2/16 Sat. COSMIC WORLD presents dear -Frank Muller Japan Tour- Supported by AKAI Professional

22:00-

ADV ¥1,500(+1D)

DOOR ¥2,000(+1D)

*One drink service for tourist & student

Techno

Special Guest DJ:

Frank Muller aka Beroshima (from Berlin) Guest DJ: Yuri Urano

Hardware Live (FORCE):

Ken’ichi Itoi

DJ:

SHIN (STEREO SYSTEM/TOTAL AGE)

TAMAI-I

TENKUMO (ContaKt)

DJ AKIKO

and more... Supported by AKAI Professional, CORONA Extra

テクノ大国ベルリンの重要人物「Frank Muller」がついにMETROに登場!プロデューサーとして、DJとして、ライブPAとしてベルリン・シーンの屋台骨として90年代から活動を続けているFrank Muller。テクノバンド「Beroshima」ではウルリッヒ・シュナウスも交えるなど幅広いスタイルで現在に至るまで第一線で活躍、レーベルオーナーとしてもACID ORANGEやMuller Recordsなどを成功に導きその手腕を遺憾なく発揮する紛うことなき才人が降臨! そして関西発で[shrine.jp]、[MYTH]レーベルを主宰する関西電子音楽界の大立物「Ken’ichi Itoi」が、AKAI Professionalからリリースされるやいなやクリエーターから熱い注目を集めている最先端音楽制作/DJパフォーマンスシステム「Force」のみを使用したテクノセットでの初ライブを披露!さらに、ディープなインダストリアル・テクノ・サウンドで甘美なイノセンスを放出し、ドイツやイギリスなど海外でも活躍の場を広げる注目の次世代新悦女性プロデューサー「Yuri Urano」も召還! メトロをメトロたらしめる実力派DJによるテクノパーティ『dear』と大阪の『COSMIC WORLD』のコラボでサポート万全!チャージ設定も破格な当夜、見逃し厳禁の貴重な夜です!

ARTIST INFO

Frank Muller aka. Beroshima ( muller records, acid orange, cocoon, soma , mad musician)

プロデューサ、DJ,Live P.A,としてベルリンのシーンのCPUとして90年代初頭から活動を続けているFrank Muller aka Beroshima.Beroshima名義のテクノデュオにはウルリッヒ・シュナウスも交える事もあり現在に至るまで第一線で活躍をする。またレーベルオーナーとしても、ACID ORANGEを筆頭に、Muller Records等を成功に導き、初期のSonar Festivalにおいてクラフトワークと、Jeff Milllsの間のライブセットを務め上げた。2007年、Cocoonより発売された”Horizon”は、Cocoonで最多のセールスを記録。Francois.K, Danny Howells, Sven Vath,Technasia達により、mix CDにコンパイルされる等して同年Ibizaのbest trackに選出された。このリリースを皮切りにハウスマーケットにも支持される様になりNic Fanciulli,Sasha,James Zabielaのプレイリストにも頻繁に名前が出る様になり翌年リリースされた”Moonraker Ep”は北ヨーロッパのメディアにベスト・ハウスプロダクションとして選定される。最近の活動としては一昨年のGem Recordsへのremixがbeatportで1位を獲得、また唯一ミュージックキュレータとクラブをもつ世界ホテルチェーンW Hotelのノベルティレコードに自身のトラックが選出された。映画のサウンドトラック提供にもフィールドを広げ、今年はクローズで注目を浴びたFabric Londonサイトが行ったMarcel Dettmanへのインタビューの中で、最も影響を受けた10アーティストに名前を連ねる。2019年は、Dystopianからのリリースが決まっており、ベルグハインのレジデントも務めるRodhad,Somewhenがremixerで付いている。

Ken'ichi Itoi PsysEx(サイセクス)名義でポリリズムをテーマにアルバム6作品、12インチ3作品、カセット1作品を発表してきた。リミックスワーク、コンピレーション参加、別名義での活動等、多数リリースに関わってる。細野晴臣氏のレーベルからのアルバムリリースやAtom™、Alva Noto、Ovalとのコラボレーション作品がトピックといえる。1997年 京都発アドバンスドレーベルshrine.jp(シュラインドットジェイピー)を発足。2016年 ダンスミュージックに特化するサブレーベルMYTH(ミス)を発足。2017年 本人名義によるshrine.jp20周年記念作品「EXN(縁)」をリリース。今回のライブはAKAI Professionalからリリース間もないFORCEのみでのテクノセットで臨む。

Yuri Urano

1993年生まれ。大阪出身。

インダストリアルなテクノサウンドと自身の声や自然音をブリコラージュさせた独特の世界観を武器に注目が集まる新悦女性プロデューサー。Yullippe名義でのソロプロジェクトも行っている。

2018年1月、次世代エレクトロニック・クリエイターオーディション「INTERLUDE from TDME」でグランプリを獲得。同年4月、なんばHatchにて開催されたライブイベントではRyoji IkedaやRADIQらと共演。9月、イギリスのCPU Recordsから自身のキャリア初となる12インチ『Autline』、そして自主レーベルYLより第一弾となる『Reed』をリリース。

TEDxKobeへの楽曲提供や、「The Star Festival 2017 ""RBMA presents トワイライト・ゾーン""」にて、謎のセレクター""Ghost Selectors""としてDJ出演するなど、その多才さを様々なフィールドで発揮。 日本国内のみならず、ドイツやイギリスなどの海外公演をはじめ、グローバルに活動の幅を広げている。

SHIN (STEREO SYSTEM/TOTAL AGE) 京都をベースとした地元密着型の活動歴は15年を超え、過去には自身のメインパーティーとして2000年代京都HOUSE/TECHNOシーンを代表するパーティーの一角を担った『STEREO SYSTEM』をWORLD/LAB.TRIBEで主催。その他、規模を問わず様々なパーティーへの出演で培われた経験を元に、これまでに世界中のトップアーティスト達と数多く共演。ソリッドかつエッジの効いた楽曲とNEW WAVEや近年のElectro Technoサウンド等をMIXするスタイルで攻め続けているはず。2016年に世代交流パーティー『TOTAL AGE』をMETROにて新たに立上げ、単純に楽しいだけで終わるのではなく世代がクロスオーバーしながら交流が生まれるパーティーを展開していく事で、クラブカルチャーを衰退させる事なくホンモノを絶やす事なく更なる拡大を期待すると共に、文化としての水準向上と、音楽 映像 空間 etc…の様々な分野のアーティストが出会い、また刺激し合いながら成長し合う事を願っている。イベントは嫌。パーティーが好。 I like Boon Boon BASS ! I Need Happy times ! Can't live without good vibes and many friends !!

HOW TO BUY TICKET

ADV ¥1,500(ドリンク代別途)

DOOR ¥2,000(ドリンク代別途)

*One drink service for tourist & student

※前売りメール予約:

<ticket@metro.ne.jp>で、前売料金にてのご予約を受付けています。

前日までに、件名を「2/16 フランク・ムラー 前売予約」とし、

お名前と枚数を明記してメールして下さい。

SPECIAL EVENT
SHARE IT WITH YOUR FRIENDS💛
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square