イベントを読み込み中
2/
18
(土)

atraktor

OPEN:22:00 | DOOR:¥2,200+1D | ADV: ¥1,800 +1D
DEEP HOUSEElectroHOUSETECHNO

DJ:
KIHIRA NAOKI
DJ LOST
BONZO
TIM
Shunpuri

VJ:
HSMR

FOOD:
カレー屋クスン

2023/2/18 - - OPEN:22:00
DOOR:¥2,200+1D
ADV: ¥1,800 +1D


ARTIST INFO

Kihira Naoki

1987年に京都でDJ活動を開始。
日本のテクノDJの第一世代として、Liqud Room(Shinjyuku, Tokyo),
Mashroom(Kyoto)等の伝説的なクラブでレジデントを努め、日本のクラブシーンを耕して来た。
Techno/Acid houseをベースとしながらも、長いキャリアと音楽への愛に裏打ちされた
幅広い選曲はダンスフロアーの潜在力を最大限に解放する。
1996年に大阪のAqua Recordsより、Fake名義でSquare / Circle をリリース、
2016年にBrawther監修の日本のハウス・コンピレーション、”ハウス Once Upon A Time In Japan…”にSquareが収録された。
現在主宰するパーティ、Social Infectionは今年20周年を迎え、彼のキャリアーもまた今年30周年を迎える。
 
In 1987, Kihira Naoki started his career asto play as a DJ in Kyoto. He was part of the first Techno wave and the first generation of DJs in Japan and he has been plowing Japanese club culture ever since.
In a career spanning several decades Kihira Naoki played as a resident DJ at legendary clubs such as Liquid Room in Shinjuku, Tokyo, Mashroom in Kyoto, and many others.
Kihira Naoki’s style is based on Techno and Acid House, but comprises a wide selection of different shades and sounds. Through his deep knowledge about all kinds of genres and his love of music in general, Kihira Naoki is able to set free the maximum energy on any dancefloor.
In 1996, Kihira Naoki released the “Square” / “Circus” EP under the moniker FAKE. In 2016, “Square” was included in the compilation “House Once Upon A Time in Japan…” curated by Brawther.
In 2017, Kihira Naoki’s influential and long-running “Social Infection / S.I” event series celebrates its 20th anniversary while Kihira Naoki reaches the 30th anniversary in his successful DJ career.

LOST

20世紀末より別名義で活動を開始。 2013年頃よりDJ LOSTに。
数多の暗闇の夜、デイ/野外パーティ等の主催・プレイを経て活動を続けるレコードミックス中毒者。

https://www.mixcloud.com/
https://www.instagram.com/die_kyoto.lost/

BONZO

BONZO
リズムをきざみ曲の持つ波に乗り活動中!!

TIM

1994年、兵庫県出身。
スケートボードのカルチャーから派生しDJとしての活動を始める。
JAZZ,HipHop,Reggae,Houseなどを独自の観点でCROSS OVERさせ、時間と空間を捻じ曲げる事に専念する。

Shunpuri

1997生
京都メトロスタッフ。DJ。京都メトロにて”atraktor”主催。

DeepHouseやBeatdown、JazzやFunkを中心に取り入れたDJプレイは黒さが光る。
音楽を深く探求し、ノンミックスやピッチにこだわらないグルーヴ感に着目することで独自のスタイルを確立。
フロアと人想いに渾身の1曲を入魂。
適材適所で安定感のあるプレイでシーンから支持を得る。

HSMR

SPREAD EXPERIMENT, vj Hasim.
2000年代初頭、KYOTO Club METROのFANTASIAを筆頭に、キャンプ場、公園、草原、客船、カフェ、レストラン、バーなど音楽のある中、空間を拡張するように独特のプロジェクションで映像と照明の狭間で視覚や認識を揺らしている。
PV制作や電球を用いたLight artを制作するなど京都を拠点に活動中
 
2021
Singū-IEGUTI – Cetacea
 https://youtu.be/bYTtAkV23pA
 
2018
犬猿 – Side throw
 https://vimeo.com/301247714
 
2017
marron aka dubmarronics – voicing for example
 https://youtu.be/20PLr6j7ogc

  • Club METRO
    〒606-8396
    京都市左京区川端丸太町下ル下堤町82
    恵美須ビルB1F(京阪神宮丸太町駅2番出口)
  • 075-752-4765
HEAD OFFICE

Zac Up Co,LTD

〒606-8396 京都市左京区川端丸太町下ル下堤町82 恵美須ビル2F 東
Tel: 075-752-2787 Fax: 075-752-2785

PAGE TOP