Los Graciosos(ロス・グラシオーソ)

Los Graciososは、1950年代にバルセロナ近郊の活気あるジプシーエリアから生まれ、のちに南仏のカマルグにルーツを持つルンバ・ジプシー(Gitane Rumba)の新しいサウンドを作り出しています。伝説的なギタリストのマニタス・デ・プラタやその後継者のジプシー・キングスに創造的でダイナミックな影響を受け、2018年にCortes、Ximenez、Gabarriの三家の従兄弟たちがグループを結成しました。グループ名のロス・グラシオーソ(おもしろいものたち)は彼らの音楽的な旅を自然に反映している。
Los Graciososは、カタルーニャのルンバ・ジプシーの伝統的な楽曲を巧みに現代的解釈することで高い評価を得ただけでなく、ルンバとフラメンコを融合したユニークな音楽を独自し作曲し、その貢献で知られています。Jose Maria “Peruche” Cortesによってリードされ、若い才能溢れるメンバーによる力強い歌唱力、独創的な打楽器、そして調和のとれたギターとキーボードのアレンジでアンサンブルを生み出しています。

このコンサートは、KYOTOGRAPHIEメインプログラム04・フランスの写真家であるルシアン・クレルグの展覧会「ジプシー・テンポ」に合わせて企画しました。クレルグはマニタス・デ・プラタのポートレート撮影だけでなく、彼を世界的な評価に導く重要な役割を果たしました。クレルグは「アーティスティック・ディレクション」としてクレジットされていますが、彼はデ・プラタのマネージャーであり、メンターでもありました。クレルグのディレクションのおかげで、マニタスはカマルグでの地元の名声から、NYのカーネギーホールで14回も出演を果たし、日本を含む国際舞台で一躍有名になりました。

 

Los Graciosos, the new sound of Rumba Gitane, originated from the vibrant gypsy neighborhoods of Barcelona in the 1950s and later found its roots in the south of France, particularly in the Camargue in the South of France. Born out of the creative dynamic influenced by legendary guitarist Manitas de Plata and the global echo of the Gypsy Kings saga, Los Graciosos emerged in 2018 when cousins from the Cortes, Ximenez, and Gabarri families came together to form a professional group. Their name, “Los Graciosos,” naturally reflects their musical journey.

With a focus on the essential historical repertoire of Catalan Rumba Gitane, Los Graciosos have established themselves on the front stage through their talent and interpretation. They not only masterfully interpret the traditional repertoire but also contribute with their own compositions, creating a unique sound that blends rumba and flamenco. Led by Jose Maria “Peruche” Cortes, the group encompasses vocal prowess, inventive percussion, and harmonious guitar and keyboard arrangements by the talented members of the ensemble.

This concert mirrors the KYOTOGRAPHIE exhibition of French photographer Lucien Clergue. Clergue not only took photographs of Manitas de Plata but also played a crucial role in bringing him to global recognition. Credited with “Artistic direction” on Hommages, Clergue was more than just that; he served as a manager and mentor. Thanks to Clergue’s guidance, Manitas transitioned from local fame in the Camargue to international stages, including Carnegie Hall (where he performed 14 times) and Japan.

更新日:2024/03/22

  • Club METRO
    〒606-8396
    京都市左京区川端丸太町下ル下堤町82
    恵美須ビルB1F(京阪神宮丸太町駅2番出口)
  • 075-752-4765
HEAD OFFICE

Zac Up Co,LTD

〒606-8396 京都市左京区川端丸太町下ル下堤町82 恵美須ビル2F 東
Tel: 075-752-2787 Fax: 075-752-2785

PAGE TOP