11/8 Fri. TAKKYU ISHINO IN KYOTO METRO supported by COCALERO, NUSA CANA

 

22:00-

 

前売¥3,000 ドリンク代別途

当日¥3,500 ドリンク代別途

 

 

SPECIAL GUEST DJ:

TAKKYU ISHINO

 

GUEST DJ:

Aspara

 

VJ:

CRACKWORKS

 

PA:

Naoya Tokunou

supported by COCALERO, NUSA CANA

 


 
 

 

2017年末にアルバム “ACID TEKNO DISKO BEATz”とさらにそれまでのソロワークを8枚組CDという特大ボリュームでまとめた “Takkyu Ishino Works 1983~2017”を同時リリース、2019年6月より5週連続でシングルを配信リリースするという圧倒的な音楽へのバイタリティ、電気グルーヴの活動と並行しながら日本のテクノシーン黎明期よりDJ/アーティストとしても先駆者として牽引し続け、今なお絶大な人気を誇る不動のカリスマであり日本が世界に誇るテクノ・マエストロ「石野卓球」が1年と約10ヶ月ぶりに京都METROに降臨!!!WIREやLove Paradeのような巨大レイブパーティーから地下深くのアンダーグラウンドまで、あらゆる場所をまるごと鷲掴みにするその無尽蔵のエネルギーと唯一無二のプレイを体感せよ!!!

ゲストには、洗練されウィットに富んだ知性溢れる存在感を放ちつつも昨年発表された高速マシーン・テクノMix “蘭丸”でその殺傷能力も存分に発揮しさらに注目を集め、先鋭的な若きアーティスト達からの支持と信頼を一身に集めるDJ「ASPARA」が登場!VJにはメトロが誇るダンス・ミュージック・パーティ[nebula]等でも活躍し超高次元空間を生み出す「CRACKWORKS」!そしてPAには、石野卓球/電気グルーヴの作品においてミックスやマスタリング等を手掛け、時代を彩る作品には必ずその名が刻まれているエンジニア「得能直也」!盤席の布陣で『TAKKYU ISHINO IN KYOTO METRO』開催!

尚、当日はフェスやパーティの新定番となりつつあるリキュールCOCALERO、同じく話題のラムNUSA CANAの特設バーも登場。

ARTIST INFO

 

 

石野卓球 | Takkyu Ishino

www.takkyuishino.com
 

1989年にピエール瀧らと"電気グルーヴ"を結成。1995年には初のソロアルバム『DOVE  LOVES DUB』をリリース、この頃から本格的にDJとしての活動もスタートする。1997年からはヨーロッパを中心とした海外での活動も積極的に行い始め、1998年にはベルリンで行われる世界最大のテクノ・フェスティバル"Love Parade”のFinal Gatheringで150万人の前でプレイした。1999年から2013年までは1万人以上を集める日本最大の大型屋内レイヴ"WIRE"を主宰し、精力的に海外のDJ/アーティストを日本に紹介している。2012年7月には1999年より2011年までにWIRE COMPILATIONに提供した楽曲を集めたDisc1と未発表音源などをコンパイルしたDisc2との2枚組『WIRE TRAX 1999-2012』をリリース。2015年12月には、New Orderのニュー・アルバム『Music Complete』からのシングルカット曲『Tutti Frutti』のリミックスを日本人で唯一担当した。そして2016年8月、前作から6年振りとなるソロアルバム『LUNATIQUE』、12月にはリミックスアルバム『EUQITANUL』をリリース。
2017年12月27日に1年4カ月ぶりの最新ソロアルバム『ACID TEKNO DISKO BEATz』をリリースし、2018年1月24日にはこれまでのソロワークを8枚組にまとめた『Takkyu Ishino Works 1983~2017』リリース。現在、DJ/プロデューサー、リミキサーとして多彩な活動をおこなっている。

 

Aspara

https://www.residentadvisor.net/dj/aspara

 

石川県出身大阪府在住のテクノDJ。関西を中心に、声がかかればどこでも精力的に活動中。 2018年5月、京都 外-soto-にて開催されたワンマンに併せて「とにかく速くて強うそうな感じ」をテーマにしたテクノMixCD『蘭丸』を発表。 タイマンパーティー『HARDER』ではChangsieと3度にわたり共演。2019年4月の開催に併せてChangsie,Aspara両名によるスプリットMixCDを制作。 めっちゃ音楽が好き。

 

CRACKWORKS

 

2000年頃にデトロイト・テクノから受けた衝撃をきっかけにDJとして活動を開始し、クラブカルチャーに足を踏み入れる。映像による視覚効果への興味から、職業柄プログラミングの技術を持ち合わせていたこともあり、ProcessingやTouch Designerを使用し制作した映像を取り入れたVJとしての活動も開始。2016年、大阪を拠点に活動を展開する、DJ、VJ、グラフィックデザイナー、フォトグラファーが集まり発足したSiiNEに、オーガナイザーのRyu.Kの誘いを受けVJとして加入。VJ、DJとしてマルチに活動を展開している。

 

得能直也 | Naoya Tokunou

https://naoyatokunou.com/

 

1979年北海道網走市生まれ。 日本工学院八王子専門学校卒。
1999年に世田谷ハートビートレコーディングスタジオでエンジニアとしてのキャリアをスタート。アナログ・サウンドをこよなく愛するヴァイナル・リスナーでもあり、ダンスミュージックの作品や現場の日々進化する低音の現代的な音響に精通。バンドサウンドにおいても、一音一音、そこに込められた意図や意味を含め、最良の状態でキャッチする技術とセンスを日々探求している。
2009年にフリーランスとなり、現在は京都を拠点に、作品、現場を横断しながら、レコーディングミキシングエンジニア、ライブPA、マスタリングと、柔軟かつ多角的にアーティストと関わることが多い。(Written by Yu Onoda)

手がけたアーティスト
Alfred Beach Sandal / beipana / Blast Head / cero / CALM / Japanese Synchro System / KEITA SANO / LUCKY TAPES / LUVRAW&BTB / MOCKY / MONKEY TIMERS / Pepe California / THA BLUE HERB / The Backwoods / The Bedroom Tape / Traks Boys / TUCKER&エマーソン北村 / VIDEOTAPEMUSIC / YOUR SONG IS GOOD / XTAL / 石野卓球 / 禁断の多数決 / (((さらうんど))) / 電気グルーヴ / ザ・なつやすみバンド / 七尾旅人 etc…

 

 

HOW TO BUY TICKET

 


前売¥3,000 ドリンク代別途  
当日¥3,500 ドリンク代別途

早割¥2,500 ドリンク代別途 ←受付終了

----------------------------------------------------------------
<一般PG前売>
チケットぴあ (Pコード:163-454) 
ローソンチケット (Lコード:52802)
e+ ( https://bit.ly/2P5y94o )
----------------------------------------------------------------
※前売りメール予約:
  上記早割チケット期間以降は、前売予約として、
  <ticket@metro.ne.jp>で、前売料金にてのご予約を受け付けています。
  件名を「11/8 石野卓球 前売予約」とし、お名前と枚数を明記して送信して下さい。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

SPECIAL EVENT
Please reload

SHARE IT WITH YOUR FRIENDS💛
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square