10/25(sun) 視角"CROSS POINT" digital e.p. launch party presented by omni sight

open 20:00 → 26:00 close

DOOR : \2,600 inc.1drink

配信URL(無料):

https://twitch.tv/metro_kyoto


Special Guest DJ : 

DJ KENSEI


Live Act : 

omni sight

feat. S1 Murakami & Shohei Nakamura

Junichi Akagawa 


Dj : 

KAZUMA(tone float/ nebula)

Masaki Tamura(doitjazz) 


Vj : 

CRACKWORKS


FOOD : 

明ヶ粋ヶ

海外ツアーや様々な試行錯誤を経て、omni sight が新作e.p.『cross point』をリリース!そのローンチパーティーが京都CLUB METROにて決定!京都のシーンには不可欠のS1 Murakamiや、Shohei Nakamura、それぞれを迎えたトリオ編成での海外ツアーでのタフな経験から生まれた新たなステップの"omni sight サウンド"は、先日、映像参加したスウェーデンのオンラインフェスで披露しされた新曲も話題を呼んだ。今回の満を持してのローンチパーティーには、レジェンド DJ KENSEI はじめ先日のMUTEK Montreal出演で鮮烈な印象を残したオーディオヴィジュアルアーティストJunichi Akagawa、京都のアンダーグラウンドシーンには不可欠なキーマンのKAZUMA、Do it jAZZ!主催のMasaki Tamuraに加え、最近のomni sight のライブ空間には欠かせないVJ CRACKWORKSもスタンバイ!

DJ KENSEI (SARASVATI MUSIC ASHRAM, KOKENSHOW, LOOPS) DJ/PRODUCER/BEATMAKER/LAPTOP MUSICIAN/

東京出身のDJ、 PRODUCER、BEATMAKER。長い現場経験とそこで培われたキャリアによって、自然にクロスオーバーしながらも新鮮で洗練されたDJスタイルを真化させていくDJ KENSEI。80年代中期当時のディスコ『HIP HOP(渋谷), SHUB-AD(六本木) J TRIP BAR(溜池) CIRCUS(六本木) 』等でDJとしてのキャリアを積む、その後90年代ヒップホップを起点に現在に至るまで、常に多彩な視点でDJ、サウンドコントロール、セレクト、空間コントロールを日々続けながら国内外の様々なレーベルからCLASSICな作品やオフィシャルMIX(Wild pitch, Tuff city, BASTRERD JAZZ, CLASSIC, OM, etc)等多数リリース。ソロ活動以外に、INDOPEPSYCHICS、FINAL DROP、NUDE JAZZ、OUTERLIMITS INC、KEMURI PRODUCTIONS、KENSEI & QUIET STORM、Banana Connection, COFFEE&CIGARETTES BAND、OMA’N’SEI(W/SUZUKI ISAO)、ISPAAR BAND、COLORFUL HOUSE BAND、KOKENSHOW、LOOPSなど、プロジェクトの中心として幅広く活動し、数多くのイベント(FUJIROCK、AFRICABAMBAATA JAPANTOUR, JEFF MILLES TOUR Theo Parrish Tour, etc)や 作品(RAMMELLZEE、DJ KRUSH etc)に参加。ミュージシャンとのライブも積極的に行い、DJ視点から生まれるオリジナリティー溢れるユニークなトラック、音源を多数リリース&Liveを行なってきた。2021年にはDJ 35周年を迎える。

近年プロデュースしたTABOO ONE『禁断の惑星』はYOU TUBEで1000万再生以上、SHING02監督の映画『BUSTIN’』へのサウンドトラック提供、毎日映画コンクール音楽賞を受賞した富田克也監督の映『バンコクナイツ』サウンドトラックへの楽曲提供。2016年オフィシャルMIX『Melancholic Jazz Moon BLK Vinyasa Mix by DJ Kensei』(Introducing)、6月にはタイ・ラオス滞在中に制作した自身初のサウンドスケッチBEAT TAPE『IS PAAR / DJ KENSEI BEAT TAPE』(MARY JOY RECORDINGS)をリリース。富山の越中おわら節 official Remix。2019年PIONEER OFFICIALのLOCKED GROOVE作品「LOOPS』発表。

DJKENSEI.COM

https://www.mixcloud.com/DJ_KENSEI/

https://soundcloud.com/dj_kensei

DJKENSEI @DJKENSAY(TWITTER) https://twitter.com/DJKENSAY

https://www.youtube.com/channel/UC30mFTmkW7TIR_6iO135Ckw {(SARASVATI MUSIC ASHRAM(YOU TUBE)}


omni sight 2013年、シネマティック・インストバンドL.E.D.のリーダーでベーシストの佐藤元彦、BOOM BOOM SATELLITESやORIGINAL LOVEなど様々なアーティストやバンドのドラマーとして活躍してきた平井直樹により京都で結成されたユニット”omni sight (オムニサイト)”

コズミックで浮遊感あるサウンドスケープに生ドラムとベースによる有機的で強力なビー

トを織り込んだ実験的かつフロアライクな音場を創出。

ダンスミュージックでありながらもエレクトロニカなどの音響的なアプローチを施した緻 密で独自なダイナミクスを表現する。

2015年9月、井上薫氏(a.ka. Chari Chari) によるremix含む全8曲収録のファーストアルバム”eternal return”を京都の電子音響レーベル、night cruisingよりリリース。 2018年、最新作となる “split / flip”は、オーストラリアのトラックメイカーCaptain Earwax とのコラボ split e.p.としてオーストラリアのThe Community Recordsより限定CDとデジタル(itunes/spotify/Bandcamp)の2仕様でリリース。独自の平熱感の中にオリエンタルな要素を加え、バンドアンサンブルと打ち込みとの絶妙 なハイブリッドサウンドを創出している。関西を中心に各地でライブを展開し、2016年にはタイ、バンコクの都市型フェス、Cat FOODIVAL、2017年には台湾の野外フェスUrban Nomad Music Festival、高雄のサーキットフェスWe Are South、韓国Zandari Music Festival 2017に出演、2018年には再び、台湾へ。台北、高雄、台東3都市に渡るツアーを敢行、7月にはモンゴルの大型野外フェスPlaytime Festivalへも出演。 8月には滋賀の寝待月のショー、10月には韓国Zandari Festa 2018、Steel Art Festival 2018へ参加。2019年も沖縄、台湾、モンゴルツアーと国内外で精力的な活動を展開。そしてコロナ時代に突入した2020年、海外 ツアーでの経験を投入した2年ぶりとなる新作”CROSS POINT”e.p.をリリースする。

Junichi Akagawa


オーディオビジュアルアーティスト・Ableton認定トレーナー。2010年から2013年までベルリンを拠点に活動し、現在は京都在住。Ableton Liveとmax for live、またopenFrameworksやtouchdesigner等を用い舞台作品のリアルタイム演出やインタラクティブな体験システムの設計から実装を行う。これまで日本、ドイツ、オランダ、イスラエル、中国など国内外で公演を行い、身体、映像、音を基調としたダンス作品”Figure”では横浜ダンスコレクションEX2014にてイスラエル テルアビブ-ヤフォ・横浜文化交流賞を受賞。2017年にHz-recordsよりフルアルバム“Consistency Test”、2018年にはShrine.jpより“Dice from the Window”をリリース。2019年に文化庁メディア芸術祭とMUTEK.JPのコラボレーションイベント、2020年にはMUTEK Montrealに出演。 http://junichiakagawa.net/

KAZUMA(tone float/ nebula)


90年中頃、hiphopに出会い音楽にのめり込む。更にその先を探求し続け、experimental, jazz, ambient, abstract, house, tech house, techno etc常に純粋な音が生み出す、イマジネーションを掻き立てる空間を創造していくことを追求し続ける。音楽を通し、全ての人に心地よさと陶酔感に満ちた旅の共有を提示する。京都を中心に様々な場所を独自のネットワークでボーダレスに行き来する音好人。





Masaki Tamura


DJ / Architecture Designer。2003年に活動開始以降、新譜・旧譜問わずJAZZを軸とした選曲を得意とし、京都を代表するJAZZ / CROSSOVERイベント”Do it JAZZ!”を中心にDJを行い、LIVEアーティストからの信頼も厚く、選曲の幅を生かしホテル、ラウンジ等のサウンドサポートも行う等、京都・大阪・東京を中心に活躍。 Gilles Petersonがスタートしたオンライン・ラジオステーション"Worldwide FM"の 京都サテライト"WW KYOTO"のDJを務め京都祇園のニュースポット"Y gion"から毎月第二月曜日に発信中。


DoitJAZZ! WEB : http://www.doitjazz.jp/ Soundcloud : https://soundcloud.com/doitjazz



CRACKWORKS


2000年頃にデトロイト・テクノから受けた衝撃をきっかけにDJとして活動を開始し、クラブカルチャーに足を踏み入れる。映像による視覚効果への興味から、職業柄プログラミングの技術を持ち合わせていたこともあり、ProcessingやTouch Designerを使用し制作した映像を取り入れたVJとしての活動も開始。2016年、大阪を拠点に活動を展開する、DJ、VJ、グラフィックデザイナー、フォトグラファーが集まり発足したSiiNEに、オーガナイザーのRyu.Kの誘いを受けVJとして加入。

VJ、DJとしてマルチに活動を展開している。


※来場者数が一定に達しますと、人数制限をさせて頂きます。恐れ入りますがご了承くださいませ。

SPECIAL EVENT
SHARE IT WITH YOUR FRIENDS💛
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square