イベントを読み込み中
6/
23
(木)

青眼赤壁燕返し 中村達也 × 丈青 × スガダイロー

OPEN:19:00 | 19:30 start | 前売 5,500円 ドリンク代別途 | 当日 6,000円 ドリンク代別途 | 大学生 3,000円 ドリンク代別途(当日のみ) | 高校生以下 1,000円 ドリンク代別途(当日のみ) |
ImprovisationJAZZPUNK

LIVE:
青眼赤壁燕返し
[中村達也(Ds)×丈青(key)×スガダイロー(key)]

日本ロック史に燦然と輝くカリスマドラマー「中村達也」と、SOIL&“PIMP”SESSIONSのピアニストとしてその名を轟かしピアノトリオJ.A.M やソロ作でも活躍する「丈青」、日本ジャズの現在進行形を体現するピアニスト「スガダイロー」の3人による一触即発スペシャルセッションライブ開催!疾走するドラムと対峙する二人の天才的ピアニストの強烈な波動ともいうべきありえない旋律、息もつかせぬインプロビゼーションの応酬は見逃し厳禁!!

2022/6/23 - - OPEN:19:00 | 19:30 start
前売 5,500円 ドリンク代別途
当日 6,000円 ドリンク代別途
大学生 3,000円 ドリンク代別途(当日のみ)
高校生以下 1,000円 ドリンク代別途(当日のみ)
e+(プレイガイド)前売URL <https://eplus.jp/sf/detail/3611920001-P0030001>
*4/11 10:00~より発売開始
(入場順はe+→メール予約の順になります。)


ARTIST INFO

中村達也

1965年富山生まれ。1978年に中学の同級生が集まりBAND結成。友人の勧めでDRUM奏者となる。1990年に旧友浅井健一に再会。彼の主催するTHE BLANKEY JET CITYに参加した。2000年解散後LOSALIOSを開始。
一方で山下洋輔、ジョンゾーン、ビル・ラズウェル、近藤等則、大友良英、とのセッション、更には、田中泯、黒田征太郎、とのドラム+ダンス+ライブペインティングにも挑戦。あらゆるジャンルで活躍するアーティストたちの創作に対峙して、自身の即興演奏を重ねて時間を表現する、いわば音による「時空の切り取り」というライブの在り方を模索していくようになった。
http://nakamuratatsuya.jp

丈青(SOIL&“PIMP”SESSIONS/J.A.M)

1975 年生まれ広島県広島市出身。3歳からピアノにふれクラシックを学ぶ。同時にブラックミュージックをはじめとする多岐にわたる音楽に親しみ、その語法を独学で習得。1997年に本格的にジャズピアニストとしての道を歩むことを決意。「鈴木勲OMA SOUND」への参加を期にジャズシーンに広くその名が知れ渡り、日野皓正や菊地成孔、José JamesやJamie Cullumとも共演を重ねる。

2003年にはSOIL&“PIMP”SESSIONSに加入、ビクターエンタテイメントからメジャーデビューを果たし、多くのメジャーアーティストと共演しCD をリリース。SOIL&“PIMP”SESSIONS にてMontreux Jazz Festival やGlastonbury Festival などに出演、世界進出を果たしその後毎年世界各地で公演を行う。2007 年には同バンドから派生したピアノトリオJ.A.M を結成。2014年10月、初のソロピアノ作『I See You While Playing The Piano』をSPIRAL RECORDS よりリリース。
https://joseipiano.wixsite.com/home

スガダイロー

1974年生まれ。神奈川県鎌倉育ち。
​洗足学園ジャズコースで山下洋輔に師事、同校卒業後米バークリー音楽大学に留学。
​Jason Moran、山下洋輔、田中泯、向井秀徳、中村達也、U-zhaan、灰野敬二、飴屋法水、近藤良平(コンドルズ)、酒井はな、contact Gonzoらジャンルを越えた異色の対決を重ね、夢枕獏との共作や星野源の作品に参加するなど、日本のジャズに旋風を巻き起こし続ける。

  • Club METRO
    〒606-8396
    京都市左京区川端丸太町下ル下堤町82
    恵美須ビルB1F(京阪神宮丸太町駅2番出口)
  • 075-752-4765
HEAD OFFICE

Zac Up Co,LTD

〒606-8396 京都市左京区川端丸太町下ル下堤町82 恵美須ビル2F 東
Tel: 075-752-2787 Fax: 075-752-2785

PAGE TOP