イベントを読み込み中
12/
12
(日)

squander

OPEN:17:00 → CLOSE 22:00 | U23 : ¥1,500+1D | ADV : ¥2,000+1D | DOOR : ¥2,500+1D |
ELECTRONICAEXPERIMENTALTECHNO

LIVE
ermhoi
YPY

DJ
KenFURUDATE
MOMO
10zin

VJ
SPEKTRA
Junnosuke Hara
Koichi Shiraishi

design
daiki nagata

今年10月にスタートした、YPYとKen FURUDATEをレジデンツに毎回、国内外のfemale beat makerや、関西で活躍するDJをゲストとして招聘し、音楽のみならず映像表現まで実験的な内容を試みる新たな音楽イベント「Squander」。第2回のゲストとして、millennium paradeのヴォーカルやBlack Boboiのメンバーとしても活躍し、12月15日に自身のNew Album『DREAM LAND』をリリースを控えるermhoiが登場!

New Normalを生きる今、音楽イベントとはなにか。ライブ配信では捉えきれない、その場にある気配、ノイズ、偶発性を獲得するため、空間に集い、研ぎ澄ませ、音楽に身を委ねる意味を問い直し、音楽のみならず映像表現まで、文化的接続点に新たな角度から光を当てるイベントとして開催します。

2021/12/12 - - OPEN:17:00 → CLOSE 22:00
U23 : ¥1,500+1D
ADV : ¥2,000+1D
DOOR : ¥2,500+1D


ARTIST INFO

ermhoi

日本とアイルランド双方にルーツを持ち、独自のセンスで様々な世界を表現する、トラックメイカー、シンガー。 2015年1st Album 「Junior Refugee」をsalvaged tapes recordsよりリリー ス。 以降イラストレーターやファッションブランド、映像作品やTVCMへの楽曲提供、ボーカルやコーラスとしてのサポートなど、ジャンルやスタイルに縛られない、幅広い活動を続けている。 2018年に小林うてなとjulia shortreedと共にblack boboi結成。フジロック19’のレッドマーキー出演を果たす。2019年よりMillennium Paradeに参加。 12月15日 New Album「DREAM LAND」をリリースする。
http://ermhoi.com

Dream Land Song – ermhoi / directed by txxth (Lyric Video)

YPY

日野浩志郎によるソロプロジェクト。カセットテープレーベル〈Birdfriend〉主宰。goat、bonanzasというバンドのプレイヤー兼コンポーザーであり、クラシック楽器や電子音を融合させたハイブリッドな大編成プロジェクトVirginalVariations、多数のスピーカーや移動する演奏者を混じえた全身聴覚ライヴ「GEIST(ガイスト)」の作曲、演出を行う他、カジワラトシオ、東野祥子によって設立された〈ANTIBODIEScollective〉での活動、太鼓芸能集団「鼓童」への作曲提供などを行う。これまで〈EMrecords〉、〈WhereToNow?〉、〈Nous、Acido〉などからレコードをリリースしている。
https://ypy.theshop.jp/

KenFURUDATE

アーティスト/ミュージシャン/エンジニア。サインウェーブやパルスなどのミニマムな要素とその特性を拡張させて複雑な音響現象を作り上げる。サウンド・インスタレーション「Pulses/Grains/Phase/Moiré」にて、文化庁メディア芸術祭大賞(2019)、Digital Choc賞(2018)、CYNETART AWARDSファイナリスト(2018)に選出。自身の主催するプロジェクト「The SINE WAVE ORCHESTRA」にてPrix Ars Electronica Honorary Mention(2004)、文化庁メディア芸術祭審査員推薦作品(2017)、CYNETART AWARD(2018)に選出。ミュージシャンとしては、MUTEK.JP(2019)、MAZEUM(2018)、恵比寿映像祭(2016)、Knowledge Capital Festival(2015)、Kyotographie(2014)、Sonar Sound Tokyo(2011)などのフェスティバルに出演。また、高谷史郎、坂本龍一を始め、様々な作家の制作に参加している。2013年よりDumb Typeメンバー。
http://ekran.jp/kf

MOMO

Deep technoを中心にセレクト。2020年には京都•大黒谷キャンプ場にて初の野外イベントBUMを開催など、イベントオーガナイズにも注力。
https://soundcloud.com/momo1220

SPEKTRA

京都を中心に活動する実験者集団。プロジェクトごとに異なるメンバーが集まり、新たな表現の模索を行う。近年は照明やプロジェクターなどの光を使った作品制作を多く行っている。

原 淳之助 

アーティスト。1993年群馬県生まれ、2015年多摩美術大学情報デザイン学科メディア芸術コース卒業。kyoto hausを拠点に活動。

Koichi Shiraishi

金属造形やデジタルファブリケーションの技術を使い機械やコンピューターを組み込んだ彫刻を制作、自身でパフォーマンスを行ったり、観客参加型のイベントを仕掛け、国内外の公共空間を中心に発表を行う。あらゆる人たちと共にプロジェクトを実践する場を求め、デジタルファブリケーションを使い誰もが共創できる市民工房、ファブラボ北加賀屋(2013〜)を共同設立。近年はインターネットを使った知識・技術伝承システムの開発、共創活動の持続的組織構造の構築と実践、公共空間における芸術表現を実現する方法論とその影響について研究を行っている。

design/daiki nagata

  • Club METRO
    〒606-8396
    京都市左京区川端丸太町下ル下堤町82
    恵美須ビルB1F(京阪神宮丸太町駅2番出口)
  • 075-752-4765
HEAD OFFICE

Zac Up Co,LTD

〒606-8396 京都市左京区川端丸太町下ル下堤町82 恵美須ビル2F 東
Tel: 075-752-2787 Fax: 075-752-2785

PAGE TOP