イベントを読み込み中
  • このイベントは終了しました。
9/
10
(土)

the McFaddin presents dip.3

OPEN:23:00 | Entrance : ¥3,000+1drink | Student discount : ¥1,500+1drink
ALTERNATIVEINDIE ROCK

LIVE:
the McFaddin
どんぐりず
Jugem

DJ:
HINOTO
Xamd
JUDGEMAN
村田タケル

VJ:
nyankee

EX:
FFK

バンドサウンドとDTMを融合させた立体的な音像とVJを最大限に活かした視覚的なパフォーマンスが話題の京都発の5人組バンド「the McFaddin」が主催パーティー"dip"第3弾!ロック、ヒップホップ、エレクトロなど様々な音楽をルーツに持ち、型にはまらない様々なジャンルを吸収したきらびやかで甘いポップネスと先鋭的なセンスが融合するthe McFaddinに加え、今回も「どんぐりず」をはじめ次世代のシーンを担う全方位なアクトが集結し彩ります!!

2022/9/10 - - OPEN:23:00
Entrance : ¥3,000+1drink
Student discount : ¥1,500+1drink


ARTIST INFO

the McFaddin

フィジカルなバンドサウンドとDTMで作り上げるデジタルなアプローチを融合させた次世代のロックバンド。
ライブではVJによる視覚でのパフォーマンスにも定評がある。共同生活を営みながら、京都を拠点に活動中。
2022年1月19日に”Something is likely to happen”をデジタルリリース(先行配信シングル “BuBBle”, “Fragile”)
2022年2月 大阪心斎橋ANIMAにてワンマンライブ、4月に東京渋谷WWWにてリリースパーティー(w/ gato)を開催。
2022年5月 京都CLUB METROにてdip.2を開催 (w / gato, Jugem)
2022年7月 新曲”Whales”公開。京都CLUB METROにてdip.3を開催 (w / どんぐりず, Jugem)
2022年9月 下北沢BASEMENT BAR, THREEにてフリーイベント”neighbors”を開催

the McFaddin is an alternative pop & rock band from Kyoto, Japan.
In July 2019, they released the 1st full album “Rosy”.
In September, they performed at Seoul, KOR’s ZANDARI Festival. It was the first overseas performance for them.
Since January, they organized a regular night party “dip.” at Kyoto Club Metro.
In June 2020, They started the donation project  “neighbors” for the purpose of holding a free live event for post-COVID19.
In January 2021, Ryoma Matsumoto became the official member as VJ & Art Director.
The same year, they dropped seven singles; “DRAW IN A HEAD”, “SHIVER”, “SPIRITED AWAY”, “SOUTH”, “HALFAWAKE”, “BuBBle”, “Fragile”, and these recorded smash hits with subscription services.
They also provide song  “Straw” for female singer songwriter, Koeda.
On January 19, 2022, they released EP “Something is likely to happen”, and held the release party at OSAKA(One-Man) and TOKYO(w/ gato).
On August 3, they released new song “Whales”.

どんぐりず

ラッパー森、トラックメイカー・プロデューサーのチョモからなる二人組ユニット。音源、映像、アートワークに至るまでセルフプロデュースを一貫。ウィットにあふれるグルーヴとディープなサウンドで中毒者を続出させている。

Jugem

大阪出身のソロMC。2014年から京都にて本格的な活動をスタート。
hiphopだけではなく、様々な文化に影響を受けながら、自らの音楽を生み出している。安定感のあるラップスキルにキャッチーなメロディ、抜けの強い低音ボイスを駆使しフロアをロックし続ける。2022年8月3日にトラックメイカーWahkhaとのSingle『Bad Taste feat. Jugem』を配信リリース。

Xamd

東京のエレクトロニックユニット「phai」に所属するトラックメイカー、DJ、プロモーターであるKazutaka Sawaのソロプロジェクト。 トランス、インダストリアル、ガバーなどの攻撃的なサウンドと、アンビエント、音響系などの叙情的なサウンドをミックスし、暴力と美が混在した表現を行う。 コンセプチュアルかつ意欲的に音楽そのものを探求し続けている。

HINOTO

DJ。ハウスやテクノ、テックハウスを広く捉え、トライバルなアプローチで高みへ到達するプレイが特徴。予測不能なゴッタ煮のオールミックススタイルは新感覚をフロアにもたらす。5th Mix『RED』をSOUNDCLOUDで公開中。

#Twitter #Instagram:@hinototonih
#SOUNDCLOUD:https://soundcloud.com/hinototonih

judgeman

DJ/Organizer。4つ打ちを基軸としながら展開していく自己表現とフロアや雰囲気、シチュエーションを意識したプレイスタイルに定評がある。

界隈に留まらないクロスオーヴァーを意識した取り組みにも精力的に行い、クラブ/ライブハウスをはじめ、地方のパーティーやフェス、サーキットイベントなど活動の範囲を限らずに出演。

音楽とクラブを心から愛する29歳。

村田タケル

2013年6月から海外インディーミュージックのコレクティブ『School In London』を主催。同時にDJとしてのキャリアもスタートした。ムーブメントを追い、フレッシュな音楽を日々探し、レコードを集めることで、リアルタイムのインディー音楽に対する丁寧な解釈を目指したDJスタイルが確立されていった。2019年3月にスペインの”MOURN”の大阪公演を主催。ライターとしても活動し、これまでにYard Act(UK)やMomma(US)の国内盤ライナーノーツも担当した。愛知県出身。現在は川崎市在住。

Free From Knowledge a.k.a. FFK

I want to free from what I am surrounded by.
I want to free from what I desire.
I want to free from my obligation.
I want to free from the society that keeps telling me what I have to do.
I want to free from what I know.

We are living in the generation that has lot of path. However, it always require some courage to see “the path” is exist.

“Free from what you know, it makes your life better.”

  • Club METRO
    〒606-8396
    京都市左京区川端丸太町下ル下堤町82
    恵美須ビルB1F(京阪神宮丸太町駅2番出口)
  • 075-752-4765
HEAD OFFICE

Zac Up Co,LTD

〒606-8396 京都市左京区川端丸太町下ル下堤町82 恵美須ビル2F 東
Tel: 075-752-2787 Fax: 075-752-2785

PAGE TOP