イベントを読み込み中
  • このイベントは終了しました。
11/
03
(木)

DoitJAZZ! – 16th Anniversary Special –

OPEN:16:00 → 2:00 close | DOOR:¥2,000+1Drink Fee | Student : ¥1,500+1Drink Fee
AfroCROSSOVERJAZZLatin

Guest :
Hugo LX
Yoshihiro Okino ( Kyoto Jazz Massive / Especial Records )
M-Scape

DJ:
Masaki Tamura ( DoitJAZZ! / KJCC )
Takeshi Yamaguchi ( Hachi Record Shop & Bar )
Kazuhiro Inoue (DoitJAZZ! / Infinite Sounds)
Naoki Yoda ( DoitJAZZ! )

Dancer :
Central Cat's Club
弾丸スキャット
Blood line
Sons of miles
Mitto&kiki

Food :
明ヶ粋ヶ
HIGETACO

Supported by :
Flor de Cana

2006 年 に京都COLLAGEにて始動、そして2014年ここMETROへと場所を変え、クラブ以外でも屋上のルーフトップやカフェ・バー、ラウンジ、ショップレセプション、 国際写真展とのコラボレーション等活動を広げ、日本、世界の著名DJを招待し、京都のJAZZ/CROSSOVERミュージックを発信し続けてきた、"DoitJAZZ!"は2022年11月3日、文化の日の祝日に16周年パーティを開催します。

昼下がりの夕方からは京都ローカルDJsとジャズダンサーズが「ジャズで踊る」文化をエモーショナルな生音ジャズとともに表現し、後半はパリを拠点に活動するDJ/プロデューサー「Hugo LX」、関西ジャズシーンを支え続けてきたレジェンド、Kyoto Jazz Massive「沖野好洋」、フルアルバムもリリースし精力的な活動をしている「M-Scape」をゲストにCrossoverサウンドが繰り広げられます。16年の間、関わってくれたすべての人達に感謝の気持ちを込めて、ジャズが持つ過去現在未来、多種多様な人達が奏でて来た音楽を一夜にして体感できる豪華ラインナップでお送りいたします。是非楽しんでください。

2022/11/03 - - OPEN:16:00 → 2:00 close
DOOR:¥2,000+1Drink Fee
Student : ¥1,500+1Drink Fee


ARTIST INFO

Hugo LX

Hugo LX is a Paris-based DJ and Producer cruising from downtempo beats to soulful electronic dance music.
He has released music on labels such as NDATL, People Of Earth, Balance or MCDE With no less than two dozens of releases in the last 5 years, Hugo LX keeps on cruising in constantly expanding, ever organic, yet electronic musical spectrum.
His recent outputs – A pair of EPs with NY revered music master DJ Spinna on the prestigious NDATL imprint, a couple of singles for MCDE Recordings and Mona Musique, and numerous remixes for legends such as Satoshi Tomiie, Rick Wade or Karizma – got him a special place in the current electronic soundscape.
Closely associated to the japanese dance music scene, he has been curating the Japan Connection Festival in Paris, alongside Kuniyuki Takahashi, while he also continues working on his hiphop and ambiant catalogues.
Hugo is currently working on a long player to be released in 2023,and is lauching his own imprint, Doma Music, in the second half of 2022.

Hugo LXはパリを拠点に活動するDJ/プロデューサーで、ダウンテンポビートからソウルフルなエレクトロニックダンスミュージックまで、幅広いジャンルを手がけている。
NDATL、People Of Earth、Balance、MCDEといったレーベルからリリースしており、過去5年間で20枚以上のリリースを誇るHugo LXは、常に拡大し続けるオーガニックでエレクトリックな音楽スペクトルを巡り続けている。
近年では、NYの名門NDATLからDJ Spinnaと2枚のEP、MCDE RecordingsとMona Musiqueから2枚のシングル、そしてSatoshi Tomiie、Rick Wade、Karizmaといった伝説的アーティストへの数々のリミックスをリリースし、現在の電子音楽シーンにおいて特別な位置を占めている。
日本のダンスミュージックシーンと密接に関わり、高橋邦之と共にパリのJapan Connection Festivalのキュレーターを務める一方、ヒップホップやアンビエントのカタログの制作も続けている。
現在、2023年発売予定のロング・プレイヤーを制作中で、2022年後半には自身のインプリントであるDoma Musicを立ち上げる予定である。

Yoshihiro Okino (Kyoto Jazz Massive)

兄:沖野修也とのプロジェクトKyoto Jazz MassiveのDJ/トラックメーカー。大阪南船場にShopも構えるクロスオーヴァー・レーベルEspecial Records主宰。2002年にリリースされたKyoto Jazz Massiveのファースト・アルバム『Spirit Of The Sun』以降、数多くのリミックス/プロデュース・ワーク/コンピレーションの選曲等を手掛けて来た日本のジャズ/クロスオーヴァー・シーンの重要人物。DJとしても海外100都市以上でプレイ、国内では東京渋谷のThe Roomでの”Especial Records Session”、大阪での”Freedom Time”等のレギュラーナイトを始め全国各地でプレイ中。
Kyoto Jazz Massive Live Bandでも国内はもちろんヨーロッパ・ツアーやアジア等のフェスにも出演。
昨年12/22にKyoto Jazz Massiveのニュー・アルバム”Message From A New Dawn”遂にがリリース。4月には2LPでのアナログもリリース。
www.kyotojazzmassive.com
www.especial-records.com

M-Scape

M-Scapeは日本人DJ/Producerの中谷真のソロ・プロジェクトである。2000年に京都でDJ活動開始。ハウスを主軸にジャス・ソウル・ディスコなどの旧譜も織り交ぜてプレイ。東京・京都・シンガポールなどでパーティーを主催しながら自身のトラックも作り続けてきた。生音のエッセンスを取り入れたハウス・ブロークンビーツなどのサウンドクリエイションを得意分野とする。これまでにSpirit Soul、Last Forever Records、unknown SEASONよりEPのリリースを重ねてきた。unknown SEASONからリリースしたThe First Journeyに収録のFever Fever FeverはTraxsourceのDeep House カテゴリでTop10入りを果たし、Jimpster、Kevin Yost、Opolopoなどのトップアーティストのプレイリストに入るなどスマッシュヒット。2022年8月にはキャリア初となるフルアルバム”Midnight Fall”をunknown SEASONよりリリースした。

Masaki Tamura(Do it JAZZ! / KJCC)

DJ / Architect
16年目を迎える京都を代表するJAZZ / CROSSOVERイベント”Do it JAZZ!”を主宰。世代、シーンを選ばないフロアメイク術も高く評価される京都シーンをリードするDJのひとりであり、ホテル・ラウンジ・レストランの音楽設計・サウンドサポートも行う等活躍。 Gilles Petersonがスタートしたオンライン・ラジオステーション”Worldwide FM”の 京都サテライト”WW KYOTO”のDJを務め世界へ音楽を発信中。また東京発のインディペンデントラジオ「Tsubaki fm」京都支部を担当し、全国ツアーも行い好評を得る。「Jazz」と「京都」をフィルターにして活動するクリエイティブ・チーム「Kyoto Jazzy Creative Council」を沖野修也・Yukari BBと共に結成。Jazzy Sport KyotoからJazzに特化したMix CD 「POWER JAZZ」をリリース。また一級建築士としての顔も持ち、ならではのクリエイティビティを反映させたトラックメイカー名義の「Mark N」としてのリリースも重ねる。

DoitJAZZ! WEB : http://www.doitjazz.jp/
Soundcloud : https://soundcloud.com/doitjazz

Takeshi Yamaguchi (Hachi Record Shop & Bar)

80年代後半よりDJをスタート、主にHIP HOPをプレイしていたが、間もなくロンドンで起きたアシッド・ジャズ・ムーブメントに影響を受けJAZZへと傾倒していく。沖野修也に師事し初期KYOTO JAZZ MASSIVEに参加、コンポーザーとしては94年リリースのコンピレーション・アルバム『KYOTO JAZZ MASSIVE』にオリジナル楽曲『MELTING POT』を提供。今はなき『CLUB COLLAGE』を約20年に渡りプロデュース、その後『music bar COLORS』、『5th Street Music Store』を経て現在は五条河原町にて record shop & bar Hachi を運営中。DJ歴約30年、ブレる事なくリアルなJAZZに拘り、その中でも常に先鋭的なセンスで選曲するスタイルは唯一無二の存在である。現在Dig The Line Bottle & Bar の週末店内選曲を担当。

Kazuhiro Inoue

関西を中心に各地でDJとして活動。Acid JazzやRareGrooveの全盛時にClubでのJazzに興味を持つ。生音を中心に、Jazz、Soul、World Music、Progressive Rock、Noise、現代音楽等から徹底したDigで独自のGrooveを掘りおこしている。これまでに数多くのEvent でDJとして参加し、国内外の著明DJからも好評を得る。現在はJazzイヴェントDo it Jazz at metro、三昧 at JAPONICA、World Music イヴェントChila-Chila at Spanish Harlem Latin Clubにおいてフロアを沸かせている。

Mix CD 『Other Vibrations』
連載 ジャズ批評『Other Aspects』
Web Site : http://blog.goo.ne.jp/infinitesounds

Naoki Yoda (DoitJAZZ!)

渡英していた経験から現地のTech House、BREAK BEATや00年代のCROSSOVER系サウンドに影響されたエッジの効いたサウンドやMoodymanに代表されるようなJazzyかつSexyなトラックをplayする。09年イギリスにてインスタレーション作品Sound for Planetariumを発表。15年にシアトルのプロデューサーThe CheebacabraのリミックスアルバムRetouchedに参加するなど楽曲制作も行う。JAPONICA music storeにてバイヤーを務めていた経験に裏打ちされた選曲は必見。

Central Cat’s Club

2013年名古屋のジャズステッパーのパイオニア、ヤスオにより結成。彼の求心力と熱量で東海地区は勿論、関西からもメンバーとして参加で所属は10名を超える。その後も名古屋、東海を中心に東京、神戸と活動の幅を広げ、その名を知らしめる存在と成長する中、この中心たるヤスオが2022年9月10日に急逝。しかし彼が育んだ愛弟子、仲間、家族により更なる力強いCentral Cat’s Clubとして刷新され、日本のジャズステッパーの未来を担う存在となり得ります。

弾丸スキャット

弾丸スキャット、チーム名の通りジャズさえあれば弾丸直行何処へでもの精神でこれからも活動していきます。
チーム結成2015年
経歴
2016年11月TRUE SKOOL
VOL 228 2ND PLACE

Blood line

「自分たちが生きている時代や現状を作品に反映させる、それが自分の使命」このニナシモンの言葉をダンスで具現化を考えた老舗の踊り手が、若く才に溢れ、自分を生きる2人と共にお届けしマス。此れはユキ(関西ジャズステッパーズ)、はーちゃん、ウテナによるプロジェクトです

Sons of Miles

令和元年、餃子の王将一号店で結成されたJazzy B-boy Trio
「渋さと明るさのバランス」「余裕と真面目の隙間(by 鎮座dopeness)」を日々探求し、Club JazzやUK Jazzなどの楽曲の上で舞台を表現。
True Skool Grand Championships 2021では優勝を果たし、JAPAN DANCE DELIGHT vol.28ではFINALISTに選ばれるなど、京都を拠点に精力的に活動中。
今回はLoftyとCRAYPASの2人での出演となる。

Mitto & KIKI

[ 田辺 美地徒 Michito “MITTO” Tanabe ]

ダンス歴 40年。
幼少の頃より、音楽家の祖父 画家の父の元で感性を磨かれ育つ。様々な音楽や踊りに影響を受け1980年初頭 日本に初めて HIP HOPカルチャーが入ってきた創世記より本格的にストリートダンスを始める。日本ストリートダンス界の活動をへて 80年後期にヨーロッパ中を周り様々なカルチャーに触れ経験を積み上げる。そして帰国後 LAダンス選手権の日本代表 出場を皮切りにプロに。日米での数々のビッグ ダンス コンペティションなどでの上位タイトルを取得。彼のスタイルはジャルレスに多様なダンススタイルを自在に操る精密の深さが持ち味で正にハイブリッド 。現在は特にキューバン ラテン フュージョン スタイルとUK ジャズ スタイルをクロスオーバーされた 現在進行形の フューチャー ジャジー ダンスを広げるべく活動しジャンルレスに活動の現場を踏み続けているプロフェッショナル ダンス アーティスト。

Kyoto Jazzy Blue Tribe
InspiraciÓn 4
Kansai Jazz Steppers

[ KIKI ― Cuban Style ― ]

バリトン・サックスプレイヤーとしてサルサと出会い、リズム感を身体で覚えるためにダンスを習い始める。2度のキューバ滞在で本場の音楽と踊りに触れ、キューバ音楽に魅了される。キューバンスタイルのダンスはもちろん、ストリート、アフリカン、ルンバ、サンテリーアなど他ジャンルのダンスにも積極的に取り組み、様々なダンサーとコラボレーションすることで自らのダンスの幅を広げている。現在はキューバンサルサ・インストラクターとして関西を中心にレッスンを行いながら、様々なイベントに出演している。フォロワーに精通したリードは、『男性よりオトコマエ』と定評あり。

今回はレジェンド・ダンサー『MITTO』さんと“Mitto & KIKI”で出演。

明 ヶ 粋 ヶ

2016.2.22 寺町丸太町の北東角、御所のお隣に移転オープン。
BARの皮を被ったスナックです。 アテが多少あったりします。
18:00頃〜24:00頃 不定休
https://www.facebook.com/ateyaakesuke/

出汁酒《しゅます》by 味ノ交差点

お出汁の効いたお酒。出汁好きには堪らない、新感覚のお酒をご自宅で簡単に作れるキットを発売致します。好きなお酒を注ぐだけ。絶妙に配合された旨味成分がじっくりと抽出され、2日経てば完成。お酒は麦焼酎、米焼酎など。ウォッカもおすすめです。また、出汁を引き揚げたお酒を数日寝かすと味が馴染み、さらに美味しく熟成します。オンザロックや水割り、お湯割に。お好みで梅干しや柑橘を入れたり、ポン酢を少々垂らすと違った味わいが楽しめます。おつまみなしでもスイスイ呑める。ツウ好みのしゅますは、ホームパーティーのお持たせや、ちょっとしたプレゼントにも最適です。是非ご賞味下さいませ。
https://www.instagram.com/ajinokousaten/

HIGETACO

  • Club METRO
    〒606-8396
    京都市左京区川端丸太町下ル下堤町82
    恵美須ビルB1F(京阪神宮丸太町駅2番出口)
  • 075-752-4765
HEAD OFFICE

Zac Up Co,LTD

〒606-8396 京都市左京区川端丸太町下ル下堤町82 恵美須ビル2F 東
Tel: 075-752-2787 Fax: 075-752-2785

PAGE TOP