イベントを読み込み中
  • このイベントは終了しました。
3/
07
(日)

Demsky x omni sight tour in Kyoto 2021

OPEN:15:00 | DOOR : ¥2,300 +1drink fee
ELECTRONICAHOUSEMINIMALTECHNO

Act :
Demsky
omni sight feat. S1 Murakami

Special guest dj :
AOKI takamasa

Dj :
Masaki Tamura(DoitJAZZ)
soO

Vj :
CRACKWORKS

FOOD:
明ヶ粋ヶ(ajinokousaten)

京都アンダーグラウンドの気鋭エレクトロユニット「omni sight」が東京在住のカナダ人トラックメイカー「Demsky(デムスキー)」を招聘しパーティーを開催。
過去には日本のポストロックの重要バンドROTH BART BARONのベーシストとしても活動していたDemskyは、日本の朝霧ジャムからヨーロッパ、カナダなど数え切れないほどのツアーを経験。このコロナ渦の中、オンライン上での出会いを経てomni sightと共鳴。東京、京都、和歌山、東西3箇所でスプリットツアーを行う。その京都篇は、老舗CLUB METROにて、AOKI takamasaをゲストに迎え、京都ローカルの精鋭DJ、Masaki Tamura(DoitJAZZ)、 soO、空間演出にVJのCRACKWORKSらと共に、高解像度でクロスオーバーな夜を演出します。

2021/3/07 - - OPEN:15:00
DOOR : ¥2,300 +1drink fee


ARTIST INFO

Demsky (デムスキー)

東京在住のカナダ人トラックメイカー。
過去には日本のポストロックの重要バンド、ROTH BART BARONのベーシストとしても活動していたマルチアーティスト。そのサウンドは、Tycho、Lemon Jellyなどのアーティスト、またビートメイキング・ポストロックシーンから多くのインスピレーションを得ながらも独自の世界観を創り出している。 朝霧ジャム(日本)、Zizkovska Noc(チェコ)、Tone River Jam(日本)、Come Together Music Festival(カナダ)などの音楽フェスに出演し、ヨーロッパ、日本、カナダで数え切れないほどのツアーを経験。彼の音楽は、ドキュメンタリー番組のDescending(カナダ)をはじめとする様々なメディアで使用され、Ramen Adventuresを含む多数のYouTuberにも音楽提供、多岐にわたる活動を展開。

omni sight

2013年、シネマティック・インストバンドL.E.D.のリーダーでベーシストの佐藤元彦、BOOM BOOM SATELLITESやORIGINAL LOVEなど様々なアーティストやバンドのドラマーとして活躍してきた平井直樹により京都で結成されたユニット”omni sight (オムニサイト)”コズミックで浮遊感あるサウンドスケープに生ドラムとベースによる有機的で強力なビートを織り込んだ実験的かつフロアライクな音場を創出。
ダンスミュージックでありながらもエレクトロニカなどの音響的なアプローチを施した緻密で独自なダイナミクスを表現する。

2015年9月、井上薫氏(a.k.a. Chari Chari) によるremix含む全8曲収録のファーストアルバム”eternal return”を京都の電子音響レーベル、night cruisingよりリリース。
関西を中心に各地でライブを展開し、タイのCat FOODIVAL、台湾のUrban Nomad Music Festival、We Are South、韓国Zandari Music Festival 、モンゴルの大型野外フェスPlaytime Festivalへも出演。 国内外で精力的な活動を展開している。

2年ぶりとなる新作『CROSS POINT』は、自主レーベル “FlightWorks”からの初リリースとなる4曲入りEP。同じく京都アンダーグラウンドシーンにおける異彩ユニット UCND、Kobeta Pianoの鍵盤奏者にしてmoog oneの名手、 Shoichi Murakamiとセッションマンとしてあらゆるフィールドでキャリアを積んできたSax、Shohei Nakamuraを迎え、これまでのAmbientやDub、Cillout要素に加えR&BやHip Hop、Jazzなどの黒いGrooveを大胆に取り入れた意欲作。京都から全世界のダンスフロアに向けた最新系 Japan crossover sound ここに完成!

AOKI takamasa

1976年大阪府出身。2001年初頭に自身にとってのファースト・アルバム 『SILICOM』をリリースして以来、LIVE, DJ、楽曲制作を中心に国際的な活動を続ける。2004年~2011年はヨーロッパに拠点を置き、2011年に帰国。国内外のアーティストのremix, プロデュース、ミキシングも担当。Bun/Fumitake Tamuraとのユニット”Neutral”での活動も進行中。写真家としても活動。

AOKI takamasa was born in 1976 and raised in Osaka, JP.
Since releasing his first album, SILICOM, in 2001, he’s worked internationally as a producer, live performer, and DJ.
Between 2004-2011, he was based in Europe before returning to Japan in 2011. Since then he has done several remixes for both international and domestic artists, undertaking the production and mixing as well.
He is currently part of the unit “Neutral” along with Bun/Fumitake Tamura. He also works as a photographer.

https://instagram.com/aokitakamasa/

Masaki Tamura(Do it JAZZ! / KJCC)

DJ / Architect

17年目を迎える京都を代表するJAZZ / CROSSOVERイベント”Do it JAZZ!”を主宰。生ジャズ、ソウル、ファンクからハウス、ブロークンビーツ、ニューエイジ、和モノまで独自のクロスオーバースタイルを確立しジャンル、世代、シーンを選ばないフロアメイク術も高く評価される京都シーンをリードするDJのひとりであり、ホテル・ラウンジ・レストランの音楽設計・サウンドサポートも行う等、京都・大阪・東京を中心に活躍。 Gilles Petersonがスタートしたオンライン・ラジオステーション”Worldwide FM”の 京都サテライト”WW KYOTO”のDJを務め世界へ音楽を発信中。また東京発のインディペンデントラジオ「Tsubaki fm」京都支部を担当し、東京・金沢・広島・京都のツアーも行い好評を得る。2021年は「Jazz」と「京都」をフィルターにして活動するクリエイティブ・チーム「Kyoto Jazzy Creative Council」を沖野修也・Yukari BBと共に結成。Jazzy Sport KyotoからJazzに特化したMix CD 「POWER JAZZ」をリリース。また一級建築士としての顔も持ち、ならではのデザインセンス、クリエイティビティを反映させたトラックメイカー名義の「Mark N」としてのリリースも重ねる。

 

Masaki Tamura runs Kyoto’s leading jazz and fusion event ‘Do it JAZZ!’ and has recently launched a new platform ‘KJCC’ with Shuya Okino, Yukari BB, and others, spinning sounds from Broken Beats and New Age, to Japanese Groove in all directions.

 

DoitJAZZ! WEB : http://www.doitjazz.jp/

Soundcloud : https://soundcloud.com/doitjazz

soO

前身となったのは、現在も京都の「CLUB METRO」で開催されているレギュラーパーティー「seQuence」。オランダのエレクトリック・ハウスやコズミック・テクノの良作を揃えるレーベル”Ballyhoo”からのリリースや、ポスト・エレクトロサウンドを提唱して京都のシーンを盛り上げる”sintaro fujita”。御三家、”Drumcode”、”Suara”と並ぶテクノレーベル”Tronic”からのリリース、”soO”のサウンドエンジニアリングも手がける、”HISASHI AOCHI”。SNSなどでも常に注目を集める人気レーベル、”tofubeats”率いる”HIHATT”からのリリースや、「CLUB METRO」の制作も手がけ数々のパーティーを支えてきた、ライブセットが強みの”CeeeSTee”。それぞれ大きく異なった、バックボーンを持った3人が「seQuence」での共演をキッカケに結成。2020年5月、COVID-19で世界が苦境を強いられる最中、ファーストEP『session 00』をリリース。コレクティブとしてのローンチを発信した「まるで一晩を通した体験ができる」バーチャルパーティーを各ホームスタジオから配信、話題を呼ぶ。

CRACKWORKS

2000年頃にデトロイト・テクノから受けた衝撃をきっかけにDJとして活動を開始し、クラブカルチャーに足を踏み入れる。映像による視覚効果への興味から、職業柄プログラミングの技術を持ち合わせていたこともあり、ProcessingやTouch Designerを使用し制作した映像を取り入れたVJとしての活動も開始。2016年、大阪を拠点に活動を展開する、DJ、VJ、グラフィックデザイナー、フォトグラファーが集まり発足したSiiNEに、オーガナイザーのRyu.Kの誘いを受けVJとして加入。
VJ、DJとしてマルチに活動を展開している。

  • Club METRO
    〒606-8396
    京都市左京区川端丸太町下ル下堤町82
    恵美須ビルB1F(京阪神宮丸太町駅2番出口)
  • 075-752-4765
HEAD OFFICE

Zac Up Co,LTD

〒606-8396 京都市左京区川端丸太町下ル下堤町82 恵美須ビル2F 東
Tel: 075-752-2787 Fax: 075-752-2785

PAGE TOP