イベントを読み込み中
8/
09
(金)

Japaradiso! -Japanese Disko & City Pop Experience- 5th Anniversary Special

OPEN:22:00 | Entrance/ 2200yen (inc.1drink ticket) | 学割 Students・International Students/ 1800yen (inc.1drink ticket)
70-80sJAPANISE RARE GROOVEAOR

Special Guest DJ:
DJ 吉沢dynamite.jp

DJs:
Ryoma Sasaki (Transit Records Kyoto) -Japanese Music Set-
あちゃぴん (Club80's)
modern (Stereo Modern Practice)

VJ:
akira-o

今回は、Japaradiso! 5周年記念のスペシャル・ゲストとして、近年、日本だけではなく世界中で注目されている ”和モノ・ブーム” を牽引するトップDJの1人であり、シアター・ブルックのLive SupportとしてFuji Rock Festival '24にも出演の 『DJ 吉沢dynamite.jp』氏を迎えてお送りします!

We invite DJ Yoshizawa Dynamite as a special guest DJ for our 5th anniversary!
DJ Yoshizawa Dynamite is a Japanese super digger and one of the top DJs of Wamono Sound - the cream of the Japanese Jazz, Funk, Soul, AOR, Machnie Funk, Rare Groove and Disco music developed throughout the years since the end of the sixties in Japan.

2024/8/09 - - OPEN:22:00
Entrance/ 2200yen (inc.1drink ticket)
学割 Students・International Students/ 1800yen (inc.1drink ticket)


ARTIST INFO

DJ 吉沢dynamite.jp

DJ 吉沢dynamite.jp(ヨシザワ ダイナマイト ドット ジェイピー)

 東京生まれ。94~02年迄ファンク/ロック・バンドTHEATRE BROOKのメンバー(現在サポート)としてDJを担当。全国各地の様々なパーティーやフェスに招致されている。2000年「和田アキ子 / 古い日記」のリミックスを皮切りに、2015年にリットーミュージックより監修と執筆をした『和モノ A to Z -Japanese Groove Disc Guide-』はディスクガイドとしては異例の売上を記録し、海外のマニアにも飛び火している本書は23年6月に3度目の重版がリリース。各レコード会社からのコンピレーションの監修やアナログ再発、リエディットも行う近年の”和モノ・ブーム”を牽引するトップDJの一人である。そして2020年9月フランスの180Gレーベルよりリリースされた和モノ・コンピレーション・シリーズが海外でも局地的に話題となり、2022年8月にはジャイルス・ピーターソンのネット・ラジオ”Worldwide FM”の2時間の和モノ特集にてDJミックスを披露。

『既存の曲をそのままプレイするに飽き足らず、スクラッチやサンプラーを多用したトリックプレイに時にマイク・パフォーマンスを交えた独創的なDJスタイル!』

Active as a professional DJ/Turntablist in Japan since the late eighties, DJ Yoshizawa Dynamite is also a renowned remixer, compiler and producer. An avid record collector and an expert of the Wamono style, Yoshizawa published the Wamono A to Z records guide book in 2015 which instantly sold-out. The book unveiled a myriad of beautiful and rare records from a highly prolific, but still then unknown, Japanese groove scene.
In August 2022, Giles Peterson’s internet radio “Worldwide FM” featured the Wamono Sound for two hours,
he performed the Wamono DJ mix on the show.

※ the Wamono Sound – the cream of the Japanese Jazz, Funk, Soul, AOR, Machine Funk, Rare groove and Disco music developed throughout the years since the end of the sixties in Japan.

<http://www.dynamite-jp.com/>

Ryoma Sasaki (Transit Records Kyoto)

90年代より関西を中心に音楽活動を開始。現在、主に、Live PA / Djとして活動中。 2007年、チャートで上位を獲得し、ロングラン・ヒットを記録したカナダのレーベル・Dirty Worksからリリースされたアルバム”Calling of Amon”をかわきりにコンスタントに楽曲をリリース。そして、2011年より主宰Vinyl レーベル・Transit Records Kyotoをス タートさせた。ファースト・リリースとして、デトロイトのレジェンドDJの一人、Terrence Parkerの作品を、2013年にはレーベルの第2弾として、自身の作品”Transit EP” (Tagtrumer Remix収録)(TR-001)をリリースした。2015年には、Hiroshi Watanabe氏とのカップリングEP “The Bridge of Sounds EP”(TR-003)、2016年には、ベルリンのアーティストBee Lincolnとともに”Transition EP”(TR-004)、2017年6月、ベルリンの名門レーベルLebensfreudeのGunneとZuckermannのリミックスを収録した”Without End Hour EP(TR-005)”をリリース、Tyree CooperやGene FarrisといったレジェンドDj達からサポートを受けた。

2011年から現在に至るまで、計10回のドイツでのDJツアーを行い、テクノ・ミニマル系最高峰ク ラブのTresor.Berlinをはじめ、Wilde Renate、GoldenGate、Cookies、Ipse Berlin, Chalet等々、ベルリンの主要クラブに出演の他、フランクフルト、ハンブルグ、マンハイム等のクラブ、ハイデルベルク郊外の千人規模の山頂でのフェス等、幅広く出演している。さらに、2018年から毎年、オーストリアでもプレイし、ウィーン、グラーツ、リンツで公演している。こういった日本とドイツでの活動を通じ、ドイツのラジオ局に注目され、2014年、南西ドイツ放送(Südwestrundfunk)のプログラムで、自身とTransit Records Kyotoが取り上げられ約30分の番組として放送された。 2018年1月、名門レーベルTrenton Records主宰ReynoldのRemixを収録した”The Phase at Midnight EP”(TR-006)をリリース。2000 and Oneをはじめとした著名アーティストから高い評価を得ている。そして、2020年10月には、”Journey in My Head” (TRDG004)、2021年12月31日、“String Vibrates” (TRDG005)をリリースしている。

Ryoma is a track maker and DJ who is well known in the Japanese underground. He started his career as a musician in the early 90’s. He has had a lot of experience in a variety of underground bands as a guitarist and vocalist. He then started to participate in the club music scene playing live and DJing, and was nominated as a finalist of the Roland Groove Competition in 2000. He currently plays an activepart in the Kansai scene, playing live and DJing in Kyoto and Osaka, and organizing the locally famous event Undermine at Kyoto’s legendary Club Metro. His strong livesets have an excellent reputation and he has played with prolific domestic and international artists including Juan Atkins aka Model 500, Underground Resistance, Jeff Mills, Carl Craig, Terrence Parker, Laurent Garnier, Stefan Goldmann, Elektro Guzzi, Gunne&Zuckermann, DJ3000, Rennie Foster, Hiroshi Watanabe aka Kaito, Edward, Oskar Offermann and many more.

In 2009 he started to run his own record shop “Transit Records Kyoto” and as of next year started to run his own label, Transit Records Kyoto. The first release was Detroit legend Terrence Parker’s “Beautiful Life” with Ryoma’s remix and another Kyoto artist DJ Itoi (Ken’ichi Itoi). And the second release was his own title “Transit EP” including the remix by Tagträumer² (Black Fox Music/Rauschzeit). After it, He released Stefan Goldmann’s brilliant track “Empty Suit” for the 3rd release. The 4th release was the coupling EP with Hiroshi Watanabe (Kompakt/Transmat) and 5th release was the coupling EP with Bee Lincoln. In 2017, the 6th vinyl “Ryoma Sasaki – Without End Hour EP” including Gunne, Zuckermann’s remixes was released. It got the good supports from famous great Djs like Tyree Cooper and Gene Farris. Now the label is preparing Ryoma’s new work for the 8th vinyl release.

Until now, he did the Germany tour 10 times, and started Austria tour in 2018: played at many clubs: Tresor. Berlin, Wilde Renate, Golden Gate, Chalet, Cassiopeia, ipse.Berlin, Paloma, Molox Club, Mikz, Crack Bellmer, Silbergold, Café Koz, Konfuzius Franz, Kraniche Bei Den Elbbruecken, Kurzbar, Kaprowbar, Villa Nachttanz, Rhiz (Vienna), Schlot (Linz) etc…

  • Club METRO
    〒606-8396
    京都市左京区川端丸太町下ル下堤町82
    恵美須ビルB1F(京阪神宮丸太町駅2番出口)
  • 075-752-4765
HEAD OFFICE

Zac Up Co,LTD

〒606-8396 京都市左京区川端丸太町下ル下堤町82 恵美須ビル2F 東
Tel: 075-752-2787 Fax: 075-752-2785

PAGE TOP