イベントを読み込み中
  • このイベントは終了しました。
3/
07
(日)

Demsky x omni sight tour in Kyoto 2021

OPEN:15:00 | DOOR : ¥2,300 +1drink fee

Act :
Demsky
omni sight feat. S1 Murakami

Special guest dj :
AOKI takamasa

Dj :
Masaki Tamura(DoitJAZZ)
soO

Vj :
CRACKWORKS

FOOD:
明ヶ粋ヶ(ajinokousaten)

京都アンダーグラウンドの気鋭エレクトロユニット「omni sight」が東京在住のカナダ人トラックメイカー「Demsky(デムスキー)」を招聘しパーティーを開催。
過去には日本のポストロックの重要バンドROTH BART BARONのベーシストとしても活動していたDemskyは、日本の朝霧ジャムからヨーロッパ、カナダなど数え切れないほどのツアーを経験。このコロナ渦の中、オンライン上での出会いを経てomni sightと共鳴。東京、京都、和歌山、東西3箇所でスプリットツアーを行う。その京都篇は、老舗CLUB METROにて、AOKI takamasaをゲストに迎え、京都ローカルの精鋭DJ、Masaki Tamura(DoitJAZZ)、 soO、空間演出にVJのCRACKWORKSらと共に、高解像度でクロスオーバーな夜を演出します。

2021/3/07 - - Open:15:00
DOOR : ¥2,300 +1drink fee


ARTIST INFO

Demsky (デムスキー)

東京在住のカナダ人トラックメイカー。
過去には日本のポストロックの重要バンド、ROTH BART BARONのベーシストとしても活動していたマルチアーティスト。そのサウンドは、Tycho、Lemon Jellyなどのアーティスト、またビートメイキング・ポストロックシーンから多くのインスピレーションを得ながらも独自の世界観を創り出している。 朝霧ジャム(日本)、Zizkovska Noc(チェコ)、Tone River Jam(日本)、Come Together Music Festival(カナダ)などの音楽フェスに出演し、ヨーロッパ、日本、カナダで数え切れないほどのツアーを経験。彼の音楽は、ドキュメンタリー番組のDescending(カナダ)をはじめとする様々なメディアで使用され、Ramen Adventuresを含む多数のYouTuberにも音楽提供、多岐にわたる活動を展開。

omni sight

2013年、シネマティック・インストバンドL.E.D.のリーダーでベーシストの佐藤元彦、BOOM BOOM SATELLITESやORIGINAL LOVEなど様々なアーティストやバンドのドラマーとして活躍してきた平井直樹により京都で結成されたユニット”omni sight (オムニサイト)”コズミックで浮遊感あるサウンドスケープに生ドラムとベースによる有機的で強力なビートを織り込んだ実験的かつフロアライクな音場を創出。
ダンスミュージックでありながらもエレクトロニカなどの音響的なアプローチを施した緻密で独自なダイナミクスを表現する。

2015年9月、井上薫氏(a.k.a. Chari Chari) によるremix含む全8曲収録のファーストアルバム”eternal return”を京都の電子音響レーベル、night cruisingよりリリース。
関西を中心に各地でライブを展開し、タイのCat FOODIVAL、台湾のUrban Nomad Music Festival、We Are South、韓国Zandari Music Festival 、モンゴルの大型野外フェスPlaytime Festivalへも出演。 国内外で精力的な活動を展開している。

2年ぶりとなる新作『CROSS POINT』は、自主レーベル “FlightWorks”からの初リリースとなる4曲入りEP。同じく京都アンダーグラウンドシーンにおける異彩ユニット UCND、Kobeta Pianoの鍵盤奏者にしてmoog oneの名手、 Shoichi Murakamiとセッションマンとしてあらゆるフィールドでキャリアを積んできたSax、Shohei Nakamuraを迎え、これまでのAmbientやDub、Cillout要素に加えR&BやHip Hop、Jazzなどの黒いGrooveを大胆に取り入れた意欲作。京都から全世界のダンスフロアに向けた最新系 Japan crossover sound ここに完成!

AOKI takamasa

1976年生まれ。大阪府出身。2001年初頭に自身にとってのファースト・アルバム『SILICOM』をリリースして以来、LIVE, DJ、楽曲制作を中心に国際的な活動を続ける。2004年~2011年はヨーロッパに拠点を置き、2011年に帰国。国内外のアーティストのremix、プロデュース、ミキシングも担当。Bun/Fumitake TamuraとのユニットNeutralでの活動も進行中。写真家としても活動。

http://www.aokitakamasa.com/
https://soundcloud.com/aoki-1
https://aokitakamasa.bandcamp.com/
https://www.instagram.com/aokitakamasa/

Masaki Tamura

DJ / Architecture Designer。2003年に活動開始以降、新譜・旧譜問わずJAZZを軸とした選曲を得意とし、京都を代表するJAZZ / CROSSOVERイベント”Do it JAZZ!”を中心にDJを行い、LIVEアーティストからの信頼も厚く、選曲の幅を生かしホテル、ラウンジ等のサウンドサポートも行う等、京都・大阪・東京を中心に活躍。 Gilles Petersonがスタートしたオンライン・ラジオステーション”Worldwide FM”の 京都サテライト”WW KYOTO”のDJをKyoto Jazz Massive沖野修也氏と務め、日本の音楽を毎月第二月曜日に世界へ発信中。

DoitJAZZ! WEB : http://www.doitjazz.jp/
Soundcloud : https://soundcloud.com/doitjazzhttps://soundcloud.com/doitjazz

soO

前身となったのは、現在も京都の「CLUB METRO」で開催されているレギュラーパーティー「seQuence」。オランダのエレクトリック・ハウスやコズミック・テクノの良作を揃えるレーベル”Ballyhoo”からのリリースや、ポスト・エレクトロサウンドを提唱して京都のシーンを盛り上げる”sintaro fujita”。御三家、”Drumcode”、”Suara”と並ぶテクノレーベル”Tronic”からのリリース、”soO”のサウンドエンジニアリングも手がける、”HISASHI AOCHI”。SNSなどでも常に注目を集める人気レーベル、”tofubeats”率いる”HIHATT”からのリリースや、「CLUB METRO」の制作も手がけ数々のパーティーを支えてきた、ライブセットが強みの”CeeeSTee”。それぞれ大きく異なった、バックボーンを持った3人が「seQuence」での共演をキッカケに結成。2020年5月、COVID-19で世界が苦境を強いられる最中、ファーストEP『session 00』をリリース。コレクティブとしてのローンチを発信した「まるで一晩を通した体験ができる」バーチャルパーティーを各ホームスタジオから配信、話題を呼ぶ。

CRACKWORKS

2000年頃にデトロイト・テクノから受けた衝撃をきっかけにDJとして活動を開始し、クラブカルチャーに足を踏み入れる。映像による視覚効果への興味から、職業柄プログラミングの技術を持ち合わせていたこともあり、ProcessingやTouch Designerを使用し制作した映像を取り入れたVJとしての活動も開始。2016年、大阪を拠点に活動を展開する、DJ、VJ、グラフィックデザイナー、フォトグラファーが集まり発足したSiiNEに、オーガナイザーのRyu.Kの誘いを受けVJとして加入。
VJ、DJとしてマルチに活動を展開している。

PICK UP EVENT
7/
11
(日)

Gift

METRO rogo

  • Club METRO
    〒606-8396
    京都市左京区川端丸太町下ル下堤町82
    恵美須ビルB1F(京阪神宮丸太町駅2番出口)
  • 075-752-4765
HEAD OFFICE

Zac Up Co,LTD

〒606-8396 京都市左京区川端丸太町下ル下堤町82 恵美須ビル2F 東
Tel: 075-752-2787 Fax: 075-752-2785

PAGE TOP