イベントを読み込み中
  • このイベントは終了しました。
12/
27
(水)

semaphore

OPEN:22:00 | ¥1,500+1d | R25 ¥500 off
ADVANCED GROOVEHypnotic TechnoMICRO HOUSEROMINNIMAL

Act:
Kensuke Fukushima (live)
Ken’ichi Itoi (live)
Masahiko Takeda
Hiroki Shiga
Mahiro Nagano (vj)
Toma Saito (Photo)

ミニマリズムの概念を取り入れたクラブ〜ダンスミュージックの90年代の誕生以降、現在まで脈々と進化/深化し続けているサウンドの新潮流を体現すべく2023年夏よりスタートしたミニマル・グルーブ・パーティーパーティー「semaphore」の年末スペシャル開催。「Nuit Blanche Kyoto」とのコラボやメディアアーティスト落合陽一の招聘など新たな風を吹かせている当夜を是非!

2023/12/27 - - OPEN:22:00
¥1,500+1d
R25 ¥500 off


ARTIST INFO

Kensuke Fukushima

1987年生まれ。兵庫県出身。プロデューサ/DJ/ライブアーティスト。2013年ウィーンのハウスレーベル「Leap」から初のバイナルデビューを果たす。その後、国内外問わず数多くのアンダーグラウンドレーベルからリリースを重ねている。2023年、ニュージーランドのミニマルレーベルCultrun Cult から、オーストラリアの新鋭Vendaもリミックスに参加したMadoromi EPをリリースした。

https://www.kensukefukushima.com

糸魚健一 | Ken’ichi Itoi

ミニマルポリリズムが特徴の電子音楽家。
これまで多くの表現や作品を残しているが、直近はRAWAX(独)、Pleasure Zone(独)等、良質なレーベルから多くのEPリリースが続く。

武田 真彦 | Masahiko Takeda

京都を拠点に活動する音楽家、アーティスト。
同志社大学商学部卒業、Central Saint Martins Couture Tailoring 修了。 
家業であった西陣織「大樋の黒共」の廃業を背景に、残された素材・技術・歴史を継いでいく見立てを通じて、
サウンドインスタレーション、パフォーミングアーツ、現代美術、工芸など幅広い領域における作品を制作。
また、音楽家の江島和臣(Kafuka)と、「継承すること、調和すること」をコンセプトに、クリエイティブな実験を行うメディアラボ 「Laatry (ラットリー)」を運営。
音の制作を中心に、サウンドデザイン、インスタレーション展示、空間演出、プロダクト制作、ウェブサイト/アプリケーション開発など、 さまざまな媒体(メディア)を取り扱いながら活動を行っている。 
主な作品として、2019年にリリースしたフルアルバム「Mitate」、2020年にKazuomi Eshimaと発表したアルバム「Inheritance For Soundscape」、サウンドインスタレーション作品「CYCLEE」がある。
2023年、香港メディアアートアワード FUTURE TENSEにおいて、「CYCLEE」がBEST POPULARITY AWARD最優秀賞を受賞。
http://masahikotakeda.com

Hiroki Shiga

京都を拠点に活動。
Minimal houseを中心とした選曲。

mahiro nagano

大阪在住/vj

  • Club METRO
    〒606-8396
    京都市左京区川端丸太町下ル下堤町82
    恵美須ビルB1F(京阪神宮丸太町駅2番出口)
  • 075-752-4765
HEAD OFFICE

Zac Up Co,LTD

〒606-8396 京都市左京区川端丸太町下ル下堤町82 恵美須ビル2F 東
Tel: 075-752-2787 Fax: 075-752-2785

PAGE TOP