イベントを読み込み中
1/
13
(金)

KiliKiliVilla presents Space Kelly Japan Tour 2023

OPEN:18:30 | START 19:00 | 前売¥5,000 ドリンク代別途 | 当日¥6,000 ドリンク代別途 |

LIVE:
Space Kelly
BLUEVALLEY (rhythmbox unit set)
カジヒデキ(ソロ)
松田CHABE岳二(ソロ)

DJ:
DAWA (FLAKE RECORDS)

6年ぶりのアルバム『Come To My World : a tribute to SARAH』をリリースしたSpace Kellyの来日が決定!

ギター・ポップ・シーンで長く活動を続けているSpace Kellyが自身のルーツに立ち返り、UKインディー・シーン伝説のレーベルSARAH RECORDSに残された数々の名曲をカバー、このアルバムのツアーが決定!
バックメンバーにアルバムの共同プロデューサーであるMichael Garbschがギタリストとして同行、ベースにカジヒデキ、ギターとパーカッションに松田CHABE岳二、ドラムにツナカワ (ante) を迎えたメンバーでのツアーを行います。
90年代中旬から20年以上にわたってヨーロッパのインディー・シーンで活動を続けてきたSpace Kellyが2020年のロックダウンの期間に自身のルーツを振り返った時に再発見したSARAH RECORDSの数々の音源。はじめてギターを手にした日をもう一度思い出しながら振り返った時に輝きだした珠玉の名曲の数々を中心にしたセットでの来日。

2023/1/13 - - OPEN:18:30 | START 19:00
前売¥5,000 ドリンク代別途
当日¥6,000 ドリンク代別途
<PG前売>・・・前売¥5,000 ドリンク代別途
e+ ( https://eplus.jp/sf/detail/3763440001-P0030001 )
にて11/19 10:00より発売開始


ARTIST INFO

Space Kelly

ヨーロッパを中心に90年代から活動を続ける日系ドイツ人KEN STEENのソロ・ユニット。これまでに8枚のオリジナル。アルバムと数多くのシングルをリリース、そのサウンドはいつもエバー・グリーンなインディー・ポップであり爽快でカラフルなギター・ポップ。UKインディー・シーンとは古くから交流があり、とくにティーンエイジ・ファンクラブを中心としたグラスゴーのシーンとは関係が深い。これまでに2回の国内ツアーを行っており、彼にとって日本は第二の故郷ともいえる。

BLUEVALLEY

名古屋在住のSSWミナタニキクミが、家にあった古いYAMAHAのギターとヴィンテージ・リズムボックスをきっかけに最小限の音で始めたプロジェクト。 90〜00年代のAlternative/Lo-Fi/Indie Popなどに 影響を受けたサウンドに、 少し鼻にかかった甘さを持つ特徴的な声で日本語をのせて歌う。ライブではギターとリズムボックスを使ったソロや、リードギターを加えた2人でのユニット編成、ドラムを加えたベースレスのバンド編成など、バラエティに富んだ表現方法をとっている。 2022年9月 KiliKiliVilla/bootrecより初のフル・アルバムを発売。 今回のイベントではrhythmbox unit set/2人編成で出演

カジヒデキ

1967年5月08日生まれ。千葉県富津市出身。

1986年、ゴスバンド、Neurotic Dollにベーシストとして加入し、本格的に音楽活動をスタート。

1989年9月、ネオアコースティック・バンド、BRIDGEを結成。

1990年、コンピレーション・アルバム「Fab Gear」参加を皮切りに、Crue-L RecordsやA Trumpet Trumpet Recordsなど国内のレーベルのみならず、アメリカ、フランス、スウェーデン等のインディ・レーベルのコンピレーションに参加し、世界中のインディ・ポップ・ファンから注目を集める。

1992年11月、Trattoriaレーベルよりデビュー。2枚アルバムをリリース後、1995年に解散。

1996年「MUSCAT E.P.」でソロ・デビュー。

1997年1月に発表したファースト・アルバム「MINI SKIRT」では、世界的なブームになる直前のスウェーディッシュポップの要素を取り入れ、30万枚を超える大ヒットを記録するなど90年代の渋谷系を牽引した。

その後もトーレ・ヨハンソン、エッグストーン、パステルズ、ベルトラン・ブルガラらと制作した作品を発表するなど自身のルーツとなるネオアコースティック|ニューウェイブ|ポストパンクをベースに音楽的な領域を拡げている。

2008年には映画「デトロイト・メタル・シティ」の音楽を担当。主題歌「甘い恋人」がスマッシュヒットする。

イベント「BLUE BOYS CLUB」主宰、渋谷のラジオでのレギュラー・パーソナリティ、音楽フェス「PEANUTS CAMP」キュレーションなど、 音楽の紹介者としても幅広く活躍中。

最新アルバムは2018年にリリースした18枚目のアルバム「GOTH ROMANCE」。

hidekikaji.net

松田CHABE岳二

1970年、広島県生まれ。ソロ・プロジェクトのCUBISMO GRAFICO、バンド・スタイルのCUBISMO GRAFICO FIVE、キーボーディスト・堀江博久とのユニット、ニール&イライザ、DJ、リミキサーとして活躍中。また、FRONTIER BACKYARD、LOW IQ 01のライブバンドMASTERLOW, BACK DROP BOMB等のサポートも務める。2001年には、映画『ウォーターボーイズ』の音楽を手掛け、第25回日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞。昼間は原宿で〈kit gallery〉を主宰。夜は渋谷〈Organ Bar〉、三宿〈Web〉などCLUBでのDJで現場を大切にした活動を展開。2015年の夏からは紗羅マリーとのバンドLEARNERSで活発に活動中。

DAWA (FLAKE RECORDS)

1973年生まれ、大阪府出身。大阪・南堀江のレコードショップFLAKE RECORDS代表。愛称は「DAWA(ダワ)」。
2006年に開店し、店内にある商品のポップ原稿を全て自らで手がけ、 自主レーベル「FLAKE SOUNDS」を主催し、さらに自主イベント 「TONE FLAKES」のオーガナイズに、イベントDJまで 仕事は多岐に渡る。FLAKE RECORDSは関西の音楽発信の場としても注目され、海外でも「息を呑むほど素晴らしい死ぬまでに行くべき27のレコードストア」にも選出されている。

  • Club METRO
    〒606-8396
    京都市左京区川端丸太町下ル下堤町82
    恵美須ビルB1F(京阪神宮丸太町駅2番出口)
  • 075-752-4765
HEAD OFFICE

Zac Up Co,LTD

〒606-8396 京都市左京区川端丸太町下ル下堤町82 恵美須ビル2F 東
Tel: 075-752-2787 Fax: 075-752-2785

PAGE TOP