Wildelux

William Berry aka Wildelux  [ウィルディラックス] は、ヒップホップ発祥の地であるニューヨークのブロンクスで育った。ヒップホップは単なる流行ではなく、特にインナー・シティのゲットーに住む子供たちの生き方そのものである。ヒップホップとともに成長し、ヒップホップの人生を歩んできたワイルドラックスは、その経験をさらに高いレベルに引き上げることを決意した。ニューヨークのストリートの浮き沈みに対処した後、ワイルデラックスは音楽における視野を広げ、世界規模でプロとして活動するため、州外に引っ越すことを決意した。親友の助けもあり、1993年11月17日、ワイルドラックスはメジャーなラップ・アクトとしてのキャリアを追求するため、カリフォルニア州ロサンゼルスに引っ越した。L.A.に到着したワイルデラックスは、すぐにアイスTとシンジケート・クルー、トレカン・ザ・ガヴァナー、ボディ・スナッチャス、サイレント・ワンズといった音楽業界の大物たちと仕事をするようになり、現在はラスト・カインドのメンバーとして活躍している。ワイルドラックスのヒップホップの旅は、アメリカ国内はもとより、日本やヨーロッパなど海外でも多くの公演を行うに至った。2000年、ワイルドラックスはラスト・カインドのメンバーと共に、マイク・ナードーンの協力のもと、ベイエリアを拠点とするストレイ・レコーズとレコーディング契約を結ぶ。彼らは “Stray from the pack “というコンピレーションに “Detonator “という曲を収録した。その後すぐに、ラスト・カインドは初のフルレングスのインターナショナル・リリース・アルバム『Revelations』をレコーディングした。Revelations』は絶賛されたアルバムだったが、プロモーションがうまくいかず、熱くなる前に勢いを失ってしまった。その後、ストレイ・レコードはすぐに倒産した。契約もなく、ワイルドラックスの背後に彼の音楽を世に送り出すマシンもなかったため、ワイルドラックスはインディーズ市場でチャンスを掴んだ。以前の名義であるウィルマティックのもと、ワイルドラックスは2003年に “Sneak Preview “と題した初のEPを発表。世界中で3,000枚のセールスを記録したこの作品は、すぐにワイルドラックスに多くの門戸を開き、地元だけでなく海外のファンにも知られるようになった。2005年、ワイルデラックスはL.A.の伝説的DJロード・ロンとタッグを組み、Storage Room Productionsから12inch「BX 2LA Konnect part 1&2」をリリース。これは1年半もの間、ストリートを賑わせた。その直後、ウィルはジモンのアルバム『Real shit』にフィーチャーされることになった。フランス人プロデューサーはウィルにトラックを提供し、「Bottomless Kids」が誕生した。また、同アルバムでフリースピーチと組み、「I live my life now」を発表した。2007年、ワイルドラックスは初のフルアルバム『Hustlemania』を発表。このアルバムは3年の歳月をかけて制作され、WildeluxはSentense(スウェーデンの素晴らしいプロダクション・チームの片割れ)、Sonic Energy、Djimonといった才能溢れるプロデューサーたちとチームを組んだ。Sonic Energy、フランスのDjimon、Mega lawge、Dj Lord Ronなどなど。スウェーデンのリコ・ウォン(Rico Won)、エリート・フリート(Elite Fleet)のDjデヴステイト(Dj Devestate)、デレク・ストロング(Derek Strong)、フリー・スピーチ(Free Speech)らの助けを借りながら、ウィルの唯一の目的は、良質でエキサイティングなヒップホップを最前線に戻すことだった。2008年、彼はDj Lord Ron、Djimon、Bill Ca$h、Ant Black、Mega Lawge、そしてドイツのセンセーションSuff Daddyのプロデュースによるフリー・ダウンロード可能なEP「The Transformation EP」をリリースし、良い音楽をリリースする探求を続けた。8曲のトラックで耳を楽しませてくれる。また、Sentenseのアルバム “Sentense presents Moods and Moments “や、スウェーデンの新進気鋭のプロデューサーMarc Swingのアルバム “The Global Grind Mixtape Volume one “にも参加している。彼は90年代半ばから現在に至るまで本格的な活動を続けている。彼のハングリー精神は衰えることを知らず、音楽的な影響を地球の果てまで広げ続けている。近い将来、もっとグッドなヒップホップ・ミュージックがあなたの手元に届くだろう。

http://twitter.com/#!/WILDELUX

https://www.facebook.com/Willylux

https://soundcloud.com/wildelux

http://www.youtube.com/user/WDX718

http://www.instagram.com/wildelux

 

更新日:2024/02/26

  • Club METRO
    〒606-8396
    京都市左京区川端丸太町下ル下堤町82
    恵美須ビルB1F(京阪神宮丸太町駅2番出口)
  • 075-752-4765
HEAD OFFICE

Zac Up Co,LTD

〒606-8396 京都市左京区川端丸太町下ル下堤町82 恵美須ビル2F 東
Tel: 075-752-2787 Fax: 075-752-2785

PAGE TOP