イベントを読み込み中
  • このイベントは終了しました。
9/
15
(金)

DoitJAZZ! × GILLES PETERSON JAPAN TOUR 2023 -STILL SEARCHING FOR THE PERFECT BEAT-

OPEN:22:00 | 前売 ¥4,500+1D | 当日¥5,000+1D | 早割¥4,000+1D<受付終了> |

Special Guest:
GILLES PETERSON
(Brownswood Recordings / BBC / Worldwide FM I UK)
TOSHIO MATSUURA

DoitJAZZ!DJs:
Masaki Tamura
Kazuhiro Inoue
Naoki Yoda

Supported by Flor de Caña

世界中のDJとアーティストに大きな影響を与え続けてきた英国の音楽伝道師にして超一流のDJ「ジャイルス・ピーターソン」が来日、実に16年振りの京都METRO公演も決定しました!!!ジャンルの壁を超えマジカルな音楽体験を与え続けてきた、ダンスミュージックシーンの最重要人物であり、レーベル〈Brownswood Recordings〉やインターネットラジオ・プラットフォームWorldwide FMの運営など、30年以上に渡って音楽トレンドを発信し続ける彼の貴重な来日公演は必見!!!

共演には 盟友 松浦俊夫、さらにはDoit JAZZ!クルーという盤石のラインナップでこの記念すべき日を彩ります!

Supported by Flor de Caña

2023/9/15 - - OPEN:22:00
前売 ¥4,500+1D
当日¥5,000+1D
早割¥4,000+1D<受付終了>
★前売(Advance)チケットは、8/9(水)10:00〜発売開始!

e+ (https://eplus.jp/sf/detail/3932890001-P0030001 )
ZAIKO ( https://metro-kyoto.zaiko.io/item/358571 )
---------------------------------------------------------
★早割は受付終了


ARTIST INFO

Gilles Peterson ジャイルス・ピーターソン

1980年代よりクラブシーンのキーパーソンとしてジャズを中心にしながらも、ジャンルという音楽の境界線を砕き、多くのアーティストと点で結ばれながら世界中のDJとアーティストに大きな影響を与え続け、またリスナーに愛されてきたイギリスを代表するDJ。ラジオ・プレゼンター、クラブDJ、アーティストのプロデュース、フェスティバル主催・キュレーションなど、40年近く第一線で音楽トレンドを発信し続けるテイスト・メイカー。英国営放送局BBC Radio 6 Musicにて週末の看板番組を担当。また2016年、自らオンライン・ラジオ・プラットフォーム「Worldwide FM」を立ち上げた。

ロンドンで開催されるWorldwide Awards、フランスのセットで開催されるWorldwide Festivalのホストを務め、2019年にはイギリスで新しいフェスティバルWe Out Hereを立ち上げた。
またレーベル・オーナーとして新世代のアーティストを紹介する為に「Brownswood Recordings」を主宰し、次々と新しい才能を発掘し、世に送り出している。

自身の作品としては2021年にインコグニートのブルーイとのプロジェクトSTR4TAをスタート。これまでに2枚のアルバムをリリース。また初の著書「「Lockdown FM – Broadcasting In A Pandemic」を発表した。
http://www.gillespetersonworldwide.com

松浦俊夫 TOSHIO MATSUURA

1990年、United Future Organization (U.F.O.)を結成。5作のフルアルバムを世界32ヶ国で発表し高い評価を得る。
2002年のソロ転向後も国内外のクラブやフェスティバルでDJとして活躍。またイベントのプロデュースやホテル、インターナショナル・ブランド、星付き飲食店など、高感度なライフスタイル・スポットの音楽監修を手掛ける。2013年、現在進行形のジャズを発信するプロジェクトHEXを始動させ、Blue Note Recordsからアルバム『HEX』をワールドワイド・リリース。2018年、イギリスの若手ミュージシャンらをフィーチャーした新プロジェクト、TOSHIO MATSUURA GROUPのアルバムをワールドワイド・リリース。2023年1月「TOKYO MOON」(interfm 金曜23:00) の3作目となるコンピレイションアルバム『TOKYO MOON -somewhere, not here-』をリリースした。
http://www.toshiomatsuura.com

Masaki Tamura(Do it JAZZ! / KJCC)

DJ / Architect
17年目を迎える京都を代表するJAZZ / CROSSOVERイベント”Do it JAZZ!”を主宰。ホテル・ラウンジ・レストランの音楽設計・サウンドサポートも行う等、京都・大阪・東京を中心に活躍。 Gilles Petersonがスタートしたオンライン・ラジオステーション”Worldwide FM”の 京都サテライト”WW KYOTO”のDJを務め、2021年「Jazz」と「京都」をフィルターにして活動するクリエイティブ・チーム「Kyoto Jazzy Creative Council」を沖野修也・Yukari BBと共に結成。2021年10月、MIX CD「POWER JAZZ」をJazzy Sport Kyotoからリリース。また別名義の「Mark N」としてのリリースも重ねる。

Masaki Tamura runs Kyoto’s leading jazz and fusion event ‘Do it JAZZ!’ and has recently launched a new platform ‘KJCC’ with Shuya Okino, Yukari BB, and others, spinning sounds from Broken Beats and New Age, to Japanese Groove in all directions.
DoitJAZZ! WEB : http://www.doitjazz.jp/
Soundcloud : https://soundcloud.com/doitjazz

 

Kazuhiro Inoue

関西を中心に各地でDJとして活動。Acid JazzやRareGrooveの全盛時にClubでのJazzに興味を持つ。生音を中心に、Jazz、Soul、World Music、Progressive Rock、Noise、現代音楽等から徹底したDigで独自のGrooveを掘りおこしている。これまでに数多くのEvent でDJとして参加し、国内外の著明DJからも好評を得る。現在はJazzイヴェントDo it Jazz at metro、三昧 at JAPONICA、World Music イヴェントChila-Chila at Spanish Harlem Latin Clubにおいてフロアを沸かせている。

Mix CD 『Other Vibrations』
連載 ジャズ批評『Other Aspects』
Web Site : http://blog.goo.ne.jp/infinitesounds

Naoki Yoda (DoitJAZZ!)

渡英していた経験から現地のTech House、BREAK BEATや00年代のCROSSOVER系サウンドに影響されたエッジの効いたサウンドやMoodymanに代表されるようなJazzyかつSexyなトラックをplayする。09年イギリスにてインスタレーション作品Sound for Planetariumを発表。15年にシアトルのプロデューサーThe CheebacabraのリミックスアルバムRetouchedに参加するなど楽曲制作も行う。JAPONICA music storeにてバイヤーを務めていた経験に裏打ちされた選曲は必見。

  • Club METRO
    〒606-8396
    京都市左京区川端丸太町下ル下堤町82
    恵美須ビルB1F(京阪神宮丸太町駅2番出口)
  • 075-752-4765
HEAD OFFICE

Zac Up Co,LTD

〒606-8396 京都市左京区川端丸太町下ル下堤町82 恵美須ビル2F 東
Tel: 075-752-2787 Fax: 075-752-2785

PAGE TOP