパーティーNUDEEPを東京、名古屋、京都、デトロイト、シカゴ、ロンドンでも不定期開催している。1998年よりピアニスト・クリヤマコトとRhythm Of Elementsを結成し数々のトラックをリリース。2002年には故郷の長野・上田市にクラブ・LOFTをオープン。2010年には自らのレーベルLOFTSOUL Recordingsをスタートし、ソロ・プロジェクト`LOFTSOUL`を始動。今までにフルアルバム4枚とリミックスアルバム2枚の計6枚のCDアルバムと数多くの12インチシングルやデジタルトラックをリリースしている。今後も実験的なプロジェクトやリミックスワークが楽しみだ。 https://www.bbemusic.com/artist/dj-masahiko-uchikawa-aka-loftsoul/

Masaki Tamura (Do it JAZZ!)

DJ / Architecture Designer。2003年に活動開始以降、新譜・旧譜問わずJAZZを軸とした選曲を得意とし、京都を代表するJAZZ / CROSSOVERイベント”Do it JAZZ!”を中心にDJを行い、LIVEアーティストからの信頼も厚く、選曲の幅を生かしホテル、ラウンジ等のサウンドサポートも行う等、京都・大阪・東京を中心に活躍中。昨年はヨーロッパシーンで活躍するHUGO LX、Aroop Royそして新世代バンドWONKを招待、Degoやfloating pointのサポートを務め、今年7月にはmixcloudアワードに選ばれた経歴を持つフランスのGONES THE DJとの共作であるジャパニーズ・ジャズのみを選曲したMixを発表し話題を集める。 Gilles Petersonがスタートしたオンライン・ラジオステーション"Worldwide FM"の 京都サテライト"WW KYOTO"のDJを務め京都祇園のニュースポット"Y gion"から毎月第二月曜日に発信中。

Aiconga (Our Latin Way)

ハイブリッドラテンパーティ「Our Latin Way」主宰。10代をハードコアやHipHopで過ごし、20代前半にトライバルテクノやブラックミュージックをキッカケに民族音楽の世界へ。いつしかアフロキューバンに魅せられキューバに長期滞在、以来パーカッショニストとして活動しつつ、AfroでRockな選曲活動をスタート。隙あらば中南米やスペインを放浪し、ラテンスピリット吸収中。2019年春より、南米日本フューチャー・ミクスチャー・ダンス&レベルミュージックを発信する浪速のクンビアバンド「ROJO REGALO」に加入。

CRACKWORKS

京2000年頃にデトロイト・テクノから受けた衝撃をきっかけにDJとして活動を開始し、クラブカルチャーに足を踏み入れる。映像による視覚効果への興味から、職業柄プログラミングの技術を持ち合わせていたこともあり、ProcessingやTouch Designerを使用し制作した映像を取り入れたVJとしての活動も開始。2016年、大阪を拠点に活動を展開する、DJ、VJ、グラフィックデザイナー、フォトグラファーが集まり発足したSiiNEに、オーガナイザーのRyu.Kの誘いを受けVJとして加入。VJ、DJとしてマルチに活動を展開している。

SPECIAL EVENT
SHARE IT WITH YOUR FRIENDS💛
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square