イベントを読み込み中
  • このイベントは終了しました。
10/
01
(土)

Nuit Blanche KYOTO 2022 After Party

OPEN:22:00 | 入場無料+要1ドリンク代 /FREE ENTRANCE + 1 DRINK AT THE DOOR

AUDIO VISUAL LIVE PERFORMANCE:
Ferdinand Maubert+Sagar Patel

DJ SETS:
AOKI takamasa +KAZUMA
SHUYA OKINO
YUKARI BB
MASAKI TAMURA
NO_ID + ReflexMan

VISUALS:
SPEKTRA

フランスのパリ市が毎秋行う一夜限りの現代アートの祭典「ニュイ・ブランシュ(白夜祭)」が今年も開催!京都と姉妹都市であるパリとの友好関係を深めるため,パリで毎年10月の夜に開催されているニュイ・ブランシュの開催に合わせて、京都市では今年も日仏の現代アートを京都市内各所で楽しめる「ニュイ・ブランシュ KYOTO 2022」が開催されます。

そして、京都の街全体で繰り広げられる現代アートのプログラムを楽しんだ後の恒例イベントとなった「ニュイ ブランシュ ・アフターパーティー」を、京都拠点のアーティストであるFerdinand Maubert とYukari BB がプロデュースし、それぞれのフィールドで活躍するインターナショナルなアーティストやDJ をフィーチャーしたスペシャル・イベント!

ジャズ、ソウル、ファンク、ハウス〜クロスオーバーな音楽から、エクスペリメンタルな視聴覚ライブ・パフォーマンス、ミニマル ハウス〜テクノまで、アートを通して繰り広げられるサウンドとヴィジュアル・アートのコラボレーションを朝までお楽しみください。勿論チャージは無料(ドリンク代のみ)!

Nuit Blanche, a one-night-only contemporary art festival held every autumn in Paris, France, will be held again this year! To deepen the friendship between Kyoto and its sister city, Paris, Kyoto City will hold "Nuit Blanche KYOTO 2022" again this year to coincide with Nuit Blanche, which is held every October night in Paris, where contemporary art from Japan and France can be enjoyed at various locations in Kyoto City.

The "Nuit Blanche After Party," which has become a regular event after enjoying a program of contemporary art throughout the city of Kyoto, will be produced by Kyoto-based artists Ferdinand Maubert and Yukari BB, and will feature international artists and DJs active in their respective fields. This special event will feature international artists and DJs who are active in their respective fields.

From jazz, soul, funk, house, crossover music, experimental audiovisual live performance, minimal house to techno, enjoy the collaboration of sound and visual art through art until morning. Of course, there is no charge! (1 Drink fee only.)

Nuit Blanche KYOTO 2022
http://www.nuitblanche.jp/

In cooperation with:Institut Français du Japon – Kansai, Villa Kujoyama
協力:アンスティチュ・フランセ関西、ヴィラ九条山

Supported by: Flor de Caña
後援: フロール デ カーニャ

2022/10/01 - - OPEN:22:00
入場無料+要1ドリンク代 /FREE ENTRANCE + 1 DRINK AT THE DOOR


ARTIST INFO

FERDINAND MAUBERT

Ferdinand Maubert は2012年から京都で活動するフランス人アーティスト。ダンスフロアでは Rem Kina という名でイベントのオーガナイザー、プロデューサー、Djとして知られている。アンスティチュ・フランセによって運営されているヴィラ九条山でのアーティスト・イン・レジデンスプログラムへの参加をきっかけに、日本に滞在し制作を開始。以来、音楽プロデューサーとして、ビデオアート、舞台芸術、ミックスメディア・インスタレーションなどの分野で活躍。イギリスから来た初期のアンダーグラウンド・レイブ・ムーブメントの中でフランスでDJを始め、すぐにハードウェア・ドラムマシンやアナログ・モジュラー・シンセを使った独自の音楽制作を開始。

2022年夏、3年間の制作期間を経て、彼はついにデビューアルバム  “Made in Kyoto” を、ハイブリッドで多文化なプロジェクトを展開する若手アーティストをプロモート、プロデュースすることを目的とし彼が作ったレーベル “Roots of the rising” からリリース。このアルバムは、音楽を抽象的な物語の形式と考え、日本の古都で外国人として生活してきたこの10年間の冒険と人生経験の物語を18曲に収録。

https://www.instagram.com/rem_kina/

SAGAR PATEL

パテル・サガーは京都をベースに、世界中で様々なプロ ジェクトに参加しているフリーランスのプログラマーで す。最近では、インタラクション・インスタレーションやク リエイティブ・コーディング、VR体験などのプロジェクト を作成しています。
https://www.instagram.com/dokodemo.works/

AOKI takamasa

1976年大阪府出身。2001年初頭に自身にとってのファースト・アルバム 『SILICOM』をリリースして以来、LIVE, DJ、楽曲制作を中心に国際的な活動を続ける。2004年~2011年はヨーロッパに拠点を置き、2011年に帰国。国内外のアーティストのremix, プロデュース、ミキシングも担当。Bun/Fumitake Tamuraとのユニット”Neutral”での活動も進行中。写真家としても活動。

AOKI takamasa was born in 1976 and raised in Osaka, JP.
Since releasing his first album, SILICOM, in 2001, he’s worked internationally as a producer, live performer, and DJ.
Between 2004-2011, he was based in Europe before returning to Japan in 2011. Since then he has done several remixes for both international and domestic artists, undertaking the production and mixing as well.
He is currently part of the unit “Neutral” along with Bun/Fumitake Tamura. He also works as a photographer.

https://instagram.com/aokitakamasa/

KAZUMA(tone float/ nebula)

90年中頃、hiphopに出会い音楽にのめり込む。更にその先を探求し続け、experimental, jazz, ambient, abstract, house, tech house, techno etc常に純粋な音が生み出す、イマジネーションを掻き立てる空間を創造していくことを追求し続ける。音楽を通し、全ての人に心地よさと陶酔感に満ちた旅の共有を提示する。京都を中心に様々な場所を独自のネットワークでボーダレスに行き来する音好人。

https://instagram.com/kazumanamiki/

沖野修也(Kyoto Jazz Massive/Kyoto Jazz Sextet/WW KYOTO)

選曲家/作曲家/執筆家/ラジオDJ。KYOTO JAZZ MASSIVE名義でリリースした「ECLIPSE」は、英国国営放送BBCラジオZUBBチャートで3週連続No.1の座を日本人として初めて射止めた。これまでDJ/アーティストとして世界40ヶ国140都市に招聘されただけでなく、CNNやBILLBOARD等でも取り上げられた本当の意味で世界標準をクリアできる数少ない日本人音楽家の一人。音楽で空間の価値を変える”サウンド・ブランディング”の第一人者として、映画館、ホテル、銀行、空港、レストラン、インテリア・ショップ等の音楽プロデュースも手掛けている。2009年にはインテンショナリーズが設計したユナイテッド・シネマ豊洲の音楽監修でGOOD DESIGN賞を受賞。2015年、ジャズ・プロジェクトKYOTO JAZZ SEXTETを始動。名門をブルー・ノートよりリリース。2016年1月にPop Up専門の書店、Jazzy Booksを設立。2017年6月、KYOTO JAZZ SEXETのセカンド・アルバム『UNITY』を発表。同年フジ・ロック・フェスティバル~Field Of Hevenステージにも出演。2018年7月にはDJとして名門モントルー・ジャズ・フェスティバルにも出演を果たした。2019年には店内音楽の選曲を担当した代々木上原のレストランSioが、ミシュランの一つ星を獲得している。著書に、『DJ 選曲術』や『クラブ・ジャズ入門』、自伝『職業、DJ、25年』等がある。有線放送内I-12チャンネルにて”沖野修也 presents Music in The Room”を監修。World Wide FM〜WWKyoto(毎月第一月曜放送)レギュラー。GQ Japanオフィシャル・ブロガー。
https://instagram.com/shuyakyotojazz/

YUKARI BB (Jazzy Sport Kyoto / Sounds Familiar / KJCC )

Dance Music Recordのバイヤーとしてキャリアを積む傍らDJ活動をスタートした後イギリスへ渡英。帰国後イギリスのオンライン・レコー ドストア、Juno Recordsの日本支部を運営。現在Jazzy Sport Kyoto所属&京都拠点のクリエイティヴ・チーム、Kyoto Jazzy Creative Councilのメンバーとしても活動中。

She started her career as a record buyer at  Dance Music Record in Shibuya,then moved to England after started DJing. After returning to Japan, she managed  the Japanese branch of Juno Records. Currently she belongs to Jazzy Sport Kyoto and also a member of the Kyoto Jazzy Creative Council.

https://instagram.com/yukaribb/

Masaki Tamura(Do it JAZZ! / KJCC)

DJ / Architect
15年目を える京 を代表するJAZZ / CROSSOVERイベント”Do it JAZZ!”を主宰。ホテル・ラウンジ・レストランの音楽設計・サウンドサポートも行う等、京都・大阪・東京を中心に活躍。Gilles Petersonがスタートしたオンライン・ラジオステーション”Worldwide FM”の京都サテライト”WW KYOTO”のDJを務め毎月第二月曜日に発信中。また東京発のインディペンデントラジオ「Tsubaki fm」京都支部担当。2021年は「Jazz」と「京都」をフィルターにして活動するクリエイティブ・チーム「Kyoto Jazzy Creative Council」を沖野修也・Yukari BBと共に結成。Jazzy Sport KyotoからJazzに特化したMix CD 「POWER JAZZ」をリリース。トラックメイカー名義の「Mark N」として京都のレーベルFlight Works からリリース。東京新木場ageHaで 催されたTokyo Jazz Crossover Festival 2021に出演する等活動中。

DoitJAZZ! WEB : http://www.doitjazz.jp/
Soundcloud : https://soundcloud.com/doitjazz

No_ID

正体不明の新たなDJが登場。活動初期には伝説的なバンド「The Pharcyde」とのコラボによるBoom bapのMixtapeを作り、フランスのHip hopグループ「Bizarre」のツアーにも参加したと言われている。そして彼自身DJとしてエレクトロシーンに戻って来た。DJセットで幅広く異なるスタイルの音の旅へ連れて行くという彼の世界観は、ぜひ一度体感すべき。
https://instagram.com/no_id.404/

Reflex Man – L’Echo Records / Fauchage Collectif

ヒップホップ界出身のREFLEX MANは、10年以上にわたって様々な音楽イベントを企画し、参加してきました。
レーベルL’Echo Recordsのクリエーターである彼は、DJ、ミュージシャン、作曲家、その他のアーティストのプロモーション、芸術的発展、流通に進んで関与しています。
2015年には、パリの協会「Fauchage Collectif」に参加し、フランス国内の多くのイベントに参加した後、2018年にはアジアに向かいました。
彼のDJセットは、彼の出会いが糧となり、常に進化しています。
https://instagram.com/haeneteach/

SPEKTRA

京都を中心に活動する実験者集団。プロジェクトごとに異なるメンバーが集まり、新たな表現の模索を行う。近年は照明やプロジェクターなどの光を使った作品制作を多く行っている。

  • Club METRO
    〒606-8396
    京都市左京区川端丸太町下ル下堤町82
    恵美須ビルB1F(京阪神宮丸太町駅2番出口)
  • 075-752-4765
HEAD OFFICE

Zac Up Co,LTD

〒606-8396 京都市左京区川端丸太町下ル下堤町82 恵美須ビル2F 東
Tel: 075-752-2787 Fax: 075-752-2785

PAGE TOP