イベントを読み込み中
4/
15
(土)

KYOTOPHONIE 2023 Kick-Off Party

OPEN:20:00 | 前売¥4,500 ドリンク代別途 | 当日¥5,000 ドリンク代別途 |
kick off party

LIVE:
Lucas Santtana ルーカス・サンタナ
Fuyuki Yamakawa 山川冬樹

DJ:
DJ JUNIA (Cinematik Saloon)

他 アーティスト出演予定!

日本有数の国際写真フェスティバル『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭』が、新たに立ち上げた、ワールドミュージック・現代音楽・クラシック・電子音楽・ストリートミュージック… 様々なジャンルを超え、国境も超えた素晴らしい音楽のライブ演奏を京都の特別な空間で体験する国際的な音楽祭『KYOTOPHONIE』が、同時期開催となる KYOTOGRAPHIE の開幕日でもある2023年4月15日(土)よりスタート!その幕開けとなるKick Offパーティーを京都CLUB METROにて開催します!

記念すべき開幕日に登場するのは、ブラジルのオルタナティヴな新世代を代表するアーティスト「ルーカス・サンタナ」、自らの"声"と"身体"をプラットフォームに、音楽、美術、舞台芸術の境界線を横断する脱領域的パフォーマンスを展開し国内外で活躍する「山川冬樹」!更に追加出演者も予定しています。そしてこのKick offパーティー以降も、毎週末のように寺院、庭園、能楽堂、コンサートホールなど京都ならではのロケーションを舞台に、ジャンルも国境も超えたスケールの大きな音楽フェスティバルが京都の街中で展開されます! 2023年の合言葉は、"昼はKYOTOGRAPHIE、週末はKYOTOPHONIEへ!"、どちらのフェスティバルも全プログラム必見です!

<フェスティバル情報>
KYOTOPHONIE Borderless Music Festival
キョウトフォニー ボーダーレス ミュージック フェスティバル

2023 春会期
会期:4月15日(土)~5月14日(日)
会場: 東福寺塔頭 光明院、HOSOO HALL、金剛能楽堂、ロームシアター京都、京都コンサートホール、渉成園、CLUB METRO

公式Web:<http://kyotophonie.jp/>

2023/4/15 - - OPEN:20:00
前売¥4,500 ドリンク代別途
当日¥5,000 ドリンク代別途
★前売(Advance)TICKET SALES / チケット販売ページ
https://t.livepocket.jp/t/kyotophonie-2023spring


ARTIST INFO

Lucas Santtana ルーカス・サンタナ from the NØ FØRMAT! Label

1970年、サルヴァドール・ダ・バイーア生まれ。父親のロベルト・サンタナは、トロピカリスタス(ジルベルト・ジル、カエターノ・ヴェロー ゾ、サンタナの叔父にあたるトン・ゼー)を手がけた伝説的な音楽プロデューサー。 ルーカスはボサノバにポップス、ファンク、エレクトロなどの影響を受けた音楽を作曲する。左翼的な政治的コミットメントが彼のテキストに表れていることで注目されている。先達に呼ばれ Tropicalia 2とGilberto Gil Unpluggedに参加した後、シコ・サイエンスやナサォン・ズンビ(マンギタウン)のエレクトロ・ロックにも参加した。2000年に自身のファースト・アルバム「Eletro Ben Dodô」をリリース。マリーザ・モンチ、ダニエラ・メルクリ、セウなどMPBのスターたちに曲を提供し続けている。

Born 1970 in Salvador de Bahia, son of Roberto Sant’Ana, legendary producer of the Tropicalistas (Gilberto Gil, Caetano Veloso and Santtana’s uncle, Tom Zé). His musical compositions mix bossa nova with pop, funk and electro influences. He is noticed for his left-wing political commitment that shines through in his texts. Lucas Santtana was called upon by his elders to play on Gilberto Gil Unplugged and Tropicalia 2, before braving the electro-rock of Chico Science and Naçao Zumbi (Manguetown). In 2000, he released his first album, “Eletro Ben Dodô,”whilst continuing to write songs for the stars of MPB, from Marisa Monte to Daniela Mercury, Céu etc.

Photo : © Flora Negri

Fuyuki Yamakawa 山川冬樹

美術家/ホーメイ歌手。
自らの声・身体を媒体に視覚、聴覚、皮膚感覚に訴えかける表現で、音楽/現代美術/舞台芸術の境界を超えて活動。骨伝導マイクや電子聴診器などを用い己の身体を音や光に拡張するパフォーマンスや、一人で同時に二つの声で歌うと言われる、アジア中央部の伝統歌唱「ホーメイ」の名手として知られ、2003年ロシア連邦トゥバ共和国で開催された「ユネスコ主催 第4回国際ホーメイフェスティバル」では「アヴァンギャルド賞」を受賞。国内外のアート·フェスティバルや音楽フェスティバル、ノイズ/即興音楽シーンなど、ジャンルを横断しながらこれまでに16カ国で公演を行う。現代美術の分野では、マスメディアと個人をめぐる声の記憶を扱ったインスタレーション『The Voice-over』(1997-2008)、自らが発する「パ」という音節の所有権を、一人のアートコレクターに100万円で販売することで成立するパフォーマンス『「パ」日誌メント』(2011~現在)などを発表。ハンセン病療養所(大島青松園·香川県)での長期的な取り組みもある。

Photo : © Yusuke Tsuchid

  • Club METRO
    〒606-8396
    京都市左京区川端丸太町下ル下堤町82
    恵美須ビルB1F(京阪神宮丸太町駅2番出口)
  • 075-752-4765
HEAD OFFICE

Zac Up Co,LTD

〒606-8396 京都市左京区川端丸太町下ル下堤町82 恵美須ビル2F 東
Tel: 075-752-2787 Fax: 075-752-2785

PAGE TOP