12/11 Wed. GROUP 3rd Album 『mikazuki』Release Party!

 

Open18:30/Start19:30

 

 

前売¥2,500 ドリンク代別途

当日¥3,000 ドリンク代別途

 

 

LIVE :

GROUP

空間現代

DJ :
SINKICHI (CHURASHIMA NAVIGATOR)

 

 

 

日本のポストロックの先駆者であり、インストゥルメンタル・バンドとしてシーンを牽引した「GROUP」。歌心あふれるエモーショナルな音楽で多くのファンを魅了してきた彼らが、じつに15年ぶりとなるニュー・アルバム(通算第3作)『mikazuki』をリリース。有機的に絡み合う、情感あふれる2本のギター、ときに清々しい表情を見せる、むせび泣く2本の管、繊細かつダイナミックに躍動するドラム&ベース……。計り知れない訴求力をもって迫ってくる、ひたすらにすばらしいファン待望の傑作を引提げて、京都の地でリリースパーティーを開催!

共演には、京都を拠点とし海外ツアーも積極的に行い、リミックス・アルバムへの参加から坂本龍一とのコラボレーション作品を実現、さらに最新アルバムをEditions Mego(オーストリア)傘下のIdeologic Organ(SUNN O)))のStephen O'Malley主宰レーベル)より『PALM』をリリースした「空間現代」、ex.AOA、ex.SOFT、現在は CHURASHIMA NAVIGATOR として活躍する「Sinkichi」もDJとして参戦。

ARTIST INFO

 

GROUP

 

トランペット、ソプラノ・サックス、ギター×2、ベース、ドラムから成るインストゥルメンタル・バンド。2001年に内田直之(LITTLE TEMPO、OKI DUB AINU BAND等)の録音&ミックスによる1stアルバム『RECORD』(WEATHER/P-VINE)でデビュー。叙情と緊張感が同居したエモーショナルな音楽で多くのファンを魅了し、国内各所でのイベントに出演する。Tortoise等、海外からのツアーバンドのフロントアクトを務め、その後、コンピレーションCDへの参加や映画音楽(映画「ピンポン」等)への楽曲提供などを経て、2004年に2ndアルバム『Before Turning Off the Light』(P-VINE)をリリース。その後も活動は継続されたが、度々のメンバーチェンジもあり、今年4月にリリースされた待望のニューアルバム『mikazuki」(P-VINE)の発表は実に15年ぶりのアルバムとなった。

現在のメンバーは、タケヒサ(ギター)、イシカワ(ペース)、テツロウ(ドラムス)、ハンチョー(トランペット)、ケンジー(ソプラノサックス)の5人。タケヒサ(竹久圏)は90年代から活動しているDUO編成のロックバンド”KIRIHITO”のギターボーカルでもあり、その唯一無比のギターサウンドは今だに色褪せず進化を続けている。イシカワ(石川陽太郎)はサンプラーを駆使したベースソロでのライブ活動も精力的に行っている。テツロウ(藤巻鉄郎)は即興演奏でのライブ活動の他、ギタリスト加藤崇之との"エレクトリック渦"、1tuba,2percussionのユニット"歌女"等に参加中。トランペットのハンチョー(松本浩典)は今谷忠弘を中心としたユニット"ホテルニュートーキョー"でも活躍中。ソプラノサックスのケンジー(本澤賢士)は"mouse on the keys"にサックス奏者として参加中。また、チェロ奏者とのDUO編成のユニット"TORSO"のデビューアルバム(アナログ盤)をリリースしたばかり。

尚、七夕に開催されたリリースパーティー"Milky Way Rendezvous"(代官山UNIT)からサポートギタリストとして田島拓(cooking songs)が加わり、より強力な布陣での京都ツアーとなる。
GROUPという名のGROUP。
https://groupnamedgroup.com

空間現代

 

2006年、野口順哉(Gt,Vo)、古谷野慶輔(Ba)、山田英晶(Dr)の3人によって結成。編集・複製・反復・エラー的な発想で制作された楽曲をスリーピースバンドの形態で演奏。これによるねじれ、負荷がもたらすユーモラスかつストイックなライブパフォーマンスを特徴とする。2016年、スタジオ兼ライブハウス「外」を京都市左京区に開場。7年ぶりのオリジナルアルバム『PALM』を、Editions Mego傘下、SUNN O)))のStephen O'Malley主宰レーベルIdeologic Organより4月26日発売。http://kukangendai.com

 

 

SINKICHI
(budryukyu label/Churashima Navigator/Isatooment)

 

DJ / Procucer / Remixer / Mastering, Recording and Mixing engineer

1970年、日本の京都生まれ。サッカー少年として成長したSINKICHIは理不尽な日本特有の管理主義教育への疑問から核や差別等の社会問題へ関心を抱くようになり、パンク/ハードコアを聴き始め、15歳でドラムスを始める。1990年に訪れたUKでレイブカルチャーとエレクトリックミュージックの洗礼を受け、シンセサイザーやテープループやプログラミングに取り組み、90年代後半から00年代前半は日本のダンスミュージックシーンをけん引したSOFTとAOAの中心メンバーとして活躍、数多くの作品をリリースする。同時期にDJとして本格的に活動をはじめ、数多くのクラブやパーティーにてプレイを行う。00年代後半、沖縄へ移住し沖縄民謡に衝撃を受けた彼は、沖縄ネイティブの音とダンスミュージックを融合すべくレーベル“budryukyu"やバンド“CHURASHIMA NAVIGATORを始動する。近年は国内のみならず海外にも活動の幅を拡げ、2015年にはトルコの「YAKAZA ENSEMBLE」のリミックスをリリース、2016年は世界ウチナーンチュ若者大会の公式PVの音楽をジャパニーズラッパーAwichと共同制作する。2017年、CHURASHIMA NAVIGATORとしてタイ~モンゴルツアーを敢行し、平行してアジア各地にてDJツアーを行い、各国でのファンベースを確実に築いていく。そして2018年、ついにCHURASHIMA NAVIGATOR 1stアルバム「LIFE IS TREASURE」をリリース、その温故知新かつアッパーなダンスミュージックが耳の肥えたリスナーたちに衝撃と刺激を与えた。その他、別名義「Isatooment」やマスタリングエンジニアとして様々なプロジェクトに関わり、精力的に活動中。 ジャンルやBPMは関係なく、どの場面でもSINKICHIの音だと分かる独特のDJプレイ。まるで時空を超えた音楽による世界一周旅行のようであり、最新のダンストラックをプレイしながらも、オーディエンスに自分のルーツとソウルを探求させるべく圧倒的な力を持ち続ける。

​HOW TO BUY TICKET

 

 

前売¥2,500 ドリンク代別途

当日¥3,000 ドリンク代別途

--------------------------------------

<前売りメール予約>


<ticket@metro.ne.jp>で前売メール予約を受付いたします。件名を「12/11 GROUP 前売予約」とし、お名前、枚数を記載の上送信して下さい。
--------------------------------------


 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

SPECIAL EVENT
Please reload

SHARE IT WITH YOUR FRIENDS💛
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square